« 県庁舎内、喫煙が厳しくなります!! 6階屋外喫煙所の廃止など | トップページ | 子どもの誤飲、「薬」が最多 「たばこ」上回る »

子供の誤飲事故、薬が最多 たばこ上回る 13年度厚労省発表

子供の誤飲事故、薬が最多 たばこ上回る 13年度厚労省発表 http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG01H3U_R00C15A4CR0000/

2015/4/1 11:44

 厚生労働省は1日までに、家庭での子供の誤飲事故に関する2013年度の病院モニター報告で531件(前年度比146件増)の事例が寄せられ、医薬品や医薬部外品を誤飲したケースが96件(同39件増)で最多だったと発表した。死亡などの重篤事例はなかった。

 報告制度が始まった1979年度以来トップだったたばこの誤飲は94件。薬が初めてたばこを上回った。厚労省は「細心の注意を払ってほしい」としている。

 全国15施設の協力医療機関のうち、9施設の小児科が診察した事例をまとめた。具体例としては、3歳男児がタンスの上にあった抗てんかん薬の錠剤をお菓子と間違えて食べ、ふらつくなどして病院を受診した例があった。1歳7カ月の男児が母親のバッグから風邪薬を取り出して14錠ほど食べ、軽いぜんそくの症状が出た例があった。

 誤飲した物は薬、たばこの他にペットボトルの包装など食品の付属物や、玩具の部品などがあった。年齢別では、生後6カ月から1歳未満が147件と最も多く、1歳から1歳半未満が130件と続いた。

〔共同〕

|

« 県庁舎内、喫煙が厳しくなります!! 6階屋外喫煙所の廃止など | トップページ | 子どもの誤飲、「薬」が最多 「たばこ」上回る »

たばこ対策」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106442/59510932

この記事へのトラックバック一覧です: 子供の誤飲事故、薬が最多 たばこ上回る 13年度厚労省発表 :

« 県庁舎内、喫煙が厳しくなります!! 6階屋外喫煙所の廃止など | トップページ | 子どもの誤飲、「薬」が最多 「たばこ」上回る »