« 認知症リスク、喫煙者は2倍 九州大、住民調査で判明 | トップページ | 禁煙が発症リスクに?中高年の潰瘍性大腸炎 »

韓国政府 たばこ価格の引き上げ推進=WHO勧告受け

韓国政府 たばこ価格の引き上げ推進=WHO勧告受け

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140611-00000030-yonh-kr

聯合ニュース 6月11日(水)16時16分配信

 【ソウル聯合ニュース】韓国保健福祉部健康政策局の任鍾奎(イム・ジョンギュ)局長は11日、「世界禁煙デー」のイベントに関連した記者会見で、「たばこ規制枠組み条約(FCTC)」批准国として、世界保健機関(WHO)の勧告を受け入れ、たばこ税増税を推進する計画と述べた。

 任局長は企画財政部など他の官庁との協議状況について、「企画財政部としては物価を心配しているが、たばこ価格引き上げの必要性をある程度認める雰囲気」とした上で、政府内では大きな反対はないと考えられると伝えた。
 保健福祉部は今年、国会に対し積極的に働きかけ、早ければ来年初めに増税案が国会を通過し、施行されるよう日程を定めているとされる。
 増税幅については、まだ議論が必要だが、かなり上げなければ効果がないと指摘。「ひとまず一度上げて、その後、物価に連動させる方法が最も望ましい」とコメントした。
 WHOは先月31日の「世界禁煙デー」に、韓国などFCTC批准国に対し、たばこ税の水準を現在より50%程度上げなければならないと勧告した。 
 すべての国がたばこ税を50%引き上げた場合、3年以内に喫煙者が世界で4900万人(成人喫煙者3800万人と潜在喫煙者1100万人)程度減り、喫煙を原因とする死亡者も1100万人減少するとWHOは予想している。
 現在、韓国のたばこの値段は2500ウォン(251円)程度で、物価を考慮しても経済協力開発機構(OECD)加盟国の中で最も安い。また販売価格のうち、税金が占める割合も62%程度で、WHOの勧告値(70%)を下回っている。
 たばこの値段と税率はOECDで最低レベルだが、韓国の成人男性の喫煙率は49%で、OECDで1~2位を争っている。
 ソウル市内の韓国プレスセンターで12日に開かれる「世界禁煙デー」記念式でもたばこ税増税やたばこ価格の引き上げを主題にシンポジウムが開かれる予定だ。
 任局長はシンポジウムに参加し、韓国の高校3年生の喫煙率(25%)がOECDの男性平均喫煙率と同水準で米国の青少年の約2倍という現実を伝え、たばこ税増税により未成年者のたばこ購買力を下げなければならないという同部の立場を強調する計画だ。

|

« 認知症リスク、喫煙者は2倍 九州大、住民調査で判明 | トップページ | 禁煙が発症リスクに?中高年の潰瘍性大腸炎 »

たばこ対策」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106442/56488861

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国政府 たばこ価格の引き上げ推進=WHO勧告受け:

« 認知症リスク、喫煙者は2倍 九州大、住民調査で判明 | トップページ | 禁煙が発症リスクに?中高年の潰瘍性大腸炎 »