« クイズや実験でたばこの害学ぶ/常磐小で出前講座 | トップページ | 「外資」狙い撃ち…新たな中国リスクか 巨額罰金、米国訴訟とよい勝負 »

市全域 ぽい捨て禁止…七尾

市全域 ぽい捨て禁止…七尾

http://www.yomiuri.co.jp/local/ishikawa/news/20140930-OYTNT50397.html

2014年10月01日

 七尾市は1日から、市内全域でたばこの吸い殻や空き缶などの投げ捨てを禁止する「市ぽい捨て等防止条例」を施行する。飼い犬や猫のフンの放置なども禁じられ、違反者には罰則が適用される。同市によると、「ぽい捨て」を禁じた罰則付き条例の施行は、県内では金沢、加賀に続いて3例目となる。

 七尾市内では、道沿いでペットボトルなどの投げ捨てが後を絶たず、山林では食品トレーが入ったポリ袋などの不法投棄も目立つため条例の制定を決めた。市は違反者に対し、指導などを行うが、最終的に命令に従わない場合、氏名の公表や過料(1万円以下)の罰則がある。路上喫煙についても、携帯用の吸い殻入れを使用することなど、マナーの推進を求めている。

 今後、ごみの投げ捨ての防止や啓発にも力を入れるため、特に不法投棄が多い同市大田町地区に監視用カメラも設置する。地元の小中学生から「ごみのないきれいなまちづくり」をテーマに募集したポスターのうち、入選作12点を看板にして各所に掲示する。

 「環境美化指導員」の巡回活動も導入する。市民からの公募を含め約60人が、専用の帽子やビブス姿で市内をパトロールし、ごみの投げ捨てや不法投棄に目を光らせる。指導員らが投げ捨てなどを発見した場合は、市へ通報するという。

 条例などに関する問い合わせは、市環境課(0767・53・8421)へ。

|

« クイズや実験でたばこの害学ぶ/常磐小で出前講座 | トップページ | 「外資」狙い撃ち…新たな中国リスクか 巨額罰金、米国訴訟とよい勝負 »

たばこ対策」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106442/57565995

この記事へのトラックバック一覧です: 市全域 ぽい捨て禁止…七尾:

« クイズや実験でたばこの害学ぶ/常磐小で出前講座 | トップページ | 「外資」狙い撃ち…新たな中国リスクか 巨額罰金、米国訴訟とよい勝負 »