歯を失いたくないなら禁煙! タバコが歯周病を悪化させる

歯を失いたくないなら禁煙! タバコが歯周病を悪化させる

http://news.ameba.jp/20170206-425/

2017年02月06日 13時00分

タバコで歯周病が悪化するのか否か専門家に聞いたところ、YESと回答が。では、どのようなメカニズムで歯周病は悪化していくのでしょうか。

50代男性からの相談:「タバコを吸っていると歯周病になりやすいのですか?」


『 そろそろ歯周病のことが気になる年齢になりましたが、最近、人からこんなことを言われました。
「歯周病を予防したいなら、今すぐに禁煙すべきだ」。私は30年来の愛煙家なのですが、タバコと歯周病には関係があるというのです。タバコを吸っていると歯周病になりやすく、しかも、歯周病になってもその症状が現れにくいので、知らないうちに悪化してしまう。さらに、歯周病の治療にも、喫煙習慣が悪い影響を及ぼすのだと。
しかし、私には、どうしてタバコと歯周病にそんな相関関係があるのかわかりません。その話をした人も、素人なので、その理由まではわからないと言います。
そんなことが本当にあるのでしょうか。もし、その話が正しいのだとしたら、その理由をぜひ知りたいと思っています。 』

タバコが歯周病を悪化させるメカニズムとは

専門家によれば、タバコが歯周病を悪化させるのは明白なことだといいます。では、タバコのどういった要素が歯周病を悪化させることになるのでしょうか。

『 細かく説明すると難しくなってしまうので、簡単にご説明させていただきますが、まずタバコの煙にはご存知の通り有害物質が含まれています。それが口腔内に充満するので、それに触れている歯肉は影響を受けます。(歯科衛生士) 』


『 タバコを吸うと、歯茎の毛細血管が縮んでしまいます。すると、血液の流れが悪くなります。血液は、身体の細胞に酸素と栄養を届ける役割を果たしています。ところが、タバコの悪影響で血液の流れが悪くなり、細胞が必要とするだけの酸素や栄養が届かなくなります。しかも、白血球や血小板といった傷んだ歯周組織を治すために必要な細胞も血管と通して運ばれていきます。(歯科医) 』


『 タバコの成分であるニコチンは赤血球と結びつき、酸素の取り込みを悪くします。そのため、歯肉の中の毛細血管は血流不足に陥り、循環が悪い状態になります。(歯科衛生士) 』


『 このような状況で歯周病菌が口腔内にいると、歯肉が弱っているために歯周病が著しく進行してしまいます。歯周病の治療中にも喫煙を続けている場合には、治療の効果が出にくいということも多々あります。(歯科衛生士) 』


『 こうした理由でタバコを吸っていると、歯周病がより悪化しやすくなるのです。(歯科医) 』

>>歯周病が悪化するとどうなるの? 専門家「歯が抜け落ちます」

歯周病で歯を失いたくないなら禁煙が一番

専門家は口を揃えて禁煙することの重要性を唱えています。

『 タバコと歯周病には関連性があります。歯周病を防ぐために必要なことはいろいろありますが、タバコをやめることもその1つです。(歯科医) 』


『 タバコを吸っていると歯周病にはなりやすいです。これは確実です。喫煙は歯周病のリスクを何倍にも高めます。(歯科衛生士) 』


『 歯周病は、歯周病菌が歯茎や歯を支える骨である歯槽骨といった歯の周りの組織=歯周組織を傷めてしまうことにより起こる病気です。歯周組織は、黙ってやられているだけではなく、歯周病菌に免疫細胞を用いて抵抗したり、傷んだ組織を修復したりしようとしています。(歯科医) 』


『 タバコには、歯周病以外にも肺がんや肺の息苦しくなってくる病気である慢性閉塞性肺疾患COPDなど、他の病気にも繋がってきます。30年来の愛煙家ということですが、この機会に禁煙を考えてみてはいかがでしょうか。(歯科医) 』

>>あらゆる禁煙法が効かなかった人へ専門家からのアドバイス
長い間タバコを吸ってきた習慣は改めるのが難しいですが、デメリットもたくさんあります。歯周病は進行すると歯が抜け落ちてしまう恐れもあります。そうなってしまってからでは手遅れ。将来自分の歯で物を食べる喜びを噛みしめたいなら、禁煙から始めていきましょう。

| | トラックバック (0)

喫煙による世界の経済損失、年間160兆円以上 研究

喫煙による世界の経済損失、年間160兆円以上 研究

https://dot.asahi.com/afp/2017013100042.html

(更新 2017/1/31 10:52)

【AFP=時事】喫煙が世界経済に与える損失が2012年に年間1兆4000億ドル(約160兆円)以上に達し、また医療費の20分の1が喫煙の影響によるものだとする研究結果が31日、発表された。

 世界保健機関(WHO)と米国がん協会(ACS)の専門家らによると、喫煙による損失は世界のGDP(国内総生産)の2%近くに相当し、そのうちの約40%は発展途上国が被っているという。

 損失額のうち治療費や入院費が4220億ドル(約48兆円)を占め、疾病や死亡で労働力が失われることなどによる間接的なコストも含まれている。

 医学誌BMJ発行の専門誌「タバコ・コントロール(Tobacco Control)」に掲載された論文は、「喫煙は全世界に大きな経済的負担を課しており、特にたばこが最も普及している欧州と北米で顕著だ」と指摘。さらに「これらの損失に取り組むため、各国による強力なたばこ規制策の実施が急務であることを、今回の研究は浮き彫りにしている」と述べた。

 論文の執筆者らによると、今回の研究では喫煙による世界の総損失額をより正確に推計するため、従来の富裕国に加え、初めて低・中所得国も対象に含まれた。世界の喫煙者の97%を占める、アフリカ、南北アメリカ大陸、地中海(Mediterranean Sea)東岸、欧州、東南アジア、西太平洋地域の152か国のデータを分析したという。

【翻訳編集】 AFPBB News

| | トラックバック (0)

タバコ、遺伝子突然変異で「がん」リスク急増が発覚、受動喫煙も甚大な被害

タバコ、遺伝子突然変異で「がん」リスク急増が発覚、受動喫煙も甚大な被害

http://biz-journal.jp/2017/02/post_17963.html

| | トラックバック (0)

“最後の砦”コンビニの灰皿が消える!? 撤去進み受動喫煙理由に訴訟も…「本来は喫煙所に非ず」愛煙家包囲網狭まる

“最後の砦”コンビニの灰皿が消える!? 撤去進み受動喫煙理由に訴訟も…「本来は喫煙所に非ず」愛煙家包囲網狭まる

http://www.sankei.com/west/news/170201/wst1702010003-n1.html

2017.2.1 11:00更新

 2020年の東京五輪・パラリンピックを控え、受動喫煙防止の動きが広がる中、コンビニエンスストア前に置かれた灰皿が岐路に立たされている。本来は入店前にたばこの火を消すのが目的だが、店先で喫煙する人が後を絶たず、受動喫煙を理由に住民がコンビニ相手に訴訟に発展するケースも出てきた。たばこの値上げや路上喫煙禁止条例など、愛煙家への包囲網は狭まるばかりで、喫煙人口も減少。かつて当たり前だったコンビニの灰皿が、姿を消す日も遠くないかもしれない。(加納裕子)

“貴重な喫煙所”、実は歩きたばこの「火消し」が目的

 昼下がり、コンビニ前の灰皿で男性サラリーマンが一服。しばらくすると、別の男性も近づき、ライターでたばこに火を付ける…。全国のコンビニ前でよくある光景だ。

 大阪市は御堂筋沿いや市役所周辺などでの路上喫煙を禁じる条例を平成19年に制定。コンビニ前は貴重な“喫煙所”となっている。

 「灰皿があるから吸う。最近では、街中で他に吸える場所もないし」と話すのは同市内の男性会社員(40)。「最近は灰皿のないコンビニも増えた。吸えると思って来たのにがっかりすることも」と困惑ぎみだ。

 コンビニ業界は、灰皿は吸うためではなく、歩きたばこを入店前に消してもらうためとするが、必ずしも周知されていない。

 平成27年5月には、医師や看護師ら約4千人が加入する日本禁煙学会が、コンビニ前の灰皿撤去を求める要望を発表した。「灰皿が置かれると、喫煙する利用客も通行者もそこに集まって喫煙する」と指摘し、作田学理事長は「受動喫煙が健康におよぼす破壊的な影響が心配」と話す。

灰皿撤去の動き加速 店内に喫煙室設けるコンビニも

 日本たばこ産業(JT)の全国たばこ喫煙者率調査によると、昨年の喫煙者率は19・3%。特に男性は昭和40(1965)年に82・3%だったが平成15(2003)年に半数以下となり、昨年(2016)は29・7%と3割を切った。

 こうした状況を受け、コンビニ各社も対応を急ぐ。セブン-イレブン・ジャパンは灰皿撤去の方針を打ち出し、ファミリーマートは路上喫煙禁止条例のある地域は店頭の灰皿を原則撤去、都市部の一部では店内に喫煙室を設置した。ローソンも同様の取り組みをしている。

 コンビニ業界などが加盟する日本フランチャイズチェーン協会は「喫煙者が減る中で、店頭の灰皿を撤去する動きはますます広がるだろう」と指摘する。

| | トラックバック (0)

たばこを吸っている人に「咳をする広告」が登場

たばこを吸っている人に「咳をする広告」が登場

http://front-row.jp/news/42064/

2017-1-23- 11:25

 煙草を吸っている人が通ると大げさに咳をするデジタル広告がスウェーデンに登場して注目を集めている。

スウェーデン 喫煙者に咳をする広告 Apotek Hjärtat Åkestam Holst

喫煙者が通ると…

 ヨーロッパでは室内での全面禁煙化が進み、日本でも2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催に向けて受動喫煙の防止強化策が提案されと、喫煙者の肩身が狭くなっている現代。

 そんななかスウェーデンの街中に登場して話題になっているのが、「咳をする広告」。デジタル掲示板に煙感知器がついており、たばこの煙を感知すると広告の男性が「ゴホッゴホッ」とあからさまに嫌そうな様子で大きな咳をする仕組みになっている。

 設置された煙感知器は最大10~15メートルの範囲で煙を感知し、道行く喫煙者は大げさに咳をする広告に次々と振り返り、笑ったり申し訳なさそうな顔をしたりしていた。

  • (広告全訳)
  • こんにちは!スウェーデンの薬局アポテーク・アルタットです。我々の使命は皆さんの健康と長寿を手助けすることです。あなたが新年に向けて健康的な習慣を手に入れるお手伝いをするために考えました!
  • 我々はこのデジタルスクリーンに煙感知器をつけました。そしてこのスクリーンを喫煙者の多いエリアに設置したのです。そしてタバコを吸う人が通るたび…(※咳をする映像)
  • もうお分かりでしょう。新しい年、新しい抱負。新しいヘルシーな1年に薬局アポテーク・アルタットを。

 今回の広告はスウェーデンのドラッグストアチェーン「アポテーク・アルタット(Apotek Hjärtat)」と広告会社「アケスタム・ホルスト(Åkestam Holst)」が共同で企画したもので、この2社は2014年に地下鉄の構内にて電車が到着すると広告の女性の髪が風でなびくデジタル広告を設置して話題になったことがある。

 

| | トラックバック (0)

«新型電子たばこ 松井大阪知事が全面解禁を提案