« 受動喫煙防止対策の手引き  「たばこの煙から健康を守るために」神奈川 | トップページ | ポイ捨て等及び路上喫煙の禁止について 高山市 »

受動喫煙防止対策の手引き 神奈川県2

4 たばこの煙のない環境づくり  -効果的な受動喫煙防止対策の実際-
http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/kenkou/gan/tobacco/zyudou.html

受動喫煙防止対策を始めるときは敷地内禁煙又は建物内禁煙
<受動喫煙防止対策バロメーター ランク5>

最も効果的な受動喫煙防止対策は、敷地内や建物内を禁煙にすることです。多くの人が利用する施設は、まず敷地内又は建物内禁煙を検討してみましょう。子どもが多く利用する施設は、未成年者の喫煙防止の面からも積極的に敷地内禁煙にしましょう。

分煙(喫煙室設置)
<受動喫煙防止対策バロメーター ランク4>

高層ビルのため屋外に出るのに時間がかかる、屋外に喫煙場所を設置できないなど、建物内禁煙にできない場合には、喫煙室を設け、完全分煙を検討しましょう。

分煙(喫煙可能席設置)
<受動喫煙防止対策バロメーター ランク2>

飲食店等で、利用客に喫煙者が多く、やむを得ず喫煙席を設けざるを得ない場合には、禁煙席にたばこの煙が流れ出ない対策を検討しましょう。

時間帯分煙
<受動喫煙防止対策バロメーター ランク1>

店舗内禁煙は難しいし、店舗が狭く喫煙室を設けられないという場合には、混雑時を禁煙にする時間帯分煙から始めてみましょう。

注)  受動喫煙防止対策を行った場合に利用いただけるポスターのサンプルを用意しています。お店等を禁煙にしたり、禁煙タイムを設けたときにはダウンロードしてご利用ください。
http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/kenkou/gan/tobacco/zyudou_dl.html#p_dload

敷地内禁煙又は建物内禁煙の方法は?<受動喫煙防止対策バロメーター ランク5>

飲食店や医療機関、学校等で多く採用されています。
屋外に喫煙場所を設置する場合には、玄関や窓からたばこの煙が流れ込まないような場所に設置しましょう。
玄関や窓からできるだけ距離をとる。
玄関や窓のある軒下は避ける。
敷地内禁煙又は建物内禁煙であることをはっきり表示し、屋外に喫煙場所を設けたときは場所を明示しましょう。
注)  屋外に喫煙場所を設けるときは、入口から20m以上離れているのが理想です。

効果的な分煙対策とは?<受動喫煙防止対策バロメーター ランク4>

喫煙により、屋内の空気環境が悪化しないようにします。また、喫煙室においても、できる限り快適な空気環境を保つようにします。
喫煙場所と非喫煙場所を仕切等で分離します。
たばこの煙を拡散する前に吸引して屋外に排気するための屋外排気設備を設けます。
喫煙室への入口は開放し、この屋外排気設備により、喫煙室の入口において毎秒0.2メートル以上の喫煙室に向かう空気の流れができるようにします。
喫煙場所がわかるように表示を行います。
注)  空気清浄機では、一酸化炭素などのガス状の有害物質は除去できず、むしろ有害物質を屋内にまき散らすことになるため、分煙対策機器としては不十分であるとされています。

(厚生労働省「職場における喫煙対策のためのガイドライン」(平成15年5月)より)

喫煙室の作り方は<受動喫煙防止対策バロメーター ランク4>

既存の空き部屋を利用したり、パネルにより空気が流れ出さない部屋を作ります。
たばこの煙を屋外に排気するために、十分な能力の換気設備注1)を設置します。
入口は開けて、入口において喫煙室に向かって空気が流れ込むようにします。ドアを使用する場合には、下部に空気の取り入れ口を作ります。
灰皿は、換気設備の下に設け、喫煙場所はその周囲に限定します。
利用定員や喫煙位置などについての利用ルールを明示します。
注1)  十分な能力の換気設備とは
   通常のドア1枚分の間口の場合、家庭で使われる標準的な換気扇(羽の直径25cm)が2台必要です。
   なお、風速が足りない場合には、入口に暖簾などを取り付け、開口面積を狭くすれば風速を確保することができます。

喫煙コーナーの作り方<受動喫煙防止対策バロメーター ランク3>

たばこの煙を屋外に排気するための換気設備を設置します。
天井に防炎パネル等の垂れ壁を取り付け、屋外換気設備の周りを囲みます。部屋に火災報知器が設置されている場合には、火災報知器から離し、垂れ壁は天井から0.5m以内にします。その場合、背の高い観葉植物や衝立等で囲み、できる限り閉鎖空間にします。
灰皿は、換気設備の真下に置き、イスやソファーは置かないようにします。
喫煙する際は、立ったまま、換気設備の真下で吸うことを呼びかける表示を行います。
飲食店における喫煙席の作り方<受動喫煙防止対策バロメーター ランク2>

喫煙席の空気がそれ以外の部分に漏れないよう透明なパネル等で仕切ります。
喫煙席の空気を屋外に排気するための換気設備を設置します。
この換気設備により、喫煙席への入口において禁煙席から喫煙席に向かって空気が流れるようにします。
喫煙席を明示し、その他は禁煙であることを表示します。
建物内禁煙や分煙対策ができないと悩んでいらっしゃる方へ<受動喫煙防止対策バロメーター ランク1>

健康増進法では、多くの人が利用する施設の管理者に受動喫煙の防止の努力を求めています。何もせずに放置することは、お客様や従業員の健康を損なうことになります。
来客の多い時間帯は禁煙にする、テーブルに灰皿を常備せず、お客様からの要望があるまで出さないなどの取組みから始めましょう。
禁煙にすると売り上げが減るのではないかと心配したが、禁煙にしても売り上げはかわらなかったという所が多く、むしろ良くなったと言う場合もあるようです。

・・☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆ 公衆衛生ネットワーク 公衆衛生ネットワーク危機管理Goods 公衆衛生ネットワークBooks 切明義孝の公衆衛生情報 切明義孝の健康日記 切明義孝ブログ 切明義孝の新型インフルエンザ関連情報 切明義孝の新型インフルエンザ対策マニュアル&グッズ 切明義孝の新型インフルエンザ事業継続計画BCPグッズ 切明義孝のおすすめ書店 切明義孝の本棚 切明義孝の万福ダイエット 切明義孝の禁煙情報 切明義孝の健康寿命の計算 公衆衛生ネットワーク 健康と医学のメーリングリスト 公衆衛生ネットワーク Public Health Network in Japan ,Since 2000 *☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆・・

|

« 受動喫煙防止対策の手引き  「たばこの煙から健康を守るために」神奈川 | トップページ | ポイ捨て等及び路上喫煙の禁止について 高山市 »

たばこ対策」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106442/29746715

この記事へのトラックバック一覧です: 受動喫煙防止対策の手引き 神奈川県2:

« 受動喫煙防止対策の手引き  「たばこの煙から健康を守るために」神奈川 | トップページ | ポイ捨て等及び路上喫煙の禁止について 高山市 »