« 電子たばこ関連事故が急増、大半が幼児 | トップページ | 分煙、民間施設でも完全実施 受動喫煙防止条例 兵庫 »

マナー向上、京都の動画で訴え

マナー向上、京都の動画で訴え

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140403-00000009-kyt-l26

京都新聞 4月3日(木)10時49分配信

 京都市の市民グループが、公共マナーの向上を呼びかける動画を制作し、投稿サイト「ユーチューブ」で公開している。自分たちで演技や撮影もこなし、喫煙や電車内のルールを訴えている。
 市民が地域の課題を考える「市未来まちづくり100人委員会」で、公共空間の大切さをテーマにした8人のチームが考案した。マナーの低下が問題視されるなか、動画でわかりやすく周知することにした。
 動画は5シーンで構成し、それぞれ20秒程度。市役所周辺などで撮影した。路上喫煙やエスカレーターの駆け上がり、電車内で優先座席を無視して座るなど、マナー違反の実例を紹介し、「こんなこといけません」と軽快な音声が流れる。
 制作前の昨年10月に「未来まちづくりフェスタ」で、「公共空間でマナー違反だと思うこと」について来場者80人にアンケートを行った。最多は路上喫煙で、集計した結果を動画作りに反映させた。
 ユーチューブで「公共空間 こんなこといけません」のキーワードで検索すると見られる。同チームは「市民にマナー順守を呼びかける機会に、この動画を活用してもらえたら」としている。

最終更新:4月3日(木)13時29分

|

« 電子たばこ関連事故が急増、大半が幼児 | トップページ | 分煙、民間施設でも完全実施 受動喫煙防止条例 兵庫 »

たばこ対策」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106442/55646355

この記事へのトラックバック一覧です: マナー向上、京都の動画で訴え:

« 電子たばこ関連事故が急増、大半が幼児 | トップページ | 分煙、民間施設でも完全実施 受動喫煙防止条例 兵庫 »