« 宮城県、秋に震災後の健康調査 生活習慣変化も把握 | トップページ | タバコ農家と協力し禁煙促す81歳、一筋縄でいかない喫煙大国 »

JR北海道・桑園駅、線路脇から火 5600人足止め、たばこ原因か

JR北海道・桑園駅、線路脇から火 5600人足止め、たばこ原因か

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/535069.html

(04/23 13:25、04/23 16:00 更新)

 23日午前7時ごろ、札幌市中央区北11西15、JR函館線桑園駅構内で、「ホーム付近で煙が出ている」と、利用客から119番通報があった。1番ホーム線路脇の溝にたまった落ち葉などを焼き、駅員らが消火器などを使って10分後に消し止めた。けが人はいなかった。この火災で、快速エアポート1本を含む計10本が運休、普通列車2本が最大40分遅れ、約5600人に影響が出た。

 札幌中央署によると、溝から、たばこの吸い殻が数本見つかったという。現場は、同駅ホームから約3メートル離れた小樽方面行きの線路脇。出火当時は通勤通学ラッシュのピークで、ホームは列車を待つ乗客であふれた。<北海道新聞4月23日夕刊掲載>

 

|

« 宮城県、秋に震災後の健康調査 生活習慣変化も把握 | トップページ | タバコ農家と協力し禁煙促す81歳、一筋縄でいかない喫煙大国 »

たばこ火災」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JR北海道・桑園駅、線路脇から火 5600人足止め、たばこ原因か:

« 宮城県、秋に震災後の健康調査 生活習慣変化も把握 | トップページ | タバコ農家と協力し禁煙促す81歳、一筋縄でいかない喫煙大国 »