« 「疲労」は「血圧」よりも危険、心筋梗塞などの発生リスク、デンマークから報告 | トップページ | 「心筋梗塞になってもたばこはやめられない?」予防を怠る人々、欧州で実態調査 »

郵便局長が禁煙の県庁で喫煙、火災報知機作動

郵便局長が禁煙の県庁で喫煙、火災報知機作動

http://www.yomiuri.co.jp/national/20150306-OYT1T50059.html

2015年03月06日 12時16分

5日午後5時10分頃、松山市一番町の愛媛県庁で、火災報知機が作動した。避難騒ぎはなかった。

 県総務管理課によると、同課職員が煙の出ていた本館1階の郵便局に駆け付けると、郵便局長の男性が「休憩室で吸ったたばこの火が、灰皿の吸い殻に燃え移った」と説明した。

 県庁内は禁煙で、同課は男性を厳重注意した。男性は「禁煙とわかっていたが、喫煙していた。申し訳ない」と反省していたという。

|

« 「疲労」は「血圧」よりも危険、心筋梗塞などの発生リスク、デンマークから報告 | トップページ | 「心筋梗塞になってもたばこはやめられない?」予防を怠る人々、欧州で実態調査 »

たばこ火災」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 郵便局長が禁煙の県庁で喫煙、火災報知機作動:

« 「疲労」は「血圧」よりも危険、心筋梗塞などの発生リスク、デンマークから報告 | トップページ | 「心筋梗塞になってもたばこはやめられない?」予防を怠る人々、欧州で実態調査 »