オール阪神さん脳梗塞で「言語に支障が出るかも」と言われ…

オール阪神さん脳梗塞で「言語に支障が出るかも」と言われ…


https://hc.nikkan-gendai.com/articles/253934


2019年05月20日

 2年前からめまいが起こるようになって、脳のMRI検査を半年に1回受けてたんです。グワ~ッという激しい回転性のめまいで、立ってられへんで酔っぱらいのようにフラフラになったり、ウエッて戻したり……。

 最初は家に帰って休んだら治まってたんですけど、どんどん回数が増えて、毎日同じ時間に起きてしまう。病院で調べてもらっても、「小さい梗塞はあるけど大丈夫」と言われ、原因はわからず、メニエール病でもないんです。

 去年12月に検査を受け、今年の3月にももう一回受けようとかかりつけの病院へ行ったら、大きな梗塞ができていて専門の病院へ即入院。お医者さんに「なんか兆候があったやろ!?」と言われ、そういえばその3日前、ラジオ局でごっつい頭痛があったんです。

 ほかにも、たばこを吸おうとしたら、ポトッと落としてソファに穴をあけてしまう。フォークとナイフを取り落とす。エレベーターで行き先階のボタンを押し間違える……。あれ? もしかして……とは思ったけど、単に疲れてるんかなと解釈していました。

 脳梗塞でそういう症状が出るのは知ってはいましたよ。

 だけど、まさかと思ってたんです。その病院にかかった時、自分でクルマを運転して行けたくらいですから。“オレオレ詐欺”に引っかかった気分でした。でも、後で相方も言うてました。トーク番組に一緒に出た時、「何かおかしい」と思ったって。

 梗塞は前後左右に何カ所か起きてました。集中治療室で点滴治療を受けながら、絶対安静で10日間。トイレにも行けないから、若い女性の看護師さんにとってもらうのがイヤで、おしっこは自分でとって、大きい方は数日辛抱しました。

 ただ、しんどくはなかったんで、指のリハビリはずっとしてました。小声で「1、2の3の4の2の5……」と手遊び歌を歌いながら両手の指先を動かしたりして。最初は右手の指が動かしにくかったですね。

 先生は「ひょっとしたら言語に支障が出るかも」とおっしゃるので、頭の中でず~っと漫才の稽古もしてました。でも、漫才のネタは相方がいたらスッと出てくるもんも、ひとりではうまく出てけぇへんのですわ。相方に病院へ来てもらいたくても、集中治療室は家族以外は入られへん。そんな中、強行突破して西川きよし師匠が「元気してるか?」って来てくれはってうれしかったですね。

■退院して3日後には看護師に付き添ってもらって舞台に復帰

 幸い症状は軽度で、11日間で退院し、その3日後には舞台復帰しました。看護師さんが付き添ってくれて、相方には「大丈夫やわ」と言ってもらえました。運が良かったんだなと思います。

 原因は糖尿病でした。血管が硬くなってたんやね。4、5年前から、病院で指摘されてたんですけど、血糖値の数値を見せてくれへんし、診てくれてた先生がヨメはんと仲の良い先生なもんやから、「2人で結託して僕をビビらそうとしてるんやろ」と信じてなかったんです。

 だから、その頃はたばこは1日3箱。甘いもんが大好きだからアイスコーヒーはシロップを2つ分入れたのを1日10杯ぐらい飲んでました。おしっこが近くて、夜寝てから1時間半ごとに目が開き、そのたんびにアイスキャンディーを食べて……。そんな不摂生を続けてたから、身長160センチやのに、体重は85キロになってました。

 ただ、1年前から2日に1回、大阪城の周りの5キロコースを2周、合計10キロ歩くようになって、体重は70キロまで落ちていたんです。「運動してるし、お酒は一滴も飲まないから健康や」と自信を持ってました。でも年とともに、普通の人よりアカンね。

 今は右手の手のひら全体がいつもしびれてピリピリして、ちょっと冷たい。通院リハビリはしなくていいと言われたので通ってませんけど、自分で右手をさすったりしています。

 食事も変えました。ヨメはんが薄い味付け、油抜きで作ってくれてます。息子は23歳やから物足りなくて、「外食してくる」と迷惑がってますけどね。

 アイスコーヒーにシロップを入れるのはやめて、アイスキャンディーとかお菓子は全部ほかしました。代わりに、おやつはバナナとかキウイ。リンゴを薄く切って、カロリーの低いヨーグルトに入れて食べたりもしています。

 たばこはスパッとやめました。全然ほしいと思いません。それまでは「やめた」と言っては陰で吸っててウソの連続やったから、「今回は本気やな」と息子に言われました。それだけ、「しゃべられへんようなったらどないしよう」と怖くなったんです。

 家族にも迷惑かけて、申し訳なかったと思うしね。入院中、ヨメはんが泣いてたらしい。「なんで、もうちょっと保険かけとかんかったんやろ」って言うてたみたいやけど(笑い)。

 先生には「楽しみを何もかもやめなくていい」と言われています。かえって我慢がストレスになるから。だから、休みの時は好きな釣りに行ったり、もう少ししたら、おやつにおかきぐらいはいいかなと楽しみにしてます。

▽オール・はんしん 1957年、大阪・泉大津市生まれ。高校在学中、吉本新喜劇の看板座長・岡八朗(故人)に弟子入り。75年、同じく岡の弟子だったオール巨人とコンビを結成して人気を博す。5月26日(日)、新喜劇や漫才で構成するショー「オール阪神の釣りバカ芸人日誌6」(なんばグランド花月)を主宰する。また5月20日、オール巨人とともに、紫綬褒章を受章することが発表された。

|

20年4月の「受動喫煙防止条例」施行に飲食店経営者が悲鳴

20年4月の「受動喫煙防止条例」施行に飲食店経営者が悲鳴

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/lifex/253828

2019/05/15 05:59 

 サラリーマンの憩いの場がピンチだ――。


 来年4月1日から東京都で「受動喫煙防止条例」が全面施行される。従業員がいる店は原則屋内禁煙となり都内の飲食店の84%が規制対象となる。先月、大手飲食店サイゼリヤの8月期の連結純利益の予想が前期比9.3%減と発表された。先行実施していた禁煙が影響を与えたとして飲食業界に波紋を広げた。特に戦々恐々としているのが個人経営をはじめとする、小規模な喫茶店や居酒屋だ。

「死活問題です」と言うのは都内で個人で喫茶店を営み、4月から署名活動サイト「chang.org」で受動喫煙防止条例の一部改正を求める署名運動を行っている平野幸一さんだ。署名運動には都内の飲食店関係者の約400人が賛同。飲食店関係者の思いを平野さんが代弁した。

「店のお客さんは7割が喫煙者です。喫茶店とたばこはセットだと思っています。お客さんは半分くらいは減りそうですね。体力がない店は廃業し、小さな店は従業員を解雇せざるを得ない可能性すらあります」

 署名運動は売り上げの減少や店の存続危機を免れるためだが、客を守るための周知徹底の意味合いもあるという。


「お客さんで全面禁煙が始まるのを知っている人は6割ほどです。残りの4割はなんとなく聞いたことはあるようですが、全く知らない人も多数いる。お客さんに説明しても『本当に? ウソでしょ?』『電子たばこは?』という反応。このままではパニックになり、トラブルに発展しないか心配です」

 喫煙室を設置すれば、これまで通り、たばこを吸えるが、準備はしていないようだ。

「設置する予定はありませんよ。そもそも、設置するスペースがない店が多いですね。都から補助金が出ると聞いていますが、200万円ぐらいの負担がかかるのでは。工面が厳しい店が多いようです。喫煙スペースを設けることでテーブル数が減るし、工事期間は店を閉めなければならない可能性もある。また、ランチタイムのピーク時だとたばこを吸うためにお客さんが並ばないといけない。『そんな悲しいことはできない』『吸えないなら行かない』というお客さんもいます」

 このままでは“喫茶店文化”がなくなる可能性もあるが、解決策はあるのか。

「解決策はシンプルですよ。日本語と英語で店の入り口に『喫煙可能店舗』と大きく看板に表示すればいい。吸わない人、嫌いな人は入店しないでしょう」

 現在、平野さんは葛藤中のようだ。署名運動をしながらも、生活のために施行後のたばこを吸わない新規顧客の開拓も迫られている。署名運動は来年の3月末まで続ける予定だ。

 

|

<東京人>純喫茶宣言! くつろぎの空間

<東京人>純喫茶宣言! くつろぎの空間

https://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/list/201905/CK2019051902000119.html

2019年5月19日

 日本たばこ産業(JT)全国喫煙者率調査によれば、喫煙者率のピークは、一九六六(昭和四十一)年で男性84%、女性18%。それが二〇一八(平成三十)年には男性28%、女性9%まで減少しています。二〇年の東京オリンピックを控え、飲食店も軒並み禁煙の方向に舵(かじ)を切り始めました。

 「喫煙者には辛(つら)い時代」と嘆くのは、愛煙家として知られる劇画家のさいとう・たかをさん(82)。代表作『ゴルゴ13』の主人公、デューク・東郷のトレードマークはトルコ産の葉巻ですが、さいとうさんは「最近は、編集者から『喫煙シーンを減らしてくれ』という注文が入る」と困惑気味に語ります。

 そんな中、喫茶店に関しては全面喫煙可というスタイルを貫く店も。例えば、昭和歌謡を聴きながら一服できる「ギャラン」(上野)や、煙草(たばこ)の煙で茶色く染まった壁が店の歴史を物語る「トロワ・シャンブル」(下北沢)。前出のさいとうさんも、上京したての頃は国分寺の喫茶店「でんえん」で漫画の構成を考えていました。喫茶店は自分の世界に没入できるため、いいアイデアが浮かびやすいそうです。

 「トロワ・シャンブル」オーナーの松崎寛さん(67)は言います。

 「昔は『嫌煙』なんて言葉はなかったからね。喫茶店では煙草が吸えるという文化をそのまま続けているだけ」

 煙草とコーヒー、そしてBGMを含めた適度な喧騒(けんそう)。現代の東京において喫茶店は、愛煙家にくつろぎの時間を提供する貴重な存在だといえるでしょう。 (石原たきび)

   ◇

 「都市を味わい、都市を批評し、都市を創る」をキャッチコピーに掲げる月刊誌「東京人」の編集部が、6月号の記事をもとに都内各地の情報をお届けします。問い合わせは、「東京人」編集部=電03(3237)1790(平日)=へ。

 

|

くっきー:肺年齢「64歳」で「肺の一部が溶けている」? 禁煙拒否も医師団の言葉に動揺

くっきー:肺年齢「64歳」で「肺の一部が溶けている」? 禁煙拒否も医師団の言葉に動揺

https://mantan-web.jp/article/20190516dog00m200016000c.html

2019年05月16日

 お笑いコンビ「野性爆弾」のくっきーさん(43)が、20日に放送されるTBS系の医療バラエティー「名医のTHE太鼓判!」(月曜午後7時)の2時間スペシャルに出演。人生で初めて人間ドックを受診したくっきーさんの肺年齢が、実年齢よりも21歳上の「64歳」と診断されていることが分かった。

 以前から階段を上るだけで息があがり、登山を始めようと思って挑戦したものの、「初心者向けの高尾山で心臓がバクバクして…」と、年々体力の衰えを感じてきたというくっきーさん。日常生活を追うと、肺年齢を上げる三つの原因が明らかになる。

 特に問題視されたのが、喫煙指数(1日に吸うタバコの本数×喫煙年数)の高さ。ヘビースモーカーで1日に平均30本のタバコを吸うというくっきーさんは、医師団からの禁煙の勧めにも「タバコはやめない!!」と断固として拒否したが、「末梢気道閉塞の症状を起こしており、このままでは10年以内にCOPD(慢性閉塞性肺疾患)になる可能性がある。すでに一部の肺が溶けている可能性も」と告げられると、くっきーさんは動揺。そして、医師団は肺の健康状態を知ることができるある症状を紹介。現代病の一つともいえるその症状とは……という内容。

 「名医のTHE太鼓判!」は、芸能人の私生活に密着し、日々の生活習慣や「体に良い」と信じてやっている健康法を、最強医師団が「太鼓判」か「ダメ」かジャッジし、対策などを紹介する医療バラエティー。

|

昔は8割、今は2割。減ってはいるものの、これからは就職に不利かもよ。

昔は8割、今は2割。減ってはいるものの、これからは就職に不利かもよ。

https://blogos.com/article/377933/

中田宏2019年05月18日 11:05

喫煙者を採用しない会社が増えています。

来年からは損保ジャパン日本興亜ひまわり生命や国立大学法人長崎大学では喫煙者を不採用にする方針という事がわかりました。

その理由として喫煙者の保険料が高くなるなどのケースのある現状において、生命保険を扱うひまわり生命の場合は健康応援企業として、企業そのものが「健康応援形になっていく」ということが理由だそうです。
長崎大学の場合はタバコを吸う本人の健康被害だけに留まらず、学生への影響を考え、教育の場として相応しく、教職員は学生の範となることを求めているそうです。

一方で、組織内部の話ではありますが、お客様商売の現場においてもお客様に禁煙を求めるケースも広がっています。

例えばすかいらーくグループは全国3200店舗で9月から全面禁煙になります。レストラン内は勿論駐車場も含めた敷地全部で禁煙にする徹底ぶりです。

実はすでにマクドナルドやケンタッキーでは全店禁煙を実施しております。また、日本人の大多数がタバコを吸わず、禁煙がお客様サービスの一環でもにあるわけです。やっぱり非喫煙者からするとタバコの煙があるところには行きたくないですからね。そして何より、マクドナルドやケンタッキーフライドチキンなどの青少年やファミリー層の行くことが多い業態では受け入れてもらいやすいということです。

横浜の各地にあり、ハマっ子にとっては大人気のハンバーグレストランのハングリータイガーでは以前から全面禁煙でした。そのハングリータイガー社長とお話しした際、「禁煙はお客様のためでもあり、アルバイトの高校生たちを守るためでもある」と伺いました。

このように禁煙のエリアは広がっています。つまり企業は人事・採用を通じて禁煙を求め始めているということです。

ただ、喫煙者は不採用というのは差別ではないのかという意見もあります。
法的には「合理的な理由で採用条件に明記されていれば問題ない」というのが一般的な解釈のようです。しかし職場では吸わないけれども自宅で一服するのを楽しみにしてるというケースなどもあるため、まだまだ議論すべき点はあるようですが、皆さんはどう考えますか。

日本人の喫煙率は年々下がっており、最新の昨年平成30年は男性が27.8%、女性が8.7%でした。平成元年は、男性が61.1%、女性が12.7%。そして私の生まれた昭和40年は男性が82.3%、女性が15.7%と50年程で喫煙の割合も大きく変わりました。昔は私も含め、子供は煙にまみれて生活してましたもんね。

|

«灰皿続々撤去、広がる戸惑い 受動喫煙対策進む東京都心