« たばこを吸っていると、双子を産みやすい、さらに遺伝子との関係も判明 | トップページ | ロシアでの日本たばこの売り上げ ほぼ20%落ち込む »

たばこ箱の知財権を侵害=豪のデザイン規制に反対—経団連

たばこ箱の知財権を侵害=豪のデザイン規制に反対—経団連

http://jp.wsj.com/articles/JJ11998251955408513540020454035100166047919

2015 年 5 月 2 日 03:00 JST 更新

 オーストラリアがたばこへの愛好心を抑える目的で、箱のロゴマークなどを禁止した規制に関して、経団連が世界貿易機関(WTO)に意見書を提出したことが1日、分かった。同規制がWTO協定違反に当たるか、現在審理している。経団連は、たばこに限らず商品パッケージの意匠規制は「知的財産権を著しく侵害する」などと懸念する反対意見を表明した。

 豪州が導入したのは、たばこの箱に、あか抜けたデザインで喫煙者の目を引くメーカーのロゴや商標の印刷を認めず、使用する文字の大きさや書体などの画一化を求める「プレーン・パッケージ(PP)」と呼ばれる規制。健康被害を強調する写真や警告の表示も規定している。喫煙の嗜好(しこう)をあおらず、健康被害を軽減する効果があるとの立場だ。

 これに対し経団連は意見書で、PP規制により商品の識別が難しくなり、商品が区別しにくければ競争を阻害しかねない点や、「消費者の(商品)誤認につながる」と指摘。偽造品の製造が容易になることにも警戒感を示した。 

[時事通信社]

|

« たばこを吸っていると、双子を産みやすい、さらに遺伝子との関係も判明 | トップページ | ロシアでの日本たばこの売り上げ ほぼ20%落ち込む »

たばこ対策」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106442/59917977

この記事へのトラックバック一覧です: たばこ箱の知財権を侵害=豪のデザイン規制に反対—経団連:

« たばこを吸っていると、双子を産みやすい、さらに遺伝子との関係も判明 | トップページ | ロシアでの日本たばこの売り上げ ほぼ20%落ち込む »