栃木県民に多い脳卒中 禁煙、減塩、運動が予防の鍵 獨協医大・竹川医師に聞く

栃木県民に多い脳卒中 禁煙、減塩、運動が予防の鍵 獨協医大・竹川医師に聞く

https://www.shimotsuke.co.jp/articles/-/37368

6/15 5:00

 長らく本県の課題となっている脳血管疾患(脳卒中)。厚生労働省が5年ごとにまとめている死亡率(人口10万人当たりの死亡数)で、2015年は女性が28・5人で全国ワースト2位、男性が49・1人で同4位だった。「県民の日」に当たり、改めて予防法を確認したい。

 「本県は40代から脳卒中が増加傾向にある。若いうちから生活習慣に注意が必要」。獨協医大病院脳卒中センターの竹川英宏(たけかわひでひろ)センター長はこう呼び掛ける。

 危険因子を全国平均と比較すると、本県は血圧と喫煙率が高く、歩数が少ない特徴があるという。予防の鍵は「減塩、禁煙、そして運動」にありそうだ。本県の塩分摂取量は年々減ってはいるものの、16年の調査で1日当たり男性10・6グラム、女性9・0グラムと、厚労省が掲げる目標値(男性8グラム、女性7グラム未満)を超過しており、まだまだ減塩する必要がある。

 早期発見・早期治療も非常に重要。半身の力が入らない、片方の頬が垂れ下がる、言葉がおかしい、ふらつくなどといった「前触れ発作」の多くは数分から1時間ほどで治ってしまうが、3人に1人が2日以内に脳梗塞を起こす見過ごせないサイン。症状がなくなっても軽視せずに、すぐに専門病院へ行くこと。

 本県の脳卒中死亡率自体は低下しつつあり、県民の地道な努力が表れているといえそうだが、ワースト県からの脱却にはさらなる努力が必要だ。

| | トラックバック (0)

保険料の節約には禁煙や運動が効果的!?

保険料の節約には禁煙や運動が効果的!?

https://news.mynavi.jp/article/20180616-647936/

2018/06/16 08:10:00

◆死亡リスクを細かく区分して保険料を決めている保険も
最近、健康志向が強まって禁煙をした人や、もともとタバコは吸わない人が増えているようです。定期的にスポーツをしたり、食事に気をつけたりと、健康管理に力を注いでいる人も多くなっている様子です。

そんな人に朗報です! タバコを吸っていない人や健康な人の保険料を割り引く保険があり、保険料の節約ができるからです。逆にいえば、この保険の存在を知らずに通常の保険を選んでしまうと、高い保険料を払い続けることになってもったいないですよ。

タバコを吸わない人や健康な人の強い味方といえるこの保険は「リスク区分型」と呼ばれています。加入者の喫煙の有無や健康状態で死亡リスクを細分化し、そのリスクに見合った保険料を設定しているのが特徴です。

タバコを吸わない健康な人は、そうではない人と比べて死亡リスクは低いと判断され、最も安い保険料が設定されています。健康を保っているごほうびに保険料を安くしてくれるということですね。「リスク細分型」「健康体割引」とも呼ばれています。

保険の種類としては、主に定期保険と収入保障保険にリスク区分保険料率が取り入れられています。定期保険のみ、定期保険と収入保障保険の両方に取り入れて会社があり、対応はまちまちです。もちろん、取り入れているのは一部の会社のみです。

リスク区分も会社で異なりますが、次の4つに区分している会社が多いようです。なお、区分の呼び方と条件も各社で異なります。

●標準体:以下の3つの区分に該当しない人
●喫煙優良体:タバコは吸っていても、健康状態が優良な人
●非喫煙標準体:タバコは吸わないが、健康状態は標準な人
●非喫煙優良体:タバコは吸っていず、健康状態も優良な人

どの区分に該当するかは、喫煙歴、血圧値、BMI(身長と体重のバランス)など、各社独自の判断基準があります。喫煙歴は、禁煙してから2年以上としている会社が多いようです。

喫煙の有無については検査があるので、ごまかしはききません。タバコを吸っている人でも、健康状態が優良の条件に該当すると保険料の割引が受けられるので、健康に自信のある人にもメリットのある保険といえます。

◆リスク区分型と通常の保険を比較することが大切
では、リスク区分型保険はどれくらい保険料が安いのか、定期保険の具体例を見てみましょう。

■リスク区分型定期保険の保険料例
条件)35歳・男性・1000万円・保険期間20年・月払い口座振替
●非喫煙優良体 1,740円
●非喫煙標準体 2,510円
●喫煙優良体  2,780円
●標準体    3,700円

同じ条件で、リスク区分型ではない定期保険の保険料は-。
●A社 2,048円
●B社 1,970円

この保険料例を見ると、リスク区分型の最安値は、通常の定期保険より安いことがわかります。同じ保障なら、保険料は安いに越したことはないので、タバコを吸わない人や健康に自信のある人は、保険選びの選択肢の中に入れるようにしましょう。

なお、ここではリスク区分型の保険料例は1社しか取り上げていませんが、リスク区分型保険を販売している2~3社の保険料と条件を確認し、さらに、通常の定期保険の保険料も含めて比較検討をしてから決めましょう。なぜなら、リスク区分型の最安値は、必ず、通常の定期保険より保険料が安いわけではなく、年齢・性別、保険金額、保険期間によっては通常の定期保険のほうが安いケースもあるからです。

とにかく、比較して保険料が安い保険を選ぶ。これ、とても大事なポイントですよ。

文=小川 千尋

| | トラックバック (0)

東京都港区、禁煙外来の治療費助成 1人最大1万円

東京都港区、禁煙外来の治療費助成 1人最大1万円

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3184166015062018L83000/

2018/6/15 22:00

 東京都港区は家庭での受動喫煙を防ぐため、子育て世代が禁煙外来を受診した際の治療費の助成を始めた。18歳未満の子どもや妊婦と同居する区民や妊娠中の区民を対象に、最大1万円を出す。受動喫煙でユニークな取り組みを行う事業者には、新たに賞を創設して表彰する。「煙のない五輪」に向け、受動喫煙を防ぐ環境を整備する。

 禁煙外来の治療費助成は1人につき1回限り。禁煙治療で一般的な5回の受診を完了すれば、自己負担額の一部の助成を受けられる。あわせて区内で禁煙外来がある病院が一目で分かる「港区禁煙外来マップ」を作成した。港区医師会に加入する61の医療機関を掲載。保健所や病院などで配る。

 屋外は指定場所以外で喫煙を禁止する「みなとタバコルール」を守り広める事業者向けに「みなとタバコルール賞」を創設した。自薦や他薦で応募を受け付け、9月下旬に金・銀・銅賞を決める。みなとタバコルールには現在771の事業者が登録済み。2020年度までに2020事業者の登録を目指している。

| | トラックバック (0)

がん患者ら、国会内の灰皿に批判

がん患者ら、国会内の灰皿に批判

https://jp.reuters.com/article/idJP2018061501002365

2018年6月15日

 受動喫煙対策を強化する健康増進法改正案が衆院厚生労働委員会で可決された15日、参考人として出席したがん患者団体のメンバーは、国会建物の控室に灰皿が置かれていたことを明らかにし「これでいいのか」と疑問を呈した。野党からも「国会こそ模範を示し、全面禁煙にするべきだ」と批判が相次いだ。

 国会には控室以外にも、会議室などに灰皿が置かれており、会議中や休憩時間に喫煙している議員は多い。厚労省が昨年3月に公表した案では、国会を含む官公庁は屋内全面禁煙だった。だが今回の法案では、喫煙専用室の設置が可能となった。

| | トラックバック (0)

「禁煙後押しします」医療費の一部補助 東京・練馬区

「禁煙後押しします」医療費の一部補助 東京・練馬区

https://www.asahi.com/articles/ASL6L36R5L6LUBQU006.html?iref=com_apitop

2018年6月18日11時00分

 東京都練馬区は今月、禁煙外来など禁煙にかかる医療費の一部補助事業を始めた。都独自の受動喫煙防止条例案などたばこ対策の動きが広がる中、喫煙をやめる住民への支援に乗り出した。

 練馬区に住民登録している20歳以上の人が対象。禁煙外来での治療費や薬局で禁煙補助薬を購入した際の費用の2分の1(上限1万円)を交付する。今年度の定員は100人。治療前に登録を済ませ、禁煙外来は領収書や明細書、薬局で禁煙補助薬を購入した場合は品名や日付が記されたレシートを治療終了後に申請書類と一緒に提出する。

 区はすでに、妊婦や1歳未満の乳児がいる世帯を対象とした禁煙支援事業を行っている。担当者は「東京五輪・パラリンピックを控え、禁煙への関心が高まっている。禁煙を考える区民を後押ししたい」と話す。

| | トラックバック (0)

«タバコ吸う家庭の子供に受動喫煙検診…尿で検査