« 【動画】電子タバコとタバコはどちらが有害か | トップページ | 健康生活 子どもから 県、長寿復活へ副読本作成 »

たばこ病COPDから肺を守る4つの食品、「野菜」「全粒穀物」「ナッツ」「魚の油」

たばこ病COPDから肺を守る4つの食品、「野菜」「全粒穀物」「ナッツ」「魚の油」

http://www.mededge.jp/a/resp/8782

避けたいのは肉やソフトドリンク、喫煙の有無によらない

 「野菜」「全粒穀物」「ナッツ」「魚の油」

 もしたばこが手放せない生活を送っているとしたら、今日からこの4つを意識して食べるといいようだ。

 フランスと米国での研究結果が判明し、有力な医学誌でこのたび発表された。

たばこ病とは?

 フランスの研究者と米国ハーバード大学の研究グループが、国際的に権威のある医学総合誌BMJの2015年2月3日号で報告したものだ。

 なぜ4つの食品を取りたいかといえば、いわゆる「たばこ病」を防ぐことができるからだ。

 慢性閉塞性肺疾患(まんせいへいそくせいはいしっかん、COPD)は、空気の通り道が狭くなって体全体に酸素が行きわたりにくくなる病気だ。専門的には、「肺気腫(はいきしゅ)」や「気管支炎(きかんしえん)」などが含まれる。

 世界中では、死亡原因の3位になっているほどで重要な病気と言える。COPDの最大のリスク要因はたばこで、7割は喫煙者で3割は非喫煙者となっている。

 今回、研究グループは、2つの研究に参加した人に対して、健康な食生活でたばこ病を防ぐ効果があるかを調べた。

食生活は関係ある?

 米国の「看護師健康調査(1984〜2000年)」と「医療専門家追跡調査(1986〜1998)」の登録者の合計12万人以上から、1984〜2000年にCOPDと診断された890人を対象に調べている。女性は723人、男性は167人。

 健康的な食生活の指標である「AHEI-2010」のスコアとの関連を分析している。AHEI-2010のスコアは11の要素から成り立っている。スコアが高くなるのは「野菜」「全粒の穀類」「ナッツ類」のほか、魚の油に含まれる「ポリ不飽和脂肪酸」「長鎖オメガ3脂肪酸」などの摂取。これが要するに4つの食品だ。

 スコアを下げるのは、アルコール、赤身肉、加工肉、精製穀類、砂糖の入った飲料、砂糖入りのソフトドリンクとなる。

肺の慢性病の予防

 結果として、AHEI-2010の点数で分けると、最も健康的な食事をしていると判断できた人は、最も不健康な食事をしていると判断できた人に比べてCOPDのリスクは平均して3分の1近く低くなっていた。

 非喫煙者、喫煙者、禁煙者についても同じ傾向が見られた。男女差は無かった。

 同じ呼吸器の病気であるぜんそくについての関係を見たところ、AHEI-2010のスコアとは関係が無かった。

 慢性の肺の病気にかからないようにするためには、健康的な食事習慣が重要であることを示すものだと、研究グループは強調している。

 今回の研究はたばこを吸うか吸わないかによらない結果、誰しも4つの食品は気にするとよいのだろう。

 

文献情報

Varraso R et al.Alternate Healthy Eating Index 2010 and risk of chronic obstructive pulmonary disease among US women and men: prospective study. BMJ.2015;350:h286.

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25662012

|

« 【動画】電子タバコとタバコはどちらが有害か | トップページ | 健康生活 子どもから 県、長寿復活へ副読本作成 »

たばこの害」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106442/59004300

この記事へのトラックバック一覧です: たばこ病COPDから肺を守る4つの食品、「野菜」「全粒穀物」「ナッツ」「魚の油」:

« 【動画】電子タバコとタバコはどちらが有害か | トップページ | 健康生活 子どもから 県、長寿復活へ副読本作成 »