« 3月上旬から路上喫煙禁止 兼六園周辺とひがし茶屋街 | トップページ | 「電子たばこ」は多量の発がん性物質を含んでいる »

屋内での喫煙行為 国内全域で3日から禁止に ブラジル

屋内での喫煙行為 国内全域で3日から禁止に ブラジル

http://www.saopauloshimbun.com/index.php/conteudo/show/id/19921/menu/9/cat/1

屋内での喫煙の禁止を定めた禁煙法(Lei antifumo)が3日からブラジル全土で施行となった。2日付エスタード紙(ウェブ版)及び3日付フォーリャ紙が報じた。

 屋内の定義は広く、屋根や壁だけでなく仕切りや天幕で部分的に閉鎖されている空間であっても禁煙法の適用対象となり、今後は自宅、公園、広場、サッカースタジアムの中の覆いが無い場所または一部のたばこ販売所でのみ喫煙が可能となる。ただし例外として、宗教儀式にたばこが必要と認められた宗教施設内での信者の喫煙も許可される。

 広告についても制限され、たばこ販売所で広告用ポスターを張ることが禁止となり、商品の陳列のみが認められるようになる。さらにメーカー側は、商品パッケージの裏側全体と側面の一部に健康へのリスクに関する説明を記載しなければならない。

 法令違反の場合は喫煙が行われた施設側に2000~150万レアルの罰金が科されるほか、営業権がはく脱される可能性もある。しかし、喫煙者への罰則規定はない。

 この法案は2011年に承認されていたが、業界団体との調整に時間が掛かっていた。既にブラジル国内の22州と連邦直轄区で禁煙法は施行されていたものの、屋内での喫煙を禁じていたのはこれまで8州のみだった。今後は全国で一律に適用される。

 厚生省によると喫煙による健康被害で昨年1年間だけで14億レアルも国庫に負担が掛かったという。専門家らは今回の法律の施行を、喫煙を開始する若者の数や喫煙者の吸うたばこの量を減少させるきっかけになると評価している。

 一方、ブラジル・バー・レストラン協会(Abrasel)は同法の施行規則に対して上訴する構えを示している。同協会は「合法的に販売されている商品を消費するという国民の権利を妨げるものだ。また、ブラジルの大半の商店の売り上げが1万2000~1万5000レアルなのに対して罰金額が高すぎる。たばこを吸うのは客なのに店側が罰金を支払うのはおかしい」と不満をあらわにしている。

2014年12月4日

|

« 3月上旬から路上喫煙禁止 兼六園周辺とひがし茶屋街 | トップページ | 「電子たばこ」は多量の発がん性物質を含んでいる »

たばこ対策」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106442/58185593

この記事へのトラックバック一覧です: 屋内での喫煙行為 国内全域で3日から禁止に ブラジル:

« 3月上旬から路上喫煙禁止 兼六園周辺とひがし茶屋街 | トップページ | 「電子たばこ」は多量の発がん性物質を含んでいる »