« フィリピン 酒・たばこ増税、赤字削減に貢献 13年物品税徴収額2倍 | トップページ | 電子たばこ関連事故が急増、大半が幼児 »

<兵庫県受動喫煙防止条例>民間施設にも完全分煙義務付け

<兵庫県受動喫煙防止条例>民間施設にも完全分煙義務付け

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140401-00000033-mai-soci

毎日新聞 4月1日(火)12時31分配信    

 大規模店舗など民間施設にも完全分煙を義務付けた兵庫県の受動喫煙防止条例が1日、本格的に施行された。既に多くのホテルや飲食店などでは喫煙室を設けたり、エアカーテンで喫煙席を仕切ったりしており、愛煙家からは「時代の流れで仕方がない」との声が聞かれた。

 同条例は昨年4月、官公庁など約1万2000施設を対象に一部施行。この日からは、100平方メートル以上の飲食店やホテルなど約18万件も規制対象となった。10月1日からは施設側に最高30万円、利用者には2万円以下の罰則が適用される。同様の条例は神奈川県に次いで全国2例目。

 神戸ベイシェラトンホテル&タワーズ(神戸市東灘区)ではロビーのある2階と宴会場のある3階に喫煙室を設置し、3月下旬から運用を開始している。1日、磯部貴順総支配人室長は「喫煙は建物外でお願いしていたが、これからは吸う方にも吸わない方にも配慮できる」と話した。

 県は2013年度まで、分煙施設の整備に最大250万円を補助し、12年度62件、13年度は2月末現在、89件が利用した。【久野洋】

|

« フィリピン 酒・たばこ増税、赤字削減に貢献 13年物品税徴収額2倍 | トップページ | 電子たばこ関連事故が急増、大半が幼児 »

たばこ対策」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106442/55605475

この記事へのトラックバック一覧です: <兵庫県受動喫煙防止条例>民間施設にも完全分煙義務付け:

« フィリピン 酒・たばこ増税、赤字削減に貢献 13年物品税徴収額2倍 | トップページ | 電子たばこ関連事故が急増、大半が幼児 »