« たばこの火で腕に痕 元同級生に賠償求める | トップページ | 飲食店で喫煙できる先進国は日本だけ? 東京都、五輪前に「禁煙条例」制定へ »

煙草の危険、駅前で訴え

煙草の危険、駅前で訴え

http://www.townnews.co.jp/0112/2014/09/04/250074.html

 港南禁煙・分煙をすすめる会(中山脩郎(みちお)代表)は8月1日、上永谷駅前の広場で、禁煙キャンペーンを実施した。

 当日は駅周辺の吸い殻拾いのほか、通行人などを対象に、喫煙についてのアンケートを実施。また、特設テントではスモーカーライザーという計測器を使って呼気中の一酸化炭素濃度のチェックができるコーナーも。呼気中の同濃度は、1日に吸うたばこの本数に比例して高くなるため、数値を見て危機感をもってもらうのが目的。さらに、医師でもある中山代表は、希望者の個別相談にも応じていた=写真。

 同会の寺田伊佐武(いさむ)副会長によると、最近では家族の喫煙や禁煙についての相談も多いといい、「港南区民の健康のために、今後も官民一体で取り組んでいきたい」と力を込めていた。

|

« たばこの火で腕に痕 元同級生に賠償求める | トップページ | 飲食店で喫煙できる先進国は日本だけ? 東京都、五輪前に「禁煙条例」制定へ »

たばこの害」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106442/57284923

この記事へのトラックバック一覧です: 煙草の危険、駅前で訴え:

« たばこの火で腕に痕 元同級生に賠償求める | トップページ | 飲食店で喫煙できる先進国は日本だけ? 東京都、五輪前に「禁煙条例」制定へ »