受動喫煙の規制強化を 医学会連合などが声明

受動喫煙の規制強化を 医学会連合などが声明

2017/12/8 17:31

 日本医学会連合や肺がんの患者団体など261団体は8日、受動喫煙の規制強化を求める緊急声明を公表した。厚生労働省が店舗面積150平方メートル以下の飲食店での喫煙を認める案を検討していることについて「国民ならびにオリンピック・パラリンピックで来日する人たちの健康を守ることはできない」と訴えた。

 声明では、厚労省が2016年10月に公表した屋内禁煙を原則とする当初案を支持する考えを表明。受動喫煙のない社会が、健康長寿社会の実現につながると強調した。

 厚労省は飲食店などに受動喫煙対策を義務化する健康増進法の改正案を巡り、店舗面積150平方メートル以下の飲食店での喫煙を認める案を検討している。記者会見した日本医学会連合の門田守人会長は「大幅な後退だ」と批判した。

| | トラックバック (0)

千葉市、受動喫煙防止条例制定検討へ 熊谷俊人市長が市議会で答弁

千葉市、受動喫煙防止条例制定検討へ 熊谷俊人市長が市議会で答弁

2017.12.7 11:58

 千葉市の熊谷俊人市長は6日、たばこによる健康被害を防ぐため、市の受動喫煙防止条例制定に向けて前向きに検討していく姿勢を示した。同日の市議会12月定例会の代表質問で、蛭田浩文市議(未来民進ちば)の質問に答えた。

 受動喫煙をめぐっては、幕張メッセ(同市美浜区)が2020年の東京五輪・パラリンピックの競技開催場に選定されていることなどから、「開催都市にふさわしい対策を」と条例化を視野に市で対応を検討。先月、外部の有識者らによる協議会でも「千葉市として早期に条例などの制定による受動喫煙防止に向けた環境整備が必要」との意見が出たという。

 熊谷市長は答弁で、建物の中を原則禁煙とする罰則付きの受動喫煙防止条例制定が進められている東京都などの状況を参考にしながら条例化を検討するとし、「条例化と合わせて健康被害の周知啓発に努め、喫煙者の禁煙支援にも取り組んでいきたい」と話した。

| | トラックバック (0)

新型タバコは健康被害をもたらさないか?受動喫煙の危険はどうか?

新型タバコは健康被害をもたらさないか?受動喫煙の危険はどうか? https://news.mynavi.jp/article/20171209-554268/

2017/12/09 07:30:17

新型タバコ(非燃焼・加熱式タバコ)の種類ついて

最近、IQOSのような新型タバコ(電子タバコ)の愛好者が増えています。実は、IQOSの90%以上は日本で販売されています。このような新型タバコは健康被害をもたらさないのか考えてみましょう。

新型タバコは、大きく分けて、電子タバコと非燃焼・加熱式タバコの2種類があります。ちなみに、IQOSは非燃焼・加熱式タバコのひとつで、葉タバコを直接加熱し、ニコチンを含むエアロゾルを発生させ吸引するタイプです。

電子たばこは医療機器とみなされ、医薬品医療機器法の適用を受けるため厚生労働省の認可が必要です。さらに、ニコチンは国内では医薬品として扱われるために、安全性の確認が厳しくなります。一方、葉タバコを原料とする非燃焼・加熱式タバコは財務省の管轄であり、安全性に対しての認可は厚生労働省に比べ甘くなっています。ちなみに、アメリカでは FDAが、非燃焼・加熱式タバコについては、充分な安全性が確保されていないとして、認可されていません。

新型タバコの健康被害はどうか?煙に含まれる物質から推測

従来型の燃焼式タバコが肺がんやCOPDのような肺の病気や狭心症のような心臓の病気、さらには前立腺がんのようながんの発生をもたらすことはよく知られています。では、新型タバコはどうでしょうか?答えとしては、新型タバコによって健康被害がもたらされるかどうかについては、病気が発生するのに時間がかかります。そのため、科学的証拠が得られるまでには、かなりの時間を要し、現時点では実際はどうかわかりません。

ただし、いろいろ推測する根拠があります。非燃焼・加熱式タバコ の見えない煙の中に、燃焼式タバコとほぼ同レベルのニコチンや揮発性化合物(ホルムアルデヒドなど)などの有害物質が含まれています。また、加熱によりエアロゾルを発生させる仕組みは、ニコチン以外の液体成分を分解し、結果として発癌性物質に変化することが指摘されています。葉タバコも含まれているので、従来型のタバコと同じ健康被害が出る可能性があります(『非燃焼・加熱式タバコや電子タバコに対する日本呼吸器学会の見解』参照)。

新型タバコ(非燃焼・加熱式タバコ)の受動喫煙について

新型タバコは周囲の人々への受動喫煙の危険が指摘されています。煙が出ないとされていますが、特殊なレーザー光を非燃焼・加熱式タバコ使用者の呼気に照射すると、大量のエアロゾルを吐いているのがわかります。見えないだけで、煙を吐いているのと同じなんです。

世界保健機構の報告では、「電子タバコのエアロゾルに受動的にでも曝されると、健康に悪影響がもたらされる可能性がある」とされています。

このように新型タバコは、従来の燃焼式たばこより健康リスクが少なく、受動喫煙の危険がないと思われているのであれば、実際にはそうではなく、科学的には従来の燃焼式タバコと同様に健康被害をあると考えていただいた方がいいでしょう。公共の場所や公共交通機関では、吸わないように、特に呼吸器の弱い方や心臓の悪い方、子供や妊婦の周りでは、決して吸わないように、心がけてください。

(大西 勝也:内科医)

| | トラックバック (0)

電子タバコ喫煙者は紙タバコに移る確率が数倍に

電子タバコ喫煙者は紙タバコに移る確率が数倍に

2017年12月12日 04:06

電子タバコ「ベイプ」を吸っている若者は、そうでない同年代の人より4倍、普通の紙巻たばこに移行しやすいことを、米ピッツバーグ大学の研究チームが明らかにした。

スプートニク日本

チームは2013年3月、紙巻タバコを吸ったことがない18歳から30歳の915人に聞き取り調査を行った。

チームは18ヶ月経った2014年10月に二度目の聞き取り調査を行うと、タバコを吸ったことがなかった11.2%が紙巻たばこを吸っていた。

最初の調査で電子タバコを吸っていた人のうち47.7%は普通の紙巻たばこに移行していた。

米国全体では、調査の結果、1年半で37.5%の人々が電子タバコから紙タバコに切り替え、電子タバコを使わなかった人のうち9%のみが通常のタバコを吸うようになった。

| | トラックバック (0)

電子タバコで禁煙はできない?国立がん研究センターの報告

電子タバコで禁煙はできない?国立がん研究センターの報告

2017年12月18日 11:34

 国立がん研究センターは、「電子タバコの禁煙における有効性」を検証するための、800名の被験者を対象とし5年を費やした長期的研究の結果を発表した。結論を述べると、電子タバコを使用した被験者はそれを使用しなかった人よりも38%禁煙成功率が低いという。センターでは、「断面調査であって限界や制約はある」としながらも、我が国においては電子タバコにおける禁煙の有効性は否定された、としている。

【こちらも】実質的にすべての電子タバコの蒸気が有害な化学物質を含むとの研究結果

 まず電子タバコとは何かということから話していこう。電子タバコというものが登場してからまだその歴史は浅く、明確な定義づけなどは定まっていない状況にある。ただ法律での定義では、電子タバコと総称されるものの中で法律上「たばこ製品」として扱われるもの、たばこではないが「医薬品医療機器法」の取り締まり対象となっているもの、そして、特段の規制のないもの、の三つがある。

 性質で分けると、「タバコの葉を、火を付けるのとは異なる形で加熱して気体を吸引するもの」もあれば、ニコチンやタールを含まず、何と言うか香りのついた気体のようなものを吸引するというタイプのものもある。この場合は煙とは言わず「ミスト」と言うことが多い。

 繰り返しになるが、電子タバコの問題は、まだ未解明の部分が多いということにある。ニコチンとタールを含まないタイプの電子タバコでさえも、その「ミスト」は単なる水蒸気というわけではないので、カルボニル化合物など、何らかの有害物質が含まれている可能性が指摘されている。その詰換液(リキッド)やエアロゾル成分については、まだ研究が進んでいないため理解されていない部分が多い。

 また、タバコの葉を含み、ニコチンやタールを発生させる種類のタバコについては、何をかいわんやである。この種のタバコの嗜み方が、従来の「火をつける」方法と比べて健康に対していいのか悪いのか、実はそれすらまだ十分な研究が行われていないというのが現実だ。

 なお、センターの指摘にもあるが、禁煙のためにもっとも有効な手段は「薬物治療」である。私事に渡るが実は筆者も過去に投薬による禁煙を成功させ、以後一服たりとも吸っていない。

 何であれ、現状はともあれ、電子タバコも従来のタバコと同じくマナーを守って利用することが肝心であると思われる。(藤沢文太)

| | トラックバック (0)

«電子たばこは若者を喫煙に導く