« 校長ら校舎内にたばこ部屋 条例で禁煙 尼崎の小学校 | トップページ | 未成年の喫煙6割減 タスポ普及など要因 »

校長・教頭の「隠れ喫煙部屋」発覚 兵庫・尼崎の小学校

校長・教頭の「隠れ喫煙部屋」発覚 兵庫・尼崎の小学校

http://www.asahi.com/articles/ASG7463TNG74PIHB02D.html

2014年7月5日01時38分

 兵庫県尼崎市立小学校の校長と教頭が、校舎内に「たばこ部屋」を設け、喫煙を繰り返していたことがわかった。県条例が学校内を全面禁煙にしていることを知りつつ、校務員の控室に灰皿や吸い殻入れ、消臭剤をそろえていたという。

 市教委によると、今月3日、「隠れて喫煙している」などと指摘する匿名の内部告発が届いた。校長から事情を聴いたところ、一昨年4月に赴任して以来、控室で常態的に喫煙していたことを認めた。昨年4月からは新たに赴任した教頭が加わり、臨時講師や校務員も喫煙していたという。

 厳重注意を受けた校長は「住民の目につく校門の外で吸うよりいいと思った。教員らを管理する立場なのに申し訳ない」と陳謝したという。兵庫県は昨年4月、学校敷地内を全面禁煙にする受動喫煙防止条例を施行している。(宮武努)

|

« 校長ら校舎内にたばこ部屋 条例で禁煙 尼崎の小学校 | トップページ | 未成年の喫煙6割減 タスポ普及など要因 »

たばこ対策」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106442/56733401

この記事へのトラックバック一覧です: 校長・教頭の「隠れ喫煙部屋」発覚 兵庫・尼崎の小学校:

« 校長ら校舎内にたばこ部屋 条例で禁煙 尼崎の小学校 | トップページ | 未成年の喫煙6割減 タスポ普及など要因 »