« 児童労働を無くす闘い、ノーベル平和賞が後押し | トップページ | “野放しの”電子たばこ、規制・課税の議論浮上 政府、健康への影響調査を開始 »

米たばこ2位レイノルズ、社内を全面禁煙へ

米たばこ2位レイノルズ、社内を全面禁煙へ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141024-00000032-jij_afp-bus_all

AFP=時事 10月24日(金)14時1分配信

【AFP=時事】米たばこ大手レイノルズ・アメリカン(Reynolds American)は23日、公共の場での禁煙が米国で社会規範となりつつある現状に鑑み、社内のオフィススペースを全面禁煙にすると発表した。

レイノルズは「ポールモール(Pall Mall)」「キャメル(Camel)」などの銘柄で知られる米たばこ業界2位の大手企業。発表によると、まず、2015年1月1日から会議室やエレベーターでの紙巻きたばこ、葉巻、パイプでの喫煙を禁止する。

 次いで、2016年までに喫煙室を米ノースカロライナ(North Carolina)州ウィンストン・セーラム(Winston-Salem)にある本社と、テネシー(Tennessee)州とニューメキシコ(New Mexico)州の営業所に設置する。それまでは、廊下や閉め切った室内での喫煙を認めるとしている。

 なお、電子たばこや噛みたばこは禁止の対象外となっている。

 紙巻きたばこの売り上げが落ち込む中、成長著しい電子たばこ・葉巻分野でのシェア拡大を狙うレイノルズは7月、米たばこ3位で電子たばこに力を入れているロリラード(Lorillard)の買収計画を発表した。成立すればレイノルズは米たばこ最大手となり、5割近い市場シェアを獲得することになる。【翻訳編集】 AFPBB News

|

« 児童労働を無くす闘い、ノーベル平和賞が後押し | トップページ | “野放しの”電子たばこ、規制・課税の議論浮上 政府、健康への影響調査を開始 »

たばこ対策」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106442/57781399

この記事へのトラックバック一覧です: 米たばこ2位レイノルズ、社内を全面禁煙へ:

« 児童労働を無くす闘い、ノーベル平和賞が後押し | トップページ | “野放しの”電子たばこ、規制・課税の議論浮上 政府、健康への影響調査を開始 »