« たばこの影響で「DNAのメチル化」7領域で変化、女性ではたばこ病との関連も確認 | トップページ | 喫煙者必見、たばこで何人病気になるの? »

「たばこ病」悪化、あるビタミン不足で、慢性閉塞性肺疾患「COPD」の調査結果

「たばこ病」悪化、あるビタミン不足で、慢性閉塞性肺疾患「COPD」の調査結果 http://www.mededge.jp/a/resp/6383

2015年1月2日 5:00 PM

「COPD」は慢性閉塞性肺疾患の略称。肺気腫を含めた呼吸の能力が落ちてしまう病気を総称したものだ。

 ほとんどがたばこを原因とするだけに、いわば「たばこ病」として問題になっている。

 その急激な悪化はよく見られることで、呼吸困難につながり命を落とす場合もある。その背景にはあるビタミン不足があるようだ。

急激な悪化との関係は?

 イタリア、スウェーデンを含む研究グループが、呼吸器分野の国際誌であるレスピラトリー・リサーチ誌2014年12月13日号オンライン版で報告した。

 研究グループは97人のCOPDの人の急激な悪化と関係する要因について分析をしている。

 これまでの報告で低下が見られると疑われていたビタミンDのレベルのほか、前年の肺機能、一緒にかかっている病気、思い切り息を吐いた時の最初の1秒間の呼気量(FEV1)の減少、急激な悪化、入院を見ている。

血液のビタミンD不足が問題に

 結果として、実に96%で血液の中のビタミンDの不足が確認できた。35%は重度の不足となっていた。COPDだとそもそもビタミンDが不足する傾向にあるわけだ。

 重度のビタミンD不足になっていると、急激な悪化と関係があった。悪化が起こる確率がおよそ30倍で、入院する割合も約4倍になっていた。

 ビタミンDはさまざまな病気と関係をしている。注意したい結果だ。

イワシやサケなど魚に豊富

 ライフスタイルとの関係は、子どもだけで関係があるという報告もある(太陽の下で遊ぶと子どものビタミンDが充実、大人では関係なしを参照 http://www.mededge.jp/a/pedi/4346)。

 ビタミンDを血液中でどう増やすかについては、やはり食品から取ると効果が出そうだという報告がある(ビタミンDは2型糖尿病に有効か、「リスクが4割減る」を参照 http://www.mededge.jp/b/heal/4479)。イワシやサケ、ニシンをはじめ、魚に豊富と分かっている。たばこをよく吸うようであれば、意識して食べるとよいかもしれない。

 

文献情報

Malinovschi A et al.Severe vitamin D deficiency is associated with frequent exacerbations and hospitalization in COPD patients. Respir Res. 2014 Dec 13 [Epub ahead of print]

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25496239

|

« たばこの影響で「DNAのメチル化」7領域で変化、女性ではたばこ病との関連も確認 | トップページ | 喫煙者必見、たばこで何人病気になるの? »

たばこの害」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106442/58530690

この記事へのトラックバック一覧です: 「たばこ病」悪化、あるビタミン不足で、慢性閉塞性肺疾患「COPD」の調査結果:

« たばこの影響で「DNAのメチル化」7領域で変化、女性ではたばこ病との関連も確認 | トップページ | 喫煙者必見、たばこで何人病気になるの? »