« たばこ会社を門前払いしたバリ島の勇気 | トップページ | 韓国健康保険公団 たばこ訴訟推進を議決 »

最も厳しいたばこ条例可決 深セン市、経営者への罰金は最高10万元

最も厳しいたばこ条例可決 深セン市、経営者への罰金は最高10万元

http://www.sankeibiz.jp/macro/news/140127/mcb1401270502006-n1.htm

2014.1.27 05:00

 広東省深セン市人民代表大会常務委員会はこのほど、史上最も厳しいたばこ規制条例として注目を集める「深セン経済特区たばこ規制条例」について、複数回におよぶ審議の結果、修正案が可決されたと発表した。新条例は3月1日から施行される見通しという。

 7項目に分かれる新条例は、喫煙の規制区域や監督・管理の方法などを明記。従来の条例では不十分と思われた内容や執行力に対し、補足と修正作業を行い、新たな規定が設けられた形となっている。

 さらに今回の修正では、政府組織の主導力と責任の強化が明確に打ち出され、たばこ規制を都市発展計画に組み込むことで、同市政府の評価にも反映させる。同時に、たばこ規制活動聯席会議制度を設けることで、取り組み状況に対する責任も負わせる方針だ。

 また、禁煙対象スペースを屋内すべての職場と公共スペース、交通機関、一部屋外空間へと拡大。バーやディスコ、茶館やマッサージ店といった娯楽施設などでも、2016年末までの過渡期以降は喫煙が全面的に禁止となる。

 一方、公聴会で注目されていた取り締まり方法に関しては、これまでの衛生省による単独管理から同省を中心とした交通運輸省、民間航空および鉄道管理部門、文化観光、市場監督行政部門、公安部門、都市管理部門といった多部門での共同管理体制に変更することで、執行力を強めるという。

 法的責任の強化とともに、教育的な観点を重視したという今回の修正内容。違反した個人や企業には更生の機会を与えるとしているが、改善がみられなかった場合には、状況に応じて個人には50元(約850円)、200元、500元という段階的な罰金制度を設けており、経営者に対しては最高で10万元以下の罰金が科される内容となっている。(法制日報=中国新聞社)

詳しくは

http://www.sankeibiz.jp/macro/news/140127/mcb1401270502006-n1.htm

|

« たばこ会社を門前払いしたバリ島の勇気 | トップページ | 韓国健康保険公団 たばこ訴訟推進を議決 »

たばこ対策」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106442/54819745

この記事へのトラックバック一覧です: 最も厳しいたばこ条例可決 深セン市、経営者への罰金は最高10万元:

« たばこ会社を門前払いしたバリ島の勇気 | トップページ | 韓国健康保険公団 たばこ訴訟推進を議決 »