« 元喫煙者が語る「たばこによる苦しみ」、米キャンペーン | トップページ | 進まぬ官公庁の敷地内禁煙 全庁舎達成は神戸市だけ »

札幌圏JR駅、構内の灰皿撤去へ

札幌圏JR駅、構内の灰皿撤去へ

http://www.yomiuri.co.jp/hokkaido/news/20140713-OYTNT50002.html

2014年07月13日

 JR北海道は、8月30日から札幌市の全駅と近郊の駅を「全面禁煙」とすることを決めた。たばこの煙の苦情が寄せられていたためで、駅構内と駅舎付近の灰皿を撤去する。ただ、密閉式で分煙されている喫煙室は、これまで通り利用できる。

 対象となるのは、札幌、小樽、江別、岩見沢、恵庭、北広島、千歳、苫小牧、当別の9市町の計51駅。一部の喫煙室を除いて、これまでの4駅と合わせ札幌圏の55駅から灰皿が撤去される。このうち喫煙室が今後も使えるのは、札幌、南千歳、新千歳空港の3駅となる。

 JR北は「札幌圏での実施状況をみて、他の地域に拡大するか検討したい」としている。

|

« 元喫煙者が語る「たばこによる苦しみ」、米キャンペーン | トップページ | 進まぬ官公庁の敷地内禁煙 全庁舎達成は神戸市だけ »

たばこ対策」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106442/56801232

この記事へのトラックバック一覧です: 札幌圏JR駅、構内の灰皿撤去へ:

« 元喫煙者が語る「たばこによる苦しみ」、米キャンペーン | トップページ | 進まぬ官公庁の敷地内禁煙 全庁舎達成は神戸市だけ »