たばこ1日30本以上の男性、「白血病」リスク2.2倍

たばこ1日30本以上の男性、「白血病」リスク2.2倍

http://www.asahi.com/articles/ASK4F7DNDK4FUBQU013.html

南宏美

2017年4月15日05時08分

 たばこを1日30本以上吸う男性は、吸わない男性に比べ急性骨髄性白血病(AML)になるリスクが2・2倍になるとの研究結果を愛知県がんセンター研究所の松尾恵太郎・遺伝子医療研究部長らのチームがまとめ、専門誌に発表した。

 AMLは年間、10万人に約2人が発症するとされる。松尾さんによると、海外では喫煙がAMLのリスクを上昇させるとの報告があったが、国内では関連がはっきりしていなかった。

 チームは岩手や大阪、沖縄など9府県に住む40~69歳の男女約9万7千人の生活習慣や健康状態を、1990年代から平均で約18年間調べた。90人がAML、計47人が他のタイプの白血病を発症していた。

 年齢や性別などによる偏りが出ないよう調整して喫煙との関連を調べると、1日30本以上たばこを吸う男性がAMLになるリスクが高くなっていた。1日30本未満の男性では、明らかな差はみられなかった。他のタイプの白血病や女性は、喫煙者や患者が少ないなどのため喫煙の影響ははっきりしなかったという。

 松尾さんは「多くのがん、循環器呼吸器の病気と同様に、AMLの発症を防ぐためにも禁煙を広めることが重要だとわかった」と話している。(南宏美)

| | トラックバック (0)

肺腺がんの増加、実は「軽いたばこ」が原因の一つになっていた(研究結果)

肺腺がんの増加、実は「軽いたばこ」が原因の一つになっていた(研究結果)

http://www.huffingtonpost.jp/2017/05/23/light-cigarette-lung-adenocarcinoma_n_16760996.html

The Huffington Post    |  執筆者: Chitose Wada  投稿日: 2017年05月23日 14時08分 JST   更新: 2017年05月23日 14時10分 JST

煙の中のニコチンやタールの含有量が少なく、いわゆる「軽いたばこ」と呼ばれる商品が、ここ数年で増加している肺腺がんの要因になっていたとされる論文が、5月22日付の医学誌に発表された。軽いたばこのフィルターの構造によって、喫煙者がより多くの煙を、肺の奥まで吸い込んでしまうことが関連しているという。

論文を発表したのは、アメリカオハイオ州立大学のピーター・シールズ氏らの研究グループ。イギリスのがん専門学術誌「ジャーナル・オブ・ザ・ナショナル・キャンサー・インスティテュート」に掲載された論文で、「たばこの構造が変わったことが、肺腺がんの増加を引き起こしたと結論付けた。それは、タールの吸収率を下げるフィルタが関与している」と指摘した。

たばこのパッケージに表示されているニコチンやタール値の低いたばこは、一般的に「軽いたばこ」と称されている。しかし、表示されているニコチン・タールの値は、実は、たばこの葉の含有量ではなく、吸口のフィルターに小さな穴を開けることで調節されている。穴を開けることで、吸い込む空気の量を増やし、煙に含まれるニコチン・タールを薄める仕組みなのだ

肺腺がんは、4つに分類される肺がんのうち最も一般的なタイプのがんだが、多くの場合、肺の奥の方で発生する

シールズ氏は、「フィルターの穴により、たばこの燃え方が変わり、より多くの発がん性物質を生み出します。さらに、肺腺がんが多く発生する肺の奥の方まで、たばこの煙が到達することにもなるのです」などとと警告している

| | トラックバック (0)

市職員、喫煙ルール守って 大津、「市民用」利用後絶たず

市職員、喫煙ルール守って 大津、「市民用」利用後絶たず

http://www.kyoto-np.co.jp/shiga/article/20170621000023

大津市役所の来庁者専用喫煙所で、市職員がたばこを吸うケースが後を絶たない。職員用の喫煙場所が庁舎内で少ないためとみられるが、利用を禁じた市のルールに違反している。市は今後、発見すれば厳重注意にする方針だ。

 市民ら来庁者用の喫煙所は新館1階にあり、2010年に整備された。スペースは狭く市民の妨げになるとして「庁舎内の受動喫煙防止対策の指針」により、職員の利用は禁止された。

 

 ところが市職員支援室によると、当初から「職員が市民用を使っている」との通報がなくならず、近年も年間2、3件ある。ほかに職員による目撃もあり、同室は「通報は氷山の一角で、もっと数は多いのでは」とみている。

 

 消防などを除いた一般職員用の喫煙所は本館5階にあるが、昼の休憩時間帯と定時後を除いて施錠されている。「勤務時間中にたばこを吸うべきではない」(同室)という理由だ。過去の通報や目撃では、職員が勤務時間に市民用で喫煙するケースもあった。

 

 市は5月末に、市民用喫煙所のドアに「職員の利用禁止」と大きな張り紙をして、徹底を呼び掛けた。以前は職員を特定すれば口頭注意していたが、文書での厳重注意に切り替える。同室は「庁舎内のルールなので守ってほしい」としている。

2017年06月21日 08時32分

| | トラックバック (0)

カンボジア政府 タバコ税の引き上げを主張[法律]

カンボジア政府 タバコ税の引き上げを主張[法律]

http://business-partners.asia/cambodia/houritu-20170601-tabacco/

  • 2017年6月1日
  • カンボジアニュース
  •  カンボジア政府は貧困削減と公共衛生の向上のために、タバコ税の引き上げを主張している。クメールタイムズ紙が報じた。

     税の引き上げは今月31日の世界禁煙デーに向けて、東南アジアたばこ規制連合(SEATCA、本部・バンコク)により要求された。

     同連合の常任理事の一人は、たばこ税の増税は公衆衛生にとっても共に有益になると発言した。

      2006年に設立されたNGO、カンボジア健康運動(the Cambodia Movement for Health:CMH)の事務局長は、「税収入を増やし、タバコに関連した病気を減らすとしてこの引き上げ要求を支援する。政府は、同様の政策を取っている他国から学ぶべきだ」と話した。

     CMHのレポートによると、年間1万人のカンボジア人が喫煙により死亡しているという。カンボジアにおけるタバコの価値は各年2億ドルほどである。                                      
  • | | トラックバック (0)

    財政部が闇たばこの取り締まり強化 5カ月で475万箱を押収/台湾

    財政部が闇たばこの取り締まり強化  5カ月で475万箱を押収/台湾

    http://japan.cna.com.tw/news/asoc/201706120003.aspx

    【社会】 2017/06/12 17:19

    (台北  12日  中央社)財政部(財政省)が今年1~5月に押収した非正規に販売される「闇たばこ」は約475万箱で、昨年同期の約427万箱より11.22%増加した。背景にはたばこ値上がりの影響や取り締まり強化の成果があるとみられている。

    たばこ税は、蔡英文政権が掲げる長期介護サービス計画の財源のひとつ。今年4月、立法院(国会)でたばこ税を引き上げる改正法案が可決されたことを受け、今月12日以降に出荷・輸入されたたばこは全面的に値上がりする。値上がり幅は1箱(20本)当たり平均20台湾元(72円)。

    値上がりが闇たばこの増加に繋がると見た財政部は昨年10月から取り締まりを強化しており、これまでの7カ月余りで約701万箱を押収している。

    同部は、たばこ税の引き上げによって233億元(約845億円)の増収を見込んでおり、全額が長期介護計画の資金に充てられる。これとは別に、たばこ被害防止法に基づいて健康福祉税も別途課されており、たばこの値上がりに伴い販売量が落ち込み、同税は減収になるとみられているが、全体としては164億元(約594億円)の増収となる見通し。

    (蔡怡杼/編集:塚越西穂)

    | | トラックバック (0)

    «たばことアトピー性皮膚炎…妊娠中、赤ちゃんに影響