« 韓国、たばこ値上げで販売急減 禁煙治療受診者は28万人に拡大 | トップページ | たばこ購入の年齢を21歳以上に、法案可決 米ハワイ州 »

生活習慣と症状の危険信号 たばこやめられず、塩辛い物好き

生活習慣と症状の危険信号 たばこやめられず、塩辛い物好き

http://www.news-postseven.com/archives/20150505_320473.html

 ゴールデンウィークはいつもと異なる生活リズムとなり、ついつい暴飲暴食をしてしまいがち。しかし、生活習慣の乱れは内臓に負担をかけ、病気のリスクを高めてしまう。体に悪いと言われてきた、この習慣。なんでダメなの?

■たばこがやめられない
 たばこの煙やPM2.5などの微粒子を吸うと、肺の奥まで到達してしまう。蓄積すると肺機能が衰え、肺疾患のリスクが高まる。

■二日酔いするほど飲んでしまう
 肝臓はアルコールだけでなくさまざまな飲食物を分解し、代謝に働きかける。二日酔いは分解が追いつかない時に表れる症状。肝臓に過度な負担がかかっている証拠。休ませないと、他の代謝にも影響する。

■塩辛いものが好きで、体重が増えてきた
 腎機能が衰え、尿を充分作り出せなくなると、むくんで体重が増えることも。塩分のとりすぎや高血圧も腎臓に負担がかかるので注意。

※女性セブン 2015年5月14・21日号

|

« 韓国、たばこ値上げで販売急減 禁煙治療受診者は28万人に拡大 | トップページ | たばこ購入の年齢を21歳以上に、法案可決 米ハワイ州 »

たばこの害」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106442/59917891

この記事へのトラックバック一覧です: 生活習慣と症状の危険信号 たばこやめられず、塩辛い物好き:

« 韓国、たばこ値上げで販売急減 禁煙治療受診者は28万人に拡大 | トップページ | たばこ購入の年齢を21歳以上に、法案可決 米ハワイ州 »