« オーストラリア研究チーム「禁煙したら太る」 | トップページ | 死亡率4倍?たばこ、そもそも有害なのに、なぜ法的に許されている? »

東京都、訪日外国人の受け入れ態勢整備で宿泊・飲食施設の"分煙化"を支援

東京都、訪日外国人の受け入れ態勢整備で宿泊・飲食施設の"分煙化"を支援

http://top.tsite.jp/news/o/24718045/

2015年7月21日 (火) 11:08 配信 マイナビニュース

東京都はこのほど、外国人旅行者が快適に宿泊・飲食施設を利用できるよう、事業者が行う分煙環境の整備に対する補助事業を開始すると発表した。

○JTの分煙コンサルタント派遣も実施

同事業では、分煙に関して技術的な知見を持つ日本たばこ産業(以下、JT)と事業実施協力に係る協定書を締結。JTは無料の分煙コンサルタント派遣などを実施する。

補助対象は、外国人旅行者の受入れに積極的で、ホームページやメニューの外国語表示といった多言語対応に取り組んでいる、または取り組む予定がある宿泊・飲食施設事業者のうち、都内の宿泊施設、あるいは都内の飲食店で中小企業者に該当するものとなる。

補助金額は、補助対象経費の5分の4以内で、1施設につき300万円が限度。補助対象経費とは、「喫煙室の設置」「エリア分煙」「フロア分煙の措置に必要な設置・備品購入費、改修整備費など」となる。

2015年7月27日から募集を開始(補助は予算の範囲で、原則受付順)。申請は東京都産業労働局観光部受入環境課環境整備推進担当まで。

|

« オーストラリア研究チーム「禁煙したら太る」 | トップページ | 死亡率4倍?たばこ、そもそも有害なのに、なぜ法的に許されている? »

受動喫煙対策」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106442/60843244

この記事へのトラックバック一覧です: 東京都、訪日外国人の受け入れ態勢整備で宿泊・飲食施設の"分煙化"を支援:

« オーストラリア研究チーム「禁煙したら太る」 | トップページ | 死亡率4倍?たばこ、そもそも有害なのに、なぜ法的に許されている? »