« SMAP中居、のど腫瘍は「良性」 | トップページ | WHO、禁煙推進でたばこ税の大幅引き上げ提言 »

世界最高齢の女性が116歳の誕生日、長寿の秘訣は「前向きさ」

世界最高齢の女性が116歳の誕生日、長寿の秘訣は「前向きさ」

http://www.cnn.co.jp/fringe/35066987.html

2015.07.07 Tue posted at 10:45 JST

(CNN) 世界最高齢の女性としてギネス記録に認定されている米ニューヨークのスザンナ・マシャット・ジョーンズさんが6日、116歳の誕生日を迎えた。長生きの秘訣(ひけつ)は十分な睡眠、そして愛にあふれた「前向きな活力」だと話している。

ジョーンズさんは1899年にアラバマ州で誕生。10人きょうだいの3人目で、父は綿花畑の小作農だった。

足かけ3世紀にわたるこれまでの人生で、20人の大統領と2つの世界大戦を見てきた。自動車に続いて飛行機が発明され、さらにテレビやインターネットの時代がやって来た。

これまでに世界で一番長生きした人は、1997年に122歳で亡くなったフランス人女性のジャンヌ・カルマンさん。存命中の最高齢者だった米ミシガン州デトロイトのジェラレアン・タリーさんは先月116歳で亡くなり、ジョーンズさんがその座を引き継いでいた。

1923年にアラバマからニューヨークへ移ったジョーンズさんは、住み込みの家政婦、子守りとして働いた。親族の中で最初に生まれた女の子に大学教育を受けさせてあげようと心に決め、実際に3人目までのめいが大学へ通う学費を一手に引き受けたという。今ではおいとめいが合わせて100人もいる。

ジョーンズさんは酒もたばこも口にしない。2005年のニューヨーク市当局とのインタビューでは長生きの秘訣について、「愛と活力に囲まれた生活を心がけている」と語った。

6日は家族が集まって誕生日を祝い、7日には友人や地域住民も招いた盛大な祝賀会が開かれる。

|

« SMAP中居、のど腫瘍は「良性」 | トップページ | WHO、禁煙推進でたばこ税の大幅引き上げ提言 »

たばこの害」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106442/60675145

この記事へのトラックバック一覧です: 世界最高齢の女性が116歳の誕生日、長寿の秘訣は「前向きさ」:

« SMAP中居、のど腫瘍は「良性」 | トップページ | WHO、禁煙推進でたばこ税の大幅引き上げ提言 »