« 妊娠中にたばこを吸うと娘の初潮が早かった | トップページ | 世界禁煙デー記念イベント(5月、東京)のお知らせ »

がん死者20%減、目標達成困難…受診伸び悩み

がん死者20%減、目標達成困難…受診伸び悩み

http://www.yomiuri.co.jp/national/20150521-OYT1T50009.html

2015年05月21日 10時09分

 国立がん研究センターは20日、がんによる死亡者数を2015年までの10年間に20%減らす国の目標について、達成は困難との見通しを明らかにした。

 喫煙率の減少が目標に届かず、がん検診の受診率も伸び悩んでいることから、現状では17%の減少にとどまるとしている。

 国は、がん対策基本法に基づくがん対策推進基本計画で、75歳未満のがん死亡者数(人口10万人当たり)を05年の92・4人から15年に73・9人とする目標を定めた。

 しかし、同センターがこれまでの実績などから推計したところ、76・7人と目標に届かないことが分かった。

 目標を達成するには、喫煙率を05年の24・2%から半減させ、同じく20~30%台だった胃がんや肺がんなど「5大がん」の検診受診率を50%に引き上げることが必要とされた。

 厚生労働省によると、最新の13年の統計では、喫煙率は19・3%、検診受診率は最も高い肺がん(男性)で47・5%だが、女性はすべてのがんで30%台に低迷している。同省は6月1日に初の「がんサミット」を開催し、たばこ対策の強化などを呼びかける方針だ。

|

« 妊娠中にたばこを吸うと娘の初潮が早かった | トップページ | 世界禁煙デー記念イベント(5月、東京)のお知らせ »

たばこの害」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106442/60080269

この記事へのトラックバック一覧です: がん死者20%減、目標達成困難…受診伸び悩み:

« 妊娠中にたばこを吸うと娘の初潮が早かった | トップページ | 世界禁煙デー記念イベント(5月、東京)のお知らせ »