« 環境美化条例5年、歩きたばこが減少傾向/小田原 | トップページ | がん患者数、2030年までに1.5倍に 国連 »

中国当局が学校での喫煙禁止、カメラで違反者監視も

中国当局が学校での喫煙禁止、カメラで違反者監視も

http://jp.reuters.com/article/jpchina/idJPTYEA0U05M20140131

2014年 01月 31日 15:42 JST

[北京 29日 ロイター] -中国教育部は、政府が進める禁煙対策の一環として、学校での喫煙を禁止することを決めた。国営メディアが29日報じた。
 
中国は禁煙運動が長年行われているにもかかわらず、依然として世界一のたばこ消費国。学校や病院などを含め、至るところでたばこを吸う人の姿が見られる。
 
当局は今年、公共の場での禁煙を全国的に推進する考えで、複数の都市では既に喫煙が規制され始めている。ただ、対策が散発的との声もあり、禁煙エリアで喫煙する人も多い。
 
今回の決定は幼稚園、小中学校、職業訓練学校に適用され、大学も禁煙エリアを設けて、校舎での喫煙を禁止する必要がある。
 
また、学校長には煙探知機や監視カメラを設置するなどの対策が求められ、学食でのたばこ販売も禁じられる。教育部は、適切な措置を講じない学校には罰則を与えるとしている。

詳しくは

http://jp.reuters.com/article/jpchina/idJPTYEA0U05M20140131

|

« 環境美化条例5年、歩きたばこが減少傾向/小田原 | トップページ | がん患者数、2030年までに1.5倍に 国連 »

たばこ対策」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106442/54819814

この記事へのトラックバック一覧です: 中国当局が学校での喫煙禁止、カメラで違反者監視も:

« 環境美化条例5年、歩きたばこが減少傾向/小田原 | トップページ | がん患者数、2030年までに1.5倍に 国連 »