« 「たばこ会社は消費者を欺いた」、告知掲載を命じる判決 米 | トップページ | 授業:がん予防、検診の必要性学ぶ 「たばこが最も危険」--古座川・明神中 /和歌山 »

「健康寿命延ばす」目標、職場の受動喫煙0%に 県策定委が新たな推進計画案

「健康寿命延ばす」目標、職場の受動喫煙0%に 県策定委が新たな推進計画案

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130117-00000395-yamagata-l06

山形新聞

1月17日(木)11時10分配信

県健康づくりに関する推進計画策定委員会(委員長・有海躬行県医師会長)が16日、県庁で開かれ、現行の健康増進、がん対策、歯科保健の3計画を一本化し、新たな推進計画(2013~22年度)の案を取りまとめた。「健康寿命を延ばす」を全体目標とし、職場での受動喫煙率0%などの数値目標を盛り込んだ。

 全体目標の「健康寿命」は、一生のうち健康面で支障なく生活できる期間を指し、本県は10年度の調査で男性が70.78年、女性が73.87年。平均寿命との差が10年ほどあり、これを縮める。県民が主体的に取り組めるよう「乗り物やエレベーターを使わずに歩く機会を増やしましょう」「薄味で適塩生活を心掛けましょう」などの分かりやすい実践指針を加える。

 喫煙対策は、男女とも全国平均を上回っている20、30代の喫煙率改善が課題。子育て世代でもあることから特に力を入れ、この世代で全国平均以下を目指す。受動喫煙防止に関しては、12年度の県政アンケートで「受動喫煙の機会が月1回以上あった」と回答した人の割合が39.3%だった飲食店を15%、31.9%だった職場を0%まで引き下げる。

 新たに加える施策は▽生活習慣病の重症化予防▽高齢者の健康づくり▽働く世代や小児のがん対策の充実▽死亡者数が増加傾向にある慢性閉塞(へいそく)性肺疾患(COPD)予防―など。がん対策では、働く世代の就労問題を含め、がんになってもこれまで通り安心して暮らし続けられる社会を目指す。

 10年度調査で12.2グラムと全国平均を上回る1日の食塩摂取量は8グラムを目指し、80歳で自分の歯を20本以上保っている人の割合は37.0%(10年度)から50%に引き上げる。

 計画は2月のパブリックコメント(意見公募)を経て、3月に策定、公表する。

山形新聞社

・・☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆ 公衆衛生ネットワーク 健康と医学のメーリングリスト 公衆衛生ネットワーク Public Health Network in Japan ,Since 2000 公衆衛生ネットワーク 公衆衛生ネットワークについて 公衆衛生ネットワーク危機管理Goods 公衆衛生ネットワークBooks 切明義孝の公衆衛生情報 切明義孝の健康日記 切明義孝ブログ 切明義孝の本棚 切明義孝のプロフィール 切明義孝の新型インフルエンザ関連情報 切明義孝の新型インフルエンザ対策マニュアル&グッズ 切明義孝の健康危機管理グッズ 切明義孝のおすすめ書店 切明義孝の食の安全ニュース 切明義孝のメンタルヘルス情報 切明義孝のホームページ 切明義孝のたばこ文書管理保管センター 切明義孝の万福ダイエット 切明義孝の禁煙情報 切明義孝の健康寿命の計算 たばこ文書保管管理センター Tobacco Documents Archives 切明義孝のタバコ産業への意見 切明義孝について *☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆・・

|

« 「たばこ会社は消費者を欺いた」、告知掲載を命じる判決 米 | トップページ | 授業:がん予防、検診の必要性学ぶ 「たばこが最も危険」--古座川・明神中 /和歌山 »

たばこ対策」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106442/48977108

この記事へのトラックバック一覧です: 「健康寿命延ばす」目標、職場の受動喫煙0%に 県策定委が新たな推進計画案:

« 「たばこ会社は消費者を欺いた」、告知掲載を命じる判決 米 | トップページ | 授業:がん予防、検診の必要性学ぶ 「たばこが最も危険」--古座川・明神中 /和歌山 »