« 5月31日は「世界禁煙デー」 和駅前で啓発 | トップページ | 消費税10%の前にタバコ千円 »

たばこ販売の新規出店の規制を強化へ 財政審が方針を確認

たばこ販売の新規出店の規制を強化へ 財政審が方針を確認

http://www.sanspo.com/geino/news/20140530/eco14053019410003-n1.html

2014.5.30 19:41

 財政制度等審議会(財務相の諮問機関)のたばこ事業等分科会が30日開かれ、たばこ販売に関する新規出店の規制を強化する方針を確認した。国内でのたばこの売り上げが減り、現行基準が実態に合わなくなったためだが、出店が難しくなるためコンビニ業界などから反発も出そうだ。財務省は近く意見を公募し、8月にも規制を見直す。

 たばこ事業法では、新規出店の際に既存店との間で一定の距離を保つよう義務付けている。ただ、販売本数が少ない「低調店」と呼ばれる店舗に限り、距離規制を適用しない特例がある。

 今回見直すのは低調店の認定基準。現在は月間販売本数が繁華街で4万本未満、市街地で2万5000本未満としているが、それぞれ2万4000本未満、1万5000本未満に減らす。低調店の特例が適用されるケースが減るため、距離規制により出店が難しくなる。(共同)

|

« 5月31日は「世界禁煙デー」 和駅前で啓発 | トップページ | 消費税10%の前にタバコ千円 »

たばこ対策」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106442/56397382

この記事へのトラックバック一覧です: たばこ販売の新規出店の規制を強化へ 財政審が方針を確認:

« 5月31日は「世界禁煙デー」 和駅前で啓発 | トップページ | 消費税10%の前にタバコ千円 »