« たばこの煙は発達中の子どもで特に問題、一生、肺機能が低下 | トップページ | 英学生の5人に1人が電子タバコを経験、普及に警鐘鳴らす声も »

たばこ会社との訴訟支援

たばこ会社との訴訟支援

http://www.niigata-nippo.co.jp/world/economics/20150319169710.html

ゲイツ氏らが基金

 【ロンドン共同】米マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏らが、財政力が乏しい途上国などに対し、たばこ会社との訴訟費用を支援する400万ドル(約4億8千万円)の基金を設けることが18日、分かった。たばこの健康被害を世界的に減らすのが狙い。ロイター通信が伝えた。

 基金は世界有数の資産家とされるゲイツ氏と前ニューヨーク市長のブルームバーグ氏がつくる。

 オーストラリアが2012年に、たばこの箱にブランドロゴなどをつける宣伝を禁止し、健康被害を訴える写真や警告文を入れるよう義務付けたのに対し、たばこ会社は資本力を武器に訴訟を起こしている。

【経済】                        

2015/03/19 10:19

|

« たばこの煙は発達中の子どもで特に問題、一生、肺機能が低下 | トップページ | 英学生の5人に1人が電子タバコを経験、普及に警鐘鳴らす声も »

たばこ対策」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106442/59511057

この記事へのトラックバック一覧です: たばこ会社との訴訟支援:

« たばこの煙は発達中の子どもで特に問題、一生、肺機能が低下 | トップページ | 英学生の5人に1人が電子タバコを経験、普及に警鐘鳴らす声も »