« 電子タバコの受動喫煙は健康に有害か? アメリカでの議論 | トップページ | 喫煙「罰則付き規制を」53.4% 東京五輪のたばこ対策 »

たばこ対策:東京、喫煙罰則53%賛成…20年五輪に向け

たばこ対策:東京、喫煙罰則53%賛成…20年五輪に向け

http://mainichi.jp/select/news/20150528k0000e040204000c.html

毎日新聞 2015年05月28日 15時00分(最終更新 05月28日 16時21分)

 2020年五輪・パラリンピックに向け、東京も罰則付きの規制で「禁煙化」を−−。国立がん研究センターは28日、たばこ対策に関し東京都民を対象に行ったアンケートで、こんな声が過半数を占めたとの結果を公表した。近年の五輪開催都市は受動喫煙を防ぐため罰則付き法令を整備しており、都民にもたばこの規制強化を求める意識が一定程度広がっているようだ。

 ◇国立がん研究センター調査

 世界保健機関(WHO)が制定した「世界禁煙デー」(5月31日)を前に、センターがホームページで報告した。調査は今年3月、15歳以上の都民を対象にインターネットを通じて実施し、2375人から回答を得た。回答者のうち喫煙者の割合は21.8%だった。

 五輪開催を見据え、東京も環境の禁煙化を進めるべきかどうか選択式で尋ねたところ、「罰則付きの規制(法律や条例)を制定すべきだ」が53.4%を占めた。「罰則なしの規制(ガイドラインなど)を設けるべきだ」も22.2%で、「何も規制をしなくてよい」は10.1%にとどまった。非喫煙者に限ると、6割超が罰則付きの規制を求めた。

 さらに、何らかの規制を求める人に対して「規制の対象にすべき施設」を複数回答で聞くと、医療施設の93.1%が最多。駅や図書館などの公共施設が88.8%で続いた。

 舛添要一知事は昨年8月、受動喫煙防止の条例制定に意欲を示した。しかし、都議会自民党が翌月、小規模店が多い飲食店を条例で一律規制することに対し異議を唱える文書を提出したことを受け、舛添知事は昨年末に条例制定を見送る方針を表明した。アンケートでは、条例制定を見送る方針の是非について「評価しない」が38.1%で、「評価する」の34.2%を上回った。【武本光政】

|

« 電子タバコの受動喫煙は健康に有害か? アメリカでの議論 | トップページ | 喫煙「罰則付き規制を」53.4% 東京五輪のたばこ対策 »

たばこ対策」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106442/60179591

この記事へのトラックバック一覧です: たばこ対策:東京、喫煙罰則53%賛成…20年五輪に向け:

« 電子タバコの受動喫煙は健康に有害か? アメリカでの議論 | トップページ | 喫煙「罰則付き規制を」53.4% 東京五輪のたばこ対策 »