« NRTって何だ?~60%を超える確率で禁煙が可能~ | トップページ | 子供の誤飲事故、薬が最多 たばこ上回る 13年度厚労省発表 »

県庁舎内、喫煙が厳しくなります!! 6階屋外喫煙所の廃止など

県庁舎内、喫煙が厳しくなります!! 6階屋外喫煙所の廃止など

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150401-00000013-yamagata-l06

山形新聞 4月1日(水)11時42分配信

 本県独自の「やまがた受動喫煙防止宣言」を2月に策定した県は4月1日、県庁舎内にある6階ベランダの屋外喫煙所を廃止する。県に続いて「宣言」を行った県議会も同日から県議事堂内を完全禁煙とする。県は行政、企業、個人などに個別の宣言を行ってもらい、対策を広めたい考えだが、一方で宣言を行った市町村は31日現在でゼロにとどまっている。

 県庁の敷地内には一般県民が利用できる屋外喫煙所として庁舎6階ベランダ、駐輪場、県議事堂正面入り口脇の3カ所がある。このうち分煙措置を講じていた庁舎6階ベランダについては「ドアの隙間から臭いが漏れる」といった指摘があったことや、建物内禁煙の完全実施を掲げる宣言策定を受け、廃止を決めた。

 県健康長寿推進課のまとめによると、県が受け付けた宣言は31日現在、計56件。内訳は小中高校・特別支援学校が42件と最も多く、幼稚園・保育園5件、医療機関4件、事業所2件、個人、ホテル、行政関連が各1件と続いた。

 行政関連の1件は県議会で、市町村からの宣言は寄せられていない。山形新聞社のまとめでは、3町が敷地内禁煙、26市町が庁舎内禁煙を完全実施。6市町村は庁舎内に分煙措置を講じた喫煙所を設けている。また、宣言の策定に向け、具体的な検討に入った市町村はなかった。

 県の宣言では官公庁、大学、美術館など公共性の高い施設については、2017年度までに「敷地内禁煙か建物内禁煙の実施率100%」を目指す。14年度の県の実態調査によると、県内の官公庁施設の実施率は90・2%となっている。同課は「県民、事業所、団体を含めて県民総ぐるみで対策に当たるため、宣言の理念を周知し、取り組みを加速させたい」としている。

山形新聞社

|

« NRTって何だ?~60%を超える確率で禁煙が可能~ | トップページ | 子供の誤飲事故、薬が最多 たばこ上回る 13年度厚労省発表 »

たばこ対策」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106442/59510907

この記事へのトラックバック一覧です: 県庁舎内、喫煙が厳しくなります!! 6階屋外喫煙所の廃止など:

« NRTって何だ?~60%を超える確率で禁煙が可能~ | トップページ | 子供の誤飲事故、薬が最多 たばこ上回る 13年度厚労省発表 »