« 東京五輪へ、受動喫煙防止法制定で超党派議連-みんな・松沢氏 (1) | トップページ | 拡大する電子たばこ市場、毎月約10銘柄が登場 米調査 »

喫煙で認知症のリスク2倍…九大教授らが調査

喫煙で認知症のリスク2倍…九大教授らが調査

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140614-00050102-yom-sci

読売新聞 6月14日(土)15時36分配信

 たばこを吸う人は認知症になる危険度が2倍に高まるとの調査結果を九州大の清原裕教授(環境医学)らの研究グループがまとめた。

 14日の日本老年医学会で発表した。かつて喫煙は認知症を減らすとの報告があり、近年、それを否定する報告も海外で相次いでいたが、日本人対象の研究でも、たばこが認知症のリスクとなることが示された。

 今回の調査は、1988年時点で認知症でなかった福岡県久山町の高齢者712人の集団(平均年齢72歳)を15年間追跡した。また、この集団の15年前(72~73年、平均年齢57歳の中年期)の健診記録を照合。中年期、高齢期の喫煙状況と認知症発症の関係を調べた。

 追跡期間中に認知症を発症したのは202人。中年期、高齢期の各時期で「喫煙」「過去に喫煙歴あり」「非喫煙」に分けて分析すると、喫煙者は非喫煙者に比べ、認知症の発症リスクが2倍になった。過去に喫煙歴がある人と非喫煙者では明確な差はなかった。

最終更新:6月14日(土)15時36分

|

« 東京五輪へ、受動喫煙防止法制定で超党派議連-みんな・松沢氏 (1) | トップページ | 拡大する電子たばこ市場、毎月約10銘柄が登場 米調査 »

たばこの害」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106442/56530907

この記事へのトラックバック一覧です: 喫煙で認知症のリスク2倍…九大教授らが調査:

« 東京五輪へ、受動喫煙防止法制定で超党派議連-みんな・松沢氏 (1) | トップページ | 拡大する電子たばこ市場、毎月約10銘柄が登場 米調査 »