« 禁煙支援に有用なサイト | トップページ | まめなくんの禁煙手帳 島根県 »

タバコと心

タバコと心

http://www.pref.fukushima.jp/seisinsenta/specify/kawara/smoking.html

◆タバコは心にも影響する

タバコについては、肺がんや心筋梗塞など、体への影響がよく言われています。しかし、それだけでなく、心への影響も大きいのです。タバコをすっている方は、タバコを吸うと気持ちが落ち着くとか、頭がすっきりするというふうに話されます。これは、単に気分の問題ではなく、実際に、喫煙者がタバコを吸うと覚醒度があがり、集中力が増すとする研究があります。タバコの成分はニコチンですが、ニコチンは、肺から吸収されたあと、10秒弱で脳に働き、このような効果が生じます。人間の脳にはニコチンに似た物質(アセチルコリン)があって、脳の働きの中で大切な役割を果たしています。たとえば、痴呆患者ではこのアセチルコリンの働きが低下しているとされます。喫煙によってニコチンが吸収されると、アセチルコリンのほか、ドーパミンやセロトニン、ノルアドレナリンといった脳内の物質の働きが影響され、これが、頭がすっきりするという効果にるわけです。このタバコの脳への影響には、よい影響と悪い影響があります。よい影響としては、パーキンソン病など、一部の病気について、タバコが予防効果を持つということです。一方で、悪い影響も様々あります。代表的なものは、依存症や、神経の発達の障害などに対する影響です。

◆タバコは特に若い人に悪影響を与える

タバコは、特に若い人の場合に強く悪影響を与えます。赤ん坊への影響はよく知られています。子供が生まれて、お父さんが家の中でタバコを吸えなくなったという話を聞きますが、赤ん坊のいる前ではタバコを吸ってはいけません。そのひとつの理由は、肺など、体の成長に影響があるからですが、心について言うと、神経の発達にも影響があります。子供が生まれた後も間接喫煙の影響がありますが、生まれる前、つまり、母親が妊娠中にタバコを吸っても、悪影響が大きいのです。妊娠中に母親がタバコを吸うと、生まれてくる子供が、ADHD(注意欠陥多動性障害)という落ち着きのない子供になりやすいということが示されています。ニコチンがお母さんのおなかを通して、子供の脳に影響するのです。出生後の心の成長については、まだ十分なデータはありませんが、動物実験では、思春期ごろまで、ニコチンが脳の成長に影響することが示されています。最近、思春期の方のニコチン中毒が大きな問題になっています。そうした方たちを見ると、このころは、大人よりも依存になりやすく、また抜け出しにくいように思います。

◆タバコとうつ病・自殺

もうひとつ、タバコについて重要なことがあります。それは、タバコを吸っている人ではうつ病や自殺の割合が高いということです。このことは専門家の間では知られているのですが、因果関係がまだはっきりしてないために、一般の方はあまり知らないかもしれません。つまり、タバコを吸うことが原因になってうつ病になったり自殺に至るのか、逆にうつ病などのときや、自殺に追い込まれるような精神状態だと、タバコに頼りやすいということなのか、という点です。今のところ、後者の方が正しいかと考えられています。確かに、イライラしたときは一服したくなる、ということは、よく聞きます。タバコの本数が心の状態を表してると言えるでしょう。

◆禁煙治療

さて、それでは禁煙の治療はどうするかということですが、現在、禁煙治療というと、ニコチンを皮膚から吸収する貼り薬(ニコチンパッド)などを使って、ニコチンはそのままにして、まず、タバコを吸う習慣をなくしていくことから治療します。そこでタバコを止めた後、さらに、ニコチンを徐々に減らして、ニコチン依存症を治していきます。最近の研究では、このときに、一部のうつ病の薬(抗うつ薬)を使うと、禁煙の成功率が高くなることが示されています。そのほか、抗不安薬という安定剤も使われることがありますが、こちらの方は、効果はあまり実証されていません。日本では、禁煙治療は、どちらかというと内科などで行われることが多いので、まだ抗うつ薬を禁煙治療に使うことは少ないと思いますが、今後、精神科でも禁煙治療が盛んに行われるようになると、こうした薬も、もっと使われるようになるでしょう。いずれにせよ、禁煙の努力が大切で、薬だけで治療するのではなく、禁煙の努力をしながらうつ病の薬を使うという姿勢が大切です。そのために、禁煙のカウンセリングを行う病院もあるようです。

◆専門家と協力して禁煙の努力を

タバコというのは、手軽に手に入るものですが、このように、体だけでなく心への影響も大きいのです。特に、子供への影響が大きいということは、よく知っておく必要があります。そして、ご存知のように、間接喫煙の害は、直接、吸っている方と同じ位にあります。子供の前でタバコを吸うことは、子供を喫煙に引き込む原因にもなりますので、そうした点にも注意が必要です。喫煙される方はこうした点をよくわきまえることが必要です。そして禁煙される方は、専門家と協力しながら禁煙の努力をしていくことが大切です。

◆参考文献

Hughes JR, et al.: Antidepressant for smoking cessation. Cochrane Database Syst Rev, 2003 (2)

Hughes JR, et al.: Anxiolytics for smoking cessation. Cochrane Database Syst Rev, 2000 (4)

Xu Z, et al.: Fetal and adolescent nicotine administration: effects on CNS serotonergic systems. Brain Res 914: 166-178, 2001

Malone KM, et al.: Cigarette smoking, suicidal behavior, and serotonin function in major psychiatric disorders. Am J Psychiatry 160: 773-779, 2003

Linnet KM, et al: Maternal lifestyle factors in pregnancy risk of attention deficit hyperactivity disorder and associated behaviors: Review of the current evidence. Am J Psychiatry 160: 1028-1040, 2003

○財団法人 喫煙科学研究財団「喫煙科学研究10年の歩み http://www.srf.or.jp/histoly/frames/history-frame.html

福島県

http://www.pref.fukushima.jp/seisinsenta/specify/kawara/smoking.html

・・☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆ 公衆衛生ネットワーク 公衆衛生ネットワーク危機管理Goods 公衆衛生ネットワークBooks 切明義孝の公衆衛生情報 切明義孝の健康日記 切明義孝ブログ 切明義孝の新型インフルエンザ関連情報 切明義孝の新型インフルエンザ対策マニュアル&グッズ 切明義孝の新型インフルエンザ事業継続計画BCPグッズ 切明義孝のおすすめ書店 切明義孝の本棚 切明義孝の万福ダイエット 切明義孝の禁煙情報 切明義孝の健康寿命の計算 公衆衛生ネットワーク 健康と医学のメーリングリスト 公衆衛生ネットワーク Public Health Network in Japan ,Since 2000 *☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆・・

|

« 禁煙支援に有用なサイト | トップページ | まめなくんの禁煙手帳 島根県 »

たばこの害」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106442/31722867

この記事へのトラックバック一覧です: タバコと心:

« 禁煙支援に有用なサイト | トップページ | まめなくんの禁煙手帳 島根県 »