企業が標的にしているのは太り過ぎの社員だけではない。喫煙者もやり玉に上げられている。

 数は多くはないものの、喫煙者の採用を拒否する企業はここ数年間で増加している。企業側は無料の禁煙プログラムや報奨金を用意して喫煙者に禁煙を促したが、効果がなかったと説明している。