« インペリアル・タバコ、電子たばこの医薬品認可へ当局と協議 | トップページ | 電子たばこ規定めぐる行動迅速化を-メーカー側が米FDAに »

副流煙も含む「たばこ曝露」で口腔HPV-16感染リスクが上昇

副流煙も含む「たばこ曝露」で口腔HPV-16感染リスクが上昇
http://mtpro.medical-tribune.co.jp/mtpronews/1410/1410028.html

2014年10月9日

性行動要因を除いても否定できず

 性行為で感染するヒトパピローマウイルス(HPV)-16の口腔感染は中咽頭扁平上皮がん発生率上昇の原因であると考えられており,1日の喫煙本数と口腔HPV感染率との間に関連が認められている。米・Johns Hopkins UniversityのCarole Fakhry氏らは,喫煙だけでなく副流煙,無煙たばこも含めた「たばこ曝露」を示すバイオマーカー値が高いと口腔HPV-16感染率が高かったとJAMA2014; 312: 1465-1467)に報告した。喫煙者(すべてのニコチン含有製品使用者)はオーラルセックスのパートナー数が多いという特徴があったが,性行動要因を統計学的に調整しても両者の関係は否定できないとしている。

 

|

« インペリアル・タバコ、電子たばこの医薬品認可へ当局と協議 | トップページ | 電子たばこ規定めぐる行動迅速化を-メーカー側が米FDAに »

たばこの害」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106442/57636897

この記事へのトラックバック一覧です: 副流煙も含む「たばこ曝露」で口腔HPV-16感染リスクが上昇:

« インペリアル・タバコ、電子たばこの医薬品認可へ当局と協議 | トップページ | 電子たばこ規定めぐる行動迅速化を-メーカー側が米FDAに »