« 2013年「世界禁煙デー記念イベント」を5月31日に開催 | トップページ | 守れるの? 世界禁煙デーの「たばこ販売全面停止」=中国・広州 »

飲酒と喫煙併用の害、女性により大きな影響 調査結果

飲酒と喫煙併用の害、女性により大きな影響 調査結果

http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2946607/10814162

【5月28日 AFP】喫煙量、飲酒量ともに多い場合、寿命が縮まる確率は男性よりも女性の方が高いことが分かった。仏国立衛生監視研究所(InVS)が発行する疫学週報(Journal Bulletin Epidemiologique Hebdomadaire、BEH)の27日付け最新号で、12年間に及ぶ追跡調査の結果として発表した。

 欧州各国の40歳以上の男女38万人を対象に実施した追跡調査の結果、多量の飲酒と喫煙の悪影響としてすでに広く知られているリスクの影響は、男性よりも女性の方が受けやすいことが確認された。

 喫煙経験がない人が死亡するリスクをレベル「1」とした場合、1日1~15本のたばこを吸う人の死亡リスクは男性が「1.38」で女性が「1.32」、1日16~26本のたばこを吸う人の死亡リスクは男性が「1.86」で女性が「2.04」、それ以上はいずれも「2.44」だった。

 一方、たばこにアルコールが加わった場合、これらの結果が大幅に変化することも確認された。喫煙経験がなく1日最大5グラム相当のアルコールを摂取していた人の死亡リスクを「1」とすると、1日に27本以上のたばこと30グラム相当を超えるアルコールを摂取していた人の死亡リスクは男性で「2.38」、女性で「3.88」に上昇した。

 調査結果は、「過剰にアルコールを摂取する女性は、ごく少量のアルコールを摂取するかまったく摂取しない女性に比べ、喫煙による死亡リスクが大幅に高まることが分かった」と結論づけている。しかし、こうした大きな違いをもたらす原因とみられる理由については詳細を明らかにしなかった。

 このほか調査は、喫煙している人の死亡率が喫煙経験のない人に比べて約1.5~3倍高いことを改めて確認した。なお、調査の実施期間中に死亡した調査対象者は2万6411人だった。

詳しくは

http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2946607/10814162

|

« 2013年「世界禁煙デー記念イベント」を5月31日に開催 | トップページ | 守れるの? 世界禁煙デーの「たばこ販売全面停止」=中国・広州 »

ニュース」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106442/51829334

この記事へのトラックバック一覧です: 飲酒と喫煙併用の害、女性により大きな影響 調査結果:

« 2013年「世界禁煙デー記念イベント」を5月31日に開催 | トップページ | 守れるの? 世界禁煙デーの「たばこ販売全面停止」=中国・広州 »