« 歩きたばこストップ! 吹田の「スター」斉藤雪乃さんらが条例改正啓発運動 | トップページ | がん発症も「逆流性食道炎」放置のリスク »

路上喫煙禁止区域を設置へ 松阪が新年度、県内初

路上喫煙禁止区域を設置へ 松阪が新年度、県内初

http://www.chunichi.co.jp/article/mie/20150206/CK2015020602000022.html

2015年2月6日

 松阪市は新年度から、路上喫煙禁止区域を松阪駅周辺など市内四エリアに設ける。禁止区域指定は県内の自治体で初めて。たばこのポイ捨てを防ぎ、三井高利ら豪商や本居宣長ら偉人を輩出した歴史的街並みの景観を守る狙い。松阪市は今後、地元住民と協議しながら禁止区域を順次、拡大していく。

 禁止区域は、松阪市の玄関口の「松阪駅周辺」と旧長谷川邸や三井家発祥地が残る「通り本町・魚町一丁目周辺」「松坂城周辺」、明治、大正時代や昭和初期の古い街並みが残る「市場庄伊勢街道」。うち「市場庄~」を除く三エリアに計五カ所の喫煙場所を設ける。市は今後、禁止区域を知らせる表示=写真=を路面に施すなどして市民や観光客に周知する。

 新年度から市職員が禁止区域を巡回し、違反者は注意する。罰則はないが、指導や勧告に従わない悪質な違反者は氏名を公表する。

 禁止区域の指定は、市が本年度から施行した美化条例が根拠。市長が特に必要と認める場合、禁止区域を設けられる。市は昨年三月、学識経験者や市民十人で対策審議会を発足。先進地の金沢市や滋賀県長浜、彦根両市などを視察するなど議論してきた。

 対策審議会の朴恵淑会長(三重大副学長)らは四日、市役所に山中光茂市長を訪ね、素案を答申した。朴会長は「指定を成功させ、市内に拡大していくことを期待している」と答申書を手渡した。山中市長は「答申を市の計画そのものとして実行させていただく」と述べた。

 (吉野淳一)

|

« 歩きたばこストップ! 吹田の「スター」斉藤雪乃さんらが条例改正啓発運動 | トップページ | がん発症も「逆流性食道炎」放置のリスク »

たばこ対策」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106442/58836454

この記事へのトラックバック一覧です: 路上喫煙禁止区域を設置へ 松阪が新年度、県内初:

« 歩きたばこストップ! 吹田の「スター」斉藤雪乃さんらが条例改正啓発運動 | トップページ | がん発症も「逆流性食道炎」放置のリスク »