« たばこのテレビCMを禁じる法律はある? | トップページ | 歩きたばこ規制 仙台市議会が条例案提出へ »

たばこ・酒・砂糖の課税強化…有識者懇が提言案

たばこ・酒・砂糖の課税強化…有識者懇が提言案

http://www.yomiuri.co.jp/economy/20150608-OYT1T50085.html

2015年06月08日 18時52分

厚生労働省の有識者懇談会が、健康対策の一環として、2020年までにたばこ、酒、砂糖などへの課税強化を求める提言案をまとめた。

 医療費抑制を目的に、患者の医療費負担について、風邪などの軽い病気は重くし、重病や難病は軽くすることも盛り込んだ。

 提言案は、「保健医療2035」策定懇談会(座長・渋谷健司東大大学院医学系研究科教授)がまとめた。35年までの中長期的な健康対策や医療制度の将来像を示したもので、近く正式決定し、塩崎厚生労働相に提出する。厚労省は、提言を実行するため、省内に推進本部を設置し、財務省などとの調整を進める方針だ。

 現在の課税は、たばこ1本約12円、酒は種類で異なるがビールなら1缶(350ミリ・リットル)で77円、砂糖は消費税のみだ。提言案は、具体的な課税方法などには言及していないが、「あらゆる財源確保策を検討していくべきだ」と指摘した。課税強化で、酒の飲み過ぎや砂糖の取りすぎの防止などにつなげたい考えだ。

|

« たばこのテレビCMを禁じる法律はある? | トップページ | 歩きたばこ規制 仙台市議会が条例案提出へ »

たばこ対策」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106442/60341318

この記事へのトラックバック一覧です: たばこ・酒・砂糖の課税強化…有識者懇が提言案:

« たばこのテレビCMを禁じる法律はある? | トップページ | 歩きたばこ規制 仙台市議会が条例案提出へ »