« たばこで血糖値まで気にしないといけない、「インスリン抵抗性」が問題に | トップページ | たばこの密輸が増加、300万箱を押収 »

脳梗塞 イライラからの酒、たばこ 血管収縮させて発作を誘う

脳梗塞 イライラからの酒、たばこ 血管収縮させて発作を誘う

http://www.zakzak.co.jp/health/disease/news/20150204/dss1502040830001-n1.htm

2015.02.04

 精神的なストレスが直接作用して起きる病気がある一方、間接的な要因となって病気を引き起こすケースもある。そして、かえってそのほうが、病気が重篤であることも…。「脳梗塞」などは、まさにその代表的な例だ。

 Jさん(64)は、小さな同族企業の常務。数年前、一線を退いた創業者のばか息子が社長になり、番頭役を任されていた。

 若社長は仕事には興味がなく、取引先の社長とゴルフをすることが自分の仕事だと思っている。それをおだてて働かせるJさんのストレスは大きい。落ち込む業績とは裏腹に、酒とたばこの量は右肩上がりだった。

 ある朝、歯を磨いたJさんは、口に締まりがないことに気付く。口の端からよだれが垂れている。以前雑誌で読んだ「脳梗塞の症状」を思い出し、妻に事情を説明しようとするが、普通にしゃべることができない。

 救急車で病院へ。検査の結果はやはり脳梗塞。以前から高血圧と動脈硬化を指摘され、数日前には血便も出ていたJさんに、血栓溶解剤を使うのは危険だ。血管内にカテーテルという管状の器具を挿入し、血栓を吸い取る治療が行われた。

 「4年前に保険承認されたペナンブラと呼ばれる技術です」と解説するのは、東京警察病院脳卒中センター長の佐藤博明医師。血管内治療の最新技術の1つで、機械的な血管内治療の中でも安全性の高い技術だという。

 佐藤医師はJさんの脳梗塞の背景に、ストレスの存在を指摘する。

 「ストレスが血栓を作ることは考えにくいけれど、もともと動脈硬化などの素因がある人が、ストレスから酒やたばこに走ると、それが血管を収縮させて、発作を誘引する危険性はある。糖尿病などの基礎疾患がある人も要注意です」(佐藤医師)

 幸いにもJさんは、早期治療とリハビリが功を奏し、日常生活に支障が出ないまでに回復した。

 しかし、Jさんは言う。

 「せっかく治ったけれど、会社は辞めるつもりです。若社長の子守で自分の寿命を縮めるなんてばかばかしいですよ」

 一方、事の重大さに気付いていない若社長は、Jさんの復帰で、「ゴルフざんまいの日々再び-」と喜んでいる。たしかにこんな会社、早めに逃げ出したほうがよさそうだ。 

(長田昭二)

|

« たばこで血糖値まで気にしないといけない、「インスリン抵抗性」が問題に | トップページ | たばこの密輸が増加、300万箱を押収 »

たばこの害」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106442/58836406

この記事へのトラックバック一覧です: 脳梗塞 イライラからの酒、たばこ 血管収縮させて発作を誘う:

« たばこで血糖値まで気にしないといけない、「インスリン抵抗性」が問題に | トップページ | たばこの密輸が増加、300万箱を押収 »