« 神戸の中華街・南京町の分煙化の取り組み 客の9割が賛成 | トップページ | 「スマート・エイジング ~脳を鍛えて健やかに生きる~」(3月15日開催) »

喫煙で黄斑変性症リスクが4倍に

喫煙で黄斑変性症リスクが4倍に

http://www.qlifepro.com/news/20130318/scare-up-the-tobacco-risk-quadrupled-macular-degeneration.html

肺や心臓だけじゃない、たばこの害

たばこの害は、肺や心臓血管系についてが強調されてきました。では、目にも害があること、知っていましたか?
喫煙は黄斑変性症のリスクを高めてしまうのです。黄斑変性症は、アメリカでは60歳以上の失明の原因のトップにあげられている病気で、日本でも失明原因の上位に入っています。喫煙者が黄斑変性症にかかるリスクの高さは、なんとたばこを吸わない人の4倍ともいわれます。

白内障、結膜炎、ドライアイなども

黄斑変性症だけではありません。喫煙は白内障の進行も早めてしまうのです。この影響は喫煙量が多い人ほど強まるとされています。

詳しくは

http://www.qlifepro.com/news/20130318/scare-up-the-tobacco-risk-quadrupled-macular-degeneration.html

|

« 神戸の中華街・南京町の分煙化の取り組み 客の9割が賛成 | トップページ | 「スマート・エイジング ~脳を鍛えて健やかに生きる~」(3月15日開催) »

たばこの害」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106442/51085727

この記事へのトラックバック一覧です: 喫煙で黄斑変性症リスクが4倍に:

« 神戸の中華街・南京町の分煙化の取り組み 客の9割が賛成 | トップページ | 「スマート・エイジング ~脳を鍛えて健やかに生きる~」(3月15日開催) »