« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

がん予防…林家木久扇さんの体験参考に

がん予防…林家木久扇さんの体験参考に

http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=122517

 がんをどう予防し、どんな治療法があるのか。喉頭がんから復帰した落語家の林家木久扇さんとともにBS日テレ「深層NEWS」に出演した中川恵一・東大病院放射線科准教授は、有効性が確認されている検診の受診率を向上する必要性を訴えた。(構成 読売新聞編集委員 伊藤俊行)

◆中川恵一・東大病院放射線科准教授が予防・治療の現状を解説

 ――番組では、まず林家木久扇さんが、喉頭がん治療の経緯を説明した。のどのかすれなどの自覚症状が出た木久扇さんは、胃がんを経験していたこともあり、ただちに病院で診断を受けることを決断したため、「ステージ2」の段階での発見となった。ステージが進んでいれば、声帯を切除する手術の可能性もあった。木久扇さんは、1度の治療にかかる時間が3分程度で済み、入院せずに治療ができたことに驚いたという。こうした木久扇さんの体験を踏まえ、中川さんががんの予防、治療の現状や、心構えについて、解説した。

◆喉頭がんの要因第一はたばこ

 喉頭がんは、主に声を出す臓器である喉頭にできたがんです。声がかすれてくるという症状が一番重要です。痛みはありません。

 原因としては、たばこが一番です。たばこを吸わない方もなりますが、たばこを吸う方が喉頭がんで亡くなるリスクは、32倍以上にもなります。肺がんでも、喫煙者のリスクは、非喫煙者の5倍ですから、たばこの影響が極めて大きいがんです。

 たばこを吸わない木久扇師匠がかかったのは、受動喫煙が原因かもしれません。

 喉頭がんの患者は、圧倒的に男性が多い。喫煙率の違いもありますが。現在の喫煙率は男性が3割弱、女性は1割と言われています。ただ、がん細胞ができて発見されるまで、20年かかりますから、20年前の男女の喫煙率の差が今、出ているということでしょう。

◆自覚症状出やすく、早期発見がカギ

 がんは苦しい病気、痛い病気というイメージがありますが、基本的には痛みが出にくい、つまり、自覚症状が出にくい病気です。

 その中にあって喉頭がんは、比較的早い段階から声がかすれる症状が出ます。声のかすれが続く症状があったら、耳鼻咽喉科に行くことをお勧めします。

 喉頭がんの場合、声帯にできたものはそれほど転移しません。声帯の上側や下側にできた場合は、転移することも珍しくありません。ただ、がんの中では相対的に治りやすい。ステージ3、4と進むと、声帯をとる手術をしなければならない場合がありますが、喉頭がんは症状が出やすいので、結果的には、それ以前のステージで早期に治療が始められれば、放射線治療を選択できるため、声を保てる利点があります。

◆進化する放射線治療

 放射線治療の場合、1回の治療で、実際に放射線をかけている時間は1分程度でしょう。よく、放射線治療で「焼く」といいますが、患部の温度は2000分の1度ぐらいしか上がりませんし、痛みも何も感じません。いろいろな方向から放射線をあてることがありますが、がんの病巣だけに放射線を集中できれば、いくらかけても正常な細胞に影響はないので大丈夫です。そういう方向に進化しています。

<喉頭がんの照射前後の経過=中川恵一准教授提供>

 一部、正常な細胞にも放射線はかかりますが、ダメージが回復しないがん細胞と異なり、正常な細胞は放射線を受けてもダメージが回復してきます。

 治療後、2週間から1か月くらいで声が出るようになります。がんが治るまで少し時間がかかることと、炎症が治るのに時間がかかるためです。がん細胞自体は、最終的には免疫の細胞が食べて、かさぶたが小さくなるように消えていきますから、少し時間がかかるのです。

 放射線治療の主なメリットは、基本的には入院が要らず、通院で治療できることです。おそらく8割、9割の方は通院で治されていると思います。私が関係している東京都内の病院では、夜10時まで放射線治療をやっていますので、フルタイムで働いた後に通院して受けることができます。仕事をしながら、家事をしながら、治療できることは大きな利点です。

 また、高額医療費制度があり、99%以上は保険でまかなえますので、多くの方は月8万円程度で治療を受けられます。放射線治療に使うリニアックという機械は全国で1000台くらいありますから、全国で受けられます。喉頭がんの場合は発声機能を保てますし、乳がんの場合は乳房を温存し、美容を保てるというメリットがあります。

 ただし、同じ部位で再発すると、多くの場合、放射線治療はできなくなります。別の部位であれば、放射線治療は可能です。

◆大切なのは有効な検診

 日本人でがんの検診を受けている比率は3、4割で、先進国の中でもっとも低いレベルです。欧米では8割近くが受けています。

 がんは一種の老化現象です。日本人は世界一の長生きになってきたので、「日本人の2人に1人ががん」という状況が、「3人に2人ががん」となって、がんになることが当たり前になる時代になりました。早期がんというのは症状を出しませんから、症状がないうち、つまり、「私は元気だ。がんではない」と思っている時にこそ、検査を受けていただきたい。

 腫瘍マーカーを使った検診をやっても、死亡率を下げるという効果が確かめられていませんから、いわゆる「エビデンス」がなく、積極的には薦められません。有効性が確立されている検診をやっていくことが大事です。例えば大腸がんは2日検便するだけです。そんな簡単な検診だけで、大腸がんの死亡率は3分の1ぐらいに下がるのです。

 胃がんは40歳以降、年に1回バリウムを使って、大腸がんは40歳以降、年に1回検便で、乳がんは40歳以降、2年に1回マンモグラフィーを使って検診する。肺がんは年に1回レントゲン。たばこを吸う方は、

たん

にがん細胞がないかどうかみてもらうといいでしょう。子宮頸がんは20歳以降、2年に1回の細胞診を受けることが大事です。

 がん治療でのセカンドオピニオンについては、命がかかった治療ですから、いろいろな意見を聞いたらいいと思います。高額のものを買うときに、慎重に選ぶのと同じように、いろいろな意見を聞くことに遠慮をする必要はありません。

 がんという病気は、命に限りがあるということを教えてくれるところがあって、がんを経験された方は、一回り格上の人間になっておられるような気がします。けれども、がんにならないのに越したことはありません。たばこを吸わないなどの予防をし、それでもがんになるのですから、症状が出たらすぐ病院に行くようにしてください。

(2015年8月26日 読売新聞)

| | トラックバック (0)

自民 飲酒・喫煙年齢引き下げを学生と議論

自民 飲酒・喫煙年齢引き下げを学生と議論

http://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000057555.html

(2015/08/27 08:00)

現在、20歳の成人年齢の18歳への引き下げを検討している自民党の特命委員会は、当事者となる高校生らの意見を聞きました。

 大学1年生:「権利と責任という面では18歳。お酒やたばこに関しては、医学的見地に基づいて決めるべきではないかと」
 高校2年生:「肉体的にはそういう障害が起こるかもしれない飲酒、喫煙というのは20歳からにすれば、そういう身体的な危険というのは避けられるのかなと」
 出席した高校生らからは「18歳は就職や進学で人生の選択をする年齢で、大人として扱うべきだ」「高校を卒業したら自立できる年代であり、飲酒なども高校卒業で解禁で良いと思う」という意見も出されました。自民党の特命委員会はこうした意見も踏まえ、来月上旬にも提言をまとめる方針です。

| | トラックバック (0)

飲酒・喫煙の年齢巡り高校生などから意見

飲酒・喫煙の年齢巡り高校生などから意見

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150826/k10010205151000.html

8月26日 20時51分
自民党の成人年齢に関する特命委員会は、酒を飲んだりたばこを吸ったりできる年齢を引き下げるべきかを巡って、高校生や大学生などから意見を聞き、出席した高校生などからは賛否両論が出されました。
自民党の特命委員会は、選挙権を得られる年齢が引き下げられて18歳以上となったのを受けて、成人年齢を20歳以上と定めている民法などの見直しを検討していて、26日は、酒を飲んだりたばこを吸ったりできる年齢も同様に引き下げるべきか、中学生や高校生、それに大学生から意見を聞きました。
この中では、「選挙権を得る年齢に合わせて18歳にそろえるべきだ」、「18歳、19歳は物事の分別がつく年齢であり、医学的な問題がなければ引き下げてもいい」などと賛成する意見が多く出されました。
一方で、「大学生になって、やっていいことといけないことが判断できるようになってきた。18歳と19歳の2年間は善悪の線引きを考える準備期間として必要だ」という反対意見も出されたほか、「高校を卒業するまでは一律に禁止すべきだ」という指摘が相次ぎました。
特命委員会は、出された意見も参考にして、酒を飲んだりたばこを吸ったりできる年齢を引き下げるべきかどうか、今の国会の会期中に政府への提言をまとめたい考えです。

| | トラックバック (0)

受動喫煙、男性の歯周病3倍に=細菌発育、免疫力低下—東京医歯大など

受動喫煙、男性の歯周病3倍に=細菌発育、免疫力低下—東京医歯大など

http://jp.wsj.com/articles/JJ11499649294524064752918889308683008133232

2015 年 8 月 26 日 05:00 JST 更新

 たばこを吸わない男性でも、受動喫煙により歯周病の危険性が約3.1〜3.6倍に高まるとの調査結果を、東京医科歯科大と国立がん研究センターなどのチームが26日までにまとめた。

 研究チームは1990年に秋田県内在住だった40〜59歳の男女1164人を追跡調査し、2005〜06年に歯科検診を行った。

 調査によると、本人はたばこを吸ったことがないが、家庭で受動喫煙がある男性30人のうち、重い歯周病だったのは11人。家庭に加えて職場などでも受動喫煙がある男性では、37人中13人が重い歯周病で、たばこを吸わず受動喫煙もない場合と比べ、歯周病の危険性はそれぞれ約3.1倍、約3.6倍だった。

 女性の喫煙状況と歯周病の関係ははっきりしなかった。

 研究チームの植野正之同大准教授によると、たばこは歯周病菌の発育を促し、免疫力を低下させるため、喫煙者は歯周病になりやすいと報告されている。今回の調査で、受動喫煙にも同様の危険があると確認できたという。 

[時事通信社]

 

| | トラックバック (0)

大分市:たばこの煙、嫌だったら 施設管理者にカード 受動喫煙防止 /大分

大分市:たばこの煙、嫌だったら 施設管理者にカード 受動喫煙防止 /大分

http://mainichi.jp/area/oita/news/20150825ddlk44010289000c.html

毎日新聞 2015年08月25日 地方版

 たばこの煙にレッドカード−−。大分市保健所は、たばこの煙で嫌な思いをしたら、そのことを建物・場所の管理者に伝えることができるメッセージカードを作製した。健康増進法は多くの人が集まる施設の管理者に受動喫煙防止に向けた対策を取る努力義務を課しており、カードを通じて生活環境の改善を促す。

 カードは名刺大。表面は「きれいな空気、お願いします!」の文とメッセージ記入欄がある。裏面は健康増進法25条の条文と、相談先として保健所の電話番号を記している。

 たばこの煙で迷惑したら、メッセージ欄にそのことを書き、迷惑と感じた場所・建物の管理者に渡して対策を考えてもらう。主に小規模な飲食店を想定しているが、病院や百貨店、公的施設などでも利用できる。

 受動喫煙で吸い込む煙は喫煙者本人が吸う煙に比べ、タールやニコチンなどの有害物が3倍程度多いことが知られている。

 カードは1000枚作製。保健所、市役所・支所、こどもルームなどで配布する。市のホームページからダウンロードすることもできる。

 同保健所は「喫煙者本人ではなく、店員さんや係員さんにそっと渡したり置いていったりして、気持ちを上手に伝えて」と呼びかけている。【池内敬芳】

| | トラックバック (0)

たばこ原因の火災急増

たばこ原因の火災急増

消防署が注意呼びかけ

掲載号:2015年8月27日号

http://www.townnews.co.jp/0117/2015/08/27/296612.html

 神奈川区内でたばこの不始末による火災が増えている。神奈川消防署予防課は注意を呼びかけている。

火種小さく発見遅れる

 過去に区内で発生した火災原因をみると、例年「放火」が最も多く、横浜市全体でも約30年にわたり放火が第1位だという。しかし、8月20日現在、区内で発生した28件の火災のうち、たばこ(8件)は放火(7件)を超えている。

 たばこは火種が小さく、無煙燃焼が起こるため燃えていることに気づきにくい。予防課は「水がたまっていない灰皿に吸い殻を積み重ねているなど、処理には気をつけてほしい」と話している。

| | トラックバック (0)

たばこは「万病のもと」 喫煙との関連、解明進む

たばこは「万病のもと」 喫煙との関連、解明進む

膀胱がんにも影響、糖尿病リスク1.34倍

http://www.nikkei.com/article/DGXKZO90743440Q5A820C1NZBP01/

2015/8/20付

 たばこは健康によくない――。当たり前のようにいわれていることだが、実際にどんな悪影響があるのだろう。がんや糖尿病、精神疾患など様々な病気との関連性が、最近の研究でより詳しく分かってきた。禁煙を三日坊主で終わらせないためには、たばこの害を科学的に知っておくことも有効だ。

 国立がん研究センターのがん予防・検診研究センター予防研究部のメンバーが中心となり、がんと生活習慣などとの関連性が調べられている。日本人を対象とした疫学研究の充実などを踏まえ、7月に喫煙とがんの関連性を約10年ぶりに見直した。

 今回は、膀胱(ぼうこう)がんと、口や喉などの頭頸(とうけい)部がんについて喫煙との関連性を初めて「確実」と指定した。これまで膀胱がんは関係ないと思われがちだったが、たばこの煙に含まれる発がん物質は尿に含まれ排出されるので、膀胱の粘膜は発がん物質との接触機会が多い。肝臓がんは従来の「ほぼ確実」から「確実」に引き上げた。

 この結果、部位別では肺がんなども加えて8種類のがんでリスクの上昇が確実となった。予防研究部の笹月静部長は「喫煙者が何らかのがんにかかるリスクは非喫煙者の1.5~1.6倍」と話す。

 がんだけではない。東京大などの研究成果では、喫煙のほか「高血圧」「運動不足」「塩分の過剰摂取」など、16の危険因子と日本人の死亡の関連を調べたところ、喫煙が原因とみられる死亡者が最も多かった。

 糖尿病のリスクも高める。交感神経を刺激して血糖を上昇させるのに加え、体内のインスリンの働きを妨げる作用があるためだ。喫煙と糖尿病を巡っては、7月に米科学誌に掲載された論文が医師らの間で話題を呼んでいる。

 論文を発表したのは、国立国際医療研究センターを中心とする「J―ECOH」の研究チームだ。喫煙と糖尿病の関連性について、会社員5万3930人のデータを解析した。喫煙者の糖尿病リスクは非喫煙者の1.34倍だった。本数も影響を与え、1日当たり10本以下だと1.23倍だが、同21本以上だと1.51倍とリスクが高まった。

 禁煙年数と糖尿病の関係では、禁煙年数が5年未満だと糖尿病のリスクは非喫煙者の1.36倍で、リスクの低下がみられなかった。だが、5~9年で1.23倍、10年以上禁煙すると1.02倍と下がった。非喫煙者と同等のリスクになるには10年以上かかる。

 国立国際医療研究センター疫学予防研究部の溝上哲也部長は「禁煙5年未満で効果がみられないのは、喫煙の影響がしばらく残るからではないか」と分析する。禁煙後しばらくの間は注意が必要だ。

 J―ECOHは喫煙とうつ病など精神疾患による1カ月以上の長期病休との関連も調べている。データが多く集まった男性では、喫煙と精神疾患による長期病休との関連が認められた。喫煙者のリスクは非喫煙者の1.2倍だった。このほか認知症のリスクになるとの研究結果もある。

 こうした科学的な成果は、論文のままだと一般人にはとっつきにくい。国内外の論文を医療従事者以外も読みやすいようにと、日本禁煙科学会が要約をインターネット(http://www.jascs.jp/)で公表しており、愛煙家には参考になりそうだ。

 要約文の作成に携わり、数多くの論文を読んできたさいたま市立病院の内科科長、舘野博喜医師が驚いたのが、禁煙時の体重増加について調べた海外の研究成果だ。

 禁煙後に増えた体重の4分の1は筋肉など脂肪以外の増加で、健康面でプラス面もある。体重増加は禁煙を拒む理由の一つとされるが、舘野医師は「プラスの効果が分かれば、体重増加も前向きにとらえられるのでは」と話す。

 健康を意識して本数を減らしたり、ニコチンやタールの少ないたばこを吸ったりしても、自分で考えるほどの効果は得られない。舘野医師は「たばこは『ゼロ』でなければならない」としている。

◇            ◇

■日本の喫煙率 世界では高め 男性32%

 厚生労働省の国民健康・栄養調査によると、2013年の喫煙率は19.3%。10年前と比べると8.4ポイント減少した。性別でみると男性が32.2%で、女性は8.2%だった。

 日本の喫煙率は低下傾向にあるとはいえ、海外と比べると高い。経済協力開発機構(OECD)によると、2012年のデータで日本の20.7%に対し、英国は20%、カナダは16.1%、米国は14.2%。特に日本は男性の喫煙率が高く、日本の34.1%に対し、英国は22%、カナダは18.7%、米国は15.9%と開きがある。

 禁煙は早ければ早いほど効果は出る。英国の研究では、25~34歳で禁煙すると、喫煙により失う寿命10年分を取り戻せる可能性があるとしている。これが35~44歳の禁煙だと9年、45~54歳だと6年、55~64歳だと3年と取り戻せる寿命が短くなる。国内でも35歳までの禁煙が望ましいとの報告がなされている。

(辻征弥)

[日本経済新聞夕刊2015年8月20日付]

| | トラックバック (0)

煙とはサヨナラ 加熱式たばこのマールボロ、9月発売

煙とはサヨナラ 加熱式たばこのマールボロ、9月発売 http://www.asahi.com/articles/ASH8L55SXH8LULFA01L.html

2015年8月23日17時35分

 国内たばこ販売2位のフィリップモリスジャパンは9月1日から、火をつけない加熱式のたばこ「iQOS(アイコス)」を東京、大阪など12都道府県で売り出す。煙のかわりに出るのはニコチンを含んだ蒸気。においが少なく、空気を汚さないのが特徴という。ベランダでひっそりとたばこを吸う「ホタル族」を卒業できるかもしれない。

 新たに売り出す充電式のホルダーに専用のたばこを差し込み、加熱して吸う。たばこを吸う人の健康へのリスクを小さくしようと、開発を始めた。発がん性物質などの有害物質の吸収を大幅に減らせる可能性があるとして、実験を続けている。

 ホルダーや充電器などはセットで希望小売価格が税込み9980円。専用のたばこ「マールボロ ヒートスティック」は20本入りで税込み460円。レギュラー、メンソールなど4種類。

| | トラックバック (0)

たばこ新時代を切り拓く革新的な加熱式たばこ「iQOS」、日本で販売本格化=フィリップモリス

たばこ新時代を切り拓く革新的な加熱式たばこ「iQOS」、日本で販売本格化=フィリップモリス

http://news.biglobe.ne.jp/economy/0827/scn_150827_5070902926.html

サーチナ8月27日(木)12時0分

 フィリップ モリス ジャパンは2015年9月1日、火を使わず、灰が出ない、ニオイも少ない、しかも、本物のたばこ葉を使って従来のたばこに近い味わいを実現したという革新的な加熱式たばこ「iQOS(アイコス)」と、iQOS専用たばこ「マールボロ ヒートスティック」の全国展開を開始する。8月26日に東京・恵比寿でメディア向けの説明会を開催し、「iQOS」の革新性や、日本で世界に先駆けて発売するに至った経緯などを説明した。

 フィリップ モリス ジャパンのマーケティング iQOS ディレクターのアショック・ラモハン氏は、「フィリップモリスは、喫煙関連疾病を発症するリスクを低減する可能性のある製品の開発と、紙巻きたばこと比較したリスク低減能力の科学的実証のために、2008年から2014年までに20億ドル(約2400億円)以上を投資してきました。『iQOS』を含む新型製品を開発し、現在、その評価をしているところですが、非常に興味深い成果を得ることができました」と語り、「iQOS」を「テクノロジーと美しさの融合」と紹介した。非臨床試験評価では「iQOS」で加熱することで「マールボロ ヒートスティック」から出るたばこベイパー(水蒸気)に含まれる有害および有害性成分の量は紙巻きたばこの煙に含まれる量に比べて大幅に削減されているという。

 そして、マーケティング iQOS マネージャーの須賀忠徳氏は、「たばこ市場に変革をもたらすゲームチェンジャー」と、従来の紙巻きたばこから「iQOS」への切り替えが進展するだろうと期待を込めた。

 また、世界に先駆けて日本で発売に踏み切った背景について、「海外に比べて清潔に対する意識が高く、煙に対しての嫌悪感や、落ちる灰、付着するヤニ汚れ、ニオイなどに敏感であるため、『iQOS』が受け入れられる土壌がある」(ラモハン氏)とした。そして、2014年11月から名古屋で地域限定販売した結果、愛煙家からポジティブな反響が多く寄せられたことで、日本での成功に自信を深めたと語っている。

 実際に、「iQOS」を経験した人からは、「たばこを吸ったときの煙がほとんどなく、服や髪にニオイも付きにくいから屋内でも楽しめる」、「たばこを置いた時に煙が出ないのがうれしい」、「車やカラオケボックスのような狭い空間でも楽しめる」など、従来の火をつける紙巻きたばこで感じていた周囲に不快を与えているのではないかという喫煙のストレスが軽減するという、肯定的な反響が多く寄せられているという。

 「iQOS」は、「マールボロ ヒートスティック」を燃やさず過熱することによって、紙巻きたばこの喫煙から得られる味わい、感覚、および、使用感の多くを再現できるように設計されている。iQOS専用たばこ「マールボロ ヒートスティック」を加熱する「iQOSホルダー」は4分間の充電で約6分間、14回の吸引という通常たばこ1本を吸い終える使用ができる。また、「iQOSホルダー」に充電する「iQOSポケットチャージャー」は90分間の充電で「iQOSホルダー」が約20回利用できるフル充電状態になる。「iQOSホルダー」、「iQOSポケットチャージャー」や専用ACアダプターなどをセットした「iQOSキット」の販売価格は9980円(税込)。

 「マールボロ ヒートスティック」は4種類。「レギュラー」は深く豊かな味わい、「バランスドレギュラー」はバランスのとれた洗練されたたばこの味わい、「メンソール」は力強い爽快テイスト、「ミント」は軽快な爽快テイスト。須賀氏は、「名古屋の先行発売においては、従来の紙巻きたばこではレギュラー味を使っていたが、『iQOS』ではメンソール味が自分にぴったりだったという成人喫煙者の声も多くあったため、是非、それぞれのテイストを試していただき、ご自身の好みに合ったテイストを選んでいただきたい」と語っている。販売価格は1箱20本入りで各460円(税込)。

 「iQOS」の販売チャネルは、iQOS専用の旗艦店「iQOSストア」を名古屋に続いて、東京・表参道、大阪・心斎橋にオープンする。また、主要コンビニエンスストアチェーンやたばこ販売店など、紙巻きたばこの販売チャネルでも取り扱う。さらに、iQOS専用WEBサイトでもiQOSが購入できる。

 また、「iQOS」についての使い方や疑問などに答える専用カスタマーセンター「iQOSケア」を設けて、電話やメールでの問い合わせに対応。さらに、「iQOSストア」や、全国63店舗のたばこ販売店と提携した「iQOSサービスステーション」を設置して質問等に答える。

 さらに、「iQOS」の新発売を記念して、iQOS専用サイトへの事前登録、および、専用アプリのダウンロードを行うと「iQOSキット」を4600円オフの特別価格で提供するという。(編集担当:風間浩)

| | トラックバック (0)

フィリップモリス:煙や灰が出ない加熱式たばこを全国展開

フィリップモリス:煙や灰が出ない加熱式たばこを全国展開

http://mainichi.jp/bizbuz/news/20150818dog00m020000000c.html

2015年08月19日

 フィリップモリスジャパンは18日、火を使わず煙や灰が出ない加熱式たばこ「iQOS(アイコス)」を9月1日から全国で順次発売すると発表した。専用のパイプでたばこ葉を電気的に加熱し、ニコチンを含む蒸気のような「たばこベイパー」を発生させ、吸引するたばこで、昨年11月から名古屋市で限定販売し、喫煙者の好意的な評価を得たことから、今回、全国展開することになった。

 親会社のフィリップモリスインターナショナルは、喫煙者に喫煙よりも健康リスクの低い新たな選択肢を提供しようと「たばこハーム・リダクション」をコンセプトに研究開発を行っており、アイコスはその最初の製品として発売した。

 「アイコスホルダー」と呼ばれるパイプに、長さ45ミリの「ヒートスティック」と呼ばれる専用のたばこを差し込み、加熱させて使用する。葉を燃やす紙巻きたばことは違い、燃焼させず加熱するだけなので煙や灰が出ず、においも少ないのが特徴。煙が出ないことから、紙巻きたばこと比べ、周囲の人に不快な思いをさせにくいとしている。

 価格はアイコスホルダーとチャージャーなどがセットになった「アイコスキット」が9980円で、カラーバリエーションはネービーとホワイトの2色。ヒートスティックはレギュラーやメンソールなど4種類を用意し、価格はそれぞれ1箱(20本入り)460円。全国のコンビニエンスストアやたばこ店などで取り扱う。

 この日、東京都内で記者発表会が開かれ、フィリップモリスジャパンのローラン・ボアサール社長は「火を使わず、灰も出ず、においが少なく、本物のたばこの味わいを楽しんでいただける製品。今回の全国展開は、日本の成人喫煙者にとって、紙巻きたばこに変わる新しい技術的進歩の幕開け」とアピールした。

| | トラックバック (0)

【写真特集】紫煙に覆い隠された、たばこ産業の現実

【写真特集】紫煙に覆い隠された、たばこ産業の現実

http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2015/08/post-3854.php

BEHIND THE SMOKESCREEN

世界的に見れば喫煙者数はむしろ増加傾向。この産業がはらむさまざまな問題点とは

2015年8月25日(火)16時30分
Photographs by Rocco Rorandelli-TerraProject
       

タバコの葉を仕入れる際に品質をチェックするインドのたばこ会社のテイスターは、仕事のために1日当たり100本ほどの葉巻きたばこを吸う

 400年という長い歴史を持つたばこ産業は現在、健康への影響を懸念する先進諸国では大きな変化の時を迎えている。喫煙者数は減少し、広告の制限や公共スペースの禁煙化など政府による規制も進んでいる。

 しかし世界的に見れば、喫煙者数はむしろ増加傾向にある。WHO(世界保健機関)によれば、その数は10億人以上。生産地も先進国から新興国へ移行。たばこメーカーはより賃金の安い労働者を雇うことで、世界経済が金融危機で大きく減退した後も利益を増やし続けている。

 たばこを取り巻く各国の現状を追い、写真に収めたロッコ・ロランデッリの作品からは、この産業がはらむさまざまな問題点を見て取ることができる。

 生産現場では、濡れたタバコの葉に触ることで起こる中毒症状「グリーン・タバコ病」に未成年の労働者までが苦しんでいる。規制が甘く、いまだに広告活動が盛んな国では、未成年者の喫煙率の高さも大きな社会問題だ。インドネシアでは、子供の30%が10歳までにたばこを吸い始めるという。

 闇市場での取引や偽造たばこの存在も、こうした問題の実態を正確に把握し、対応する上で大きな障害になっている。安くて粗悪な偽造たばこが、生産者から消費者に至るまであらゆる人々の健康をより危険にさらしているということだ。

 その結果、喫煙が要因となって発症した癌により、毎年600万人が命を落としている。

 先進国では健康関連の予算のうち最大10%が、喫煙しなければ防げたかもしれない癌の治療に使われている。アメリカでは喫煙関連の医療費が毎年960ドルに上る。それでも、予算が足りずに必要な治療が受けられるのはごく一部の人だけ、という途上国に比べればまだ恵まれているのだろうが。

pptobacco02re.jpg

タバコの葉を収穫するブルガリアの少年。素手で葉に触ることで皮膚からニコチンを吸収し、グリーン・タバコ病にかかる危険性がある

pptobacco03re.jpg

欧州最大の生産国であるイタリアのタバコ畑。近年では政府からの助成金が減ったことで、生産の多くがアジアなどに移行している

pptobacco04re.jpg

インドのタバコ畑で収穫作業を行う農家。たばこは多くの税収と雇用を生み出すが、最終的に農家が受け取る利益はそれほど多くない

pptobacco05re.jpg

イタリアの工場でタバコの葉の選別をする労働者。先進国でありながら、マスクや手袋などで有害物質を取り込まないようにする工夫は見られない

pptobacco06re.jpg

ドイツのミュンヘンで開かれたたばこの見本市で。毎年、各国で開催され、包装のための機械メーカーなど、多数の関連企業が参加する

pptobacco07re.jpg

アメリカのタバコ畑で。2.6平方キロメートルもの広大な畑で、12万ドルほどする高価なトラクターを使って収穫を行っている

pptobacco08re.jpg

中国のたばこ工場。最先端の全自動式マシンを使用しているこの工場は、年間の国内生産量のおよそ12%を担っているという

pptobacco09re.jpg

製品をアピールするインドネシアの女性たち。ほとんどが学生のアルバイトだ。この国では今も多くのイベントでたばこの宣伝が派手に行われる

pptobacco10re.jpg

たばこを吸う15歳のインドネシアの少年。この国の喫煙者人口は5700万人、中国とインドに次いで世界で3番目の多さだ

pptobacco11re.jpg

チュニジアから到着した船に乗ってきた車を検査するイタリアの国境警備隊。この国は欧州の中で、たばこ密輸の玄関口になっている

pptobacco12re.jpg

肺癌患者の手術の準備をするイタリアの外科医。世界で毎年多数の肺癌患者が生まれるが、早期発見できれば手術で助かるケースも

pptobacco13re.jpg

喫煙が要因とみられる癌で、放射線治療を受けるインドネシアの男性。この国ではこうした治療に国の補助はないため、受けられる人は限られている

pptobacco14re.jpg

イタリアの癌センターに保管されている癌細胞のサンプル。このセンターでは治療のほか、さまざまな研究や医師の育成も行われている

pptobacco15re.jpg

乾燥させるため、タバコの葉を小屋に押し込むアメリカの農家の人々。設備投資には金が掛かるが、葉の買い上げ価格は下がる一方だと不満を漏らす

| | トラックバック (0)

歯周病リスク、受動喫煙が喫煙より高い数値-男性に顕著な傾向、国がんなどの研究

歯周病リスク、受動喫煙が喫煙より高い数値-男性に顕著な傾向、国がんなどの研究

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150821-00000002-cbn-soci

医療介護CBニュース

8月21日(金)17時44分配信

 たばこを吸わない人でも、ほかの人のたばこの副流煙にさらされると歯周病リスクが高まるという研究結果を国立がん研究センターと東京医科歯科大の共同研究グループが発表した。男性の非喫煙者で、家庭と家庭以外で受動喫煙した人の場合、非喫煙者で受動喫煙の経験がない人に比べリスクは約3.6倍となり、喫煙者のリスクを上回る結果だった。このため、同グループは喫煙者に対し、「自分や家族の健康のために禁煙を」と呼び掛けている。【室谷哲毅】

 この研究は、生活習慣とがんなどの生活習慣病との関連について追跡調査する多目的コホート研究の一環として実施された。1990年の生活習慣などのアンケート調査に答えた、秋田県横手保健所管内に住む40-59歳の男女を対象に、歯科アンケート調査への回答と歯科検診を受けてもらい、そのうち1164人(男性552人、女性612人)を対象に解析した。

 対象者を男女別に「受動喫煙経験のない非喫煙者」から「喫煙者」まで6つのグループに分けるとともに、6ミリ以上の歯周病ポケットが1歯以上ある場合を重度の歯周病と定義した上で解析したところ、男性の場合、受動喫煙経験のない非喫煙者に比べて、喫煙者の重度の歯周病リスクは約3.3倍に跳ね上がった。

 しかし、非喫煙者でも家庭と家庭以外で受動喫煙経験のある人の場合は約3.6倍と喫煙者を上回る数値となった。家庭のみで受動喫煙経験のある非喫煙者も約3.1倍と高かった。家庭以外のみの受動喫煙の場合は約1.3倍だった。ただ、女性については喫煙・受動喫煙の状況と歯周病との間に関連は見られなかったという。

 たばこのニコチンは、歯周病を引き起こす歯周病菌の発育を促進し、その病原性を高める働きがある。また、喫煙そのものが全身の免疫力を低下させ、歯を支える組織の破壊を助長するため、歯周病菌に感染しやすくなる。受動喫煙でも同様のメカニズムが働くと推察されるという。

 研究グループは、「喫煙は歯の健康を低下させるリスク要因であることが確認された」とした上で、「歯周病は糖尿病など他の病気のリスク要因でもあるので、予防や治療を心掛ける必要がある」としている。

| | トラックバック (0)

受動喫煙で男性の歯周病リスク3倍 東京医科歯科大など

受動喫煙で男性の歯周病リスク3倍 東京医科歯科大など

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150825-00000019-asahi-soci

朝日新聞デジタル 8月25日(火)7時16分配信

 男性はたばこを吸わなくても受動喫煙によって歯周病になるリスクが3倍以上高まる、とする調査結果を東京医科歯科大と国立がん研究センターがまとめた。

 研究には、1990年に秋田県に住み、喫煙者かどうかや受動喫煙の経験などを尋ねた当時40~59歳の男女約1500人が参加。2005年に歯科検診などへの協力を求め、06年までに受診し解析可能な1164人(男性552人、女性612人)について調べた。

 男性でみると、重度の歯周病と診断されたのは、たばこを吸わないが家庭で受動喫煙があった場合では30人中11人、家庭に加えて職場などでも受動喫煙があった場合は37人中13人だった。たばこを吸わず受動喫煙もない場合と比べると、歯周病になるリスクはそれぞれ約3・1倍、約3・6倍。喫煙者のリスクは約3・3倍で、ほぼ同じだった。

 一方、女性では、受動喫煙と歯周病との関連は認められなかった。理由はわからないとしている。         

朝日新聞社

| | トラックバック (0)

生駒市:「路上禁煙」条例制定へ 来月2日まで意見募集 /奈良

生駒市:「路上禁煙」条例制定へ 来月2日まで意見募集 /奈良

http://mainichi.jp/area/nara/news/20150820ddlk29010545000c.html

毎日新聞 2015年08月20日 地方版

 生駒市は路上喫煙防止条例を制定する方針を決めた。受動喫煙やたばこの火によるやけど、吸い殻のポイ捨て防止などが目的で、全市域で路上喫煙を禁じ、罰則規定(過料2万円)も盛り込む意向だ。市の考え方について市民の意見を聴くパブリックコメントを9月2日まで実施中で、市は今年度中の議会提案を目指している。

 生駒市によると、県内で同様の条例は奈良、大和郡山両市と王寺町が制定している。生駒市は2011年1月施行の「まちをきれいにする条例」で、ごみのポイ捨て▽ペットのふん放置▽落書きの禁止と共に、公共の場所での喫煙制限を規定。新たな条例で喫煙制限を明確化する。

 新条例では、近鉄生駒駅一帯などを想定し、人通りが多く、特に規制が必要な地域を「路上喫煙禁止重点地区」として指定する規定を設ける方針。同様に禁止地区を定める王寺町の条例に罰則はないが、生駒市は過料2万円の規定がある「まちをきれいにする条例」との整合性から盛り込む意向だ。

 ただ、罰則の適用は重点地区で路上喫煙し、さらに勧告、命令に従わなかった場合、弁明の機会を与えた上で行う慎重な手続きとする。違反現場での過料の徴収は基本的に行わないという。

 意見募集について詳しくは市環境モデル都市推進課(0743・74・1111)。【熊谷仁志】

| | トラックバック (0)

中国人による有害物質の不始末で迷惑をこうむっている日本海沿岸

中国人による有害物質の不始末で迷惑をこうむっている日本海沿岸

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20150821/dms1508210830009-n1.htm

2015.08.21

中国・天津で起きた爆発事故は、大惨事となった。出火の原因は不明だが、火の不始末があったことは間違いないだろう。

 そんな中、日本海沿岸に漢字表記がある缶が漂流してきた。読むと、「南洋兄弟烟草有限公司」とあり、上海にあるたばこメーカーが製造したものだった。

 昭和の時代には、ピースの缶が居間にある家庭が珍しくなかった。ヘビースモーカーが多いのか、中国では今も缶たばこが流通しているようだ。中を開けると、真っ黒の吸い殻がたくさん出てきた。日本海沿岸は中国人による有害物質の不始末で迷惑をこうむっている。 (金正太郎)

| | トラックバック (0)

有害物質9割減!? フィリップモリス次世代タバコの勝算

有害物質9割減!? フィリップモリス次世代タバコの勝算

http://diamond.jp/articles/-/77033

紙巻きタバコの煙に含まれる数々の有害物質の削減に成功した、火を使わないタバコを全国で発売するフィリップモリスジャパン。紙巻きタバコユーザーの心をつかむ事ができるだろうか?

20億ドルをかけて開発した
“害の少ないタバコ”

「短期的には紙巻きタバコも併売しますが、長期的には、すべてiQOSに替えていただければ。最大かつ、最善の代替物だと思っています」――。フィリップモリスジャパンが9月から順次、全国で販売する次世代タバコ「iQOS(アイコス)」。同社のローラン・ボアサール社長は、こう自信のほどを語った。

 iQOSは火を使わず、タバコ葉を電子機器で加熱して吸うもの。紙巻きタバコとも違うが、リキッドを加熱して吸う、いわゆる電子タバコとも異なる商品だ。

 健康被害が大きいとされる紙巻きタバコの有害物質を極力削減し、一方で味わいや喫煙体感はなるべくそのままに。そんなコンセプトで開発された次世代のタバコだ。

 これまで開発にかけたコストは20億ドル(およそ2500億円)に上る。機器の開発はもちろんのこと、喫煙者本人や、周辺の人々に与える害が本当に少ないのかどうか、医薬品と同等の非臨床試験と臨床試験を行っているためだ。

 iQOSを吸うと白い煙のようなものが出るが、これは煙ではなく蒸気。紙巻きタバコの煙には、ニコチンのほかにも多数の有害物質(ホルムアルデヒド、アセトアルデヒド、一酸化炭素、ベンゼン、トルエンなど)が含まれることが分かっている。ちなみに、タールと呼ばれるものは、実はこうしたニコチン以外の有害物質の総称。紙巻きタバコの煙の主成分は、水とニコチン、そしてこれら有害物質の集合体であるタールだ。

 iQOSは蒸気しか出ないため、紙巻きタバコの煙と同じ測定方法は使えない。そのため単純な比較は難しいのだが、「蒸気中の成分のほとんどは水とニコチン、そしてグリセリン」(フィリップモリスジャパン)。一方、さまざまな有害物質については、58の物質について蒸気を測定したところ、紙巻きタバコに比べて、平均で9割以上は減っていた。つまり、タール内の有害物質も大幅に削減できているということだ。

 iQOSを吸った部屋の空気も測定したが、「何も吸わない部屋と、ほぼ同等という結果が出ました」(同)。つまり、紙巻きタバコで嫌われる副流煙被害も、ほぼないのだ。実際、禁煙の編集部でiQOSを吸っても、ニオイはほとんど気にならなかった。

激減する紙巻きタバコ市場
電子タバコも健康被害は未知数

 蒸気に含まれる有害物質の量は激減したが、本当に人体に影響が少ないのか。それを調べるために現在進めている臨床試験(吸った人の体内での吸収量)では、14種類の有害物質について調べている。紙巻きタバコの喫煙者に被験者となってもらい、(1)そのまま紙巻きタバコを吸う、(2)iQOSに切り替える、(3)禁煙する――の3グループに分けて体内の有害物質量を測定するのだ。

 これらの試験結果はまだすべて出ておらず、現段階で健康被害が大きく減らせるとは断言できない。しかし、「途中段階で出ているデータはどれも、心強いものでした」(ボアサール社長)。もしこうしたデータが出そろって本当に期待通りであることが証明されれば、がんばって禁煙するか、それとも周囲の白い目に耐えつつ、喫煙を続けるかの選択肢しかなかった喫煙者たちにとって、第3の心強い選択肢が誕生することになる。

 タバコメーカーが、こうした代替物を躍起になって開発する背景には、世界的な紙巻きタバコ敬遠の流れがある。日本でも1996年度の約3500億本をピークに販売数量は減少を続けており、2014年度は約1800億本と半分にまで落ち込んだ。

 紙巻きタバコの代わりに販売が広がっているのが、電子タバコだ。日本では旧薬事法の関係で、承認なしでニコチンを入れられないため、いまいちブームになっていないが、海外ではニコチン入りが販売でき、紙巻きタバコの代替物として人気を集めている。

 電子タバコも、紙巻きタバコに比べて有害物質がかなり少ないと期待されたからだ。そして、iQOSと同じように蒸気しか出ないため、周辺への影響も小さいことも、人気を集めた要因だ。ゴールドマンサックスは13年、「8つの創造的破壊分野」として、3Dプリンターなどとともに、電子タバコを成長可能性の高い製品に挙げた。

 しかし、本当に有害物質が少ないのかどうか、iQOSのように大規模な試験で実証されたものはない。それどころか、製品によって加熱する液体内の物質が違っており、モノによっては紙巻きタバコよりも高い濃度のホルムアルデヒド(発がん性物質)が検出された例もある。世界保健機構(WHO)は昨年、健康リスクが否定できないと注意を呼びかけた。

JTの競合品も好評
どれだけ社会に受けいれられるか

 成長分野として期待された電子タバコにも“物言い”がつき始めた今、健康被害の懸念を極力少なくして、かつそれを証明しない限り、タバコメーカーに生き残る道はない。

 実際、電子タバコが普及した英国やポーランド、イタリアなどではその後、普及率が頭打ち、もしくは低下している。たとえばイタリアでは、喫煙者の電子タバコ認知度は96%だが、実際に購入した人の割合は5%から15%に上昇しただけ。安全性への懸念もさることながら、紙巻きタバコに準じるレベルの喫煙体験の再現ができていないことが理由のようだ。

 iQOSが目指すのは、紙巻きタバコからのスイッチだ。そのためには、紙巻きタバコと同じような味わいや喫煙体験を再現する必要がある。口元のフィルターも紙巻きタバコと同じものにするなど、細部にまでこだわったという。昨年11月から、名古屋限定で先行販売をしていたが、完全にiQOSにスイッチするお客も少なくない。

 競合製品と言えるのは、日本たばこ産業(JT)の「Ploom(プルーム)」だ。iQOSに先行して、13年12月から販売をスタートさせた。細かな点では違いがあるものの、電子機器でタバコ葉を加熱して蒸気を吸うという仕組み(日本ではパイプたばこに分類される)は、iQOSと同じ。こちらも、じわじわと市民権を得ている。

 しかし、たとえ蒸気でほとんどニオイがしないとは言え、“タバコ”であることは確か。社会でどの程度受け入れられるのか、まだまだ未知数だ。そのためにも、フィリップモリスの試験結果が待たれるところだ。

 フィリップモリスは現在、iQOSのほかにも3種類の「害の少ないタバコ」の開発研究を行っている。果たして最新鋭のテクノロジーは、禁煙せずに喫煙者が救われる製品を世に出しうるのだろうか。

(ダイヤモンド・オンライン編集部 津本朋子)

| | トラックバック (0)

JTIたばこ工場に反対の市民団体、建設中止求め監察院に陳情/台湾

JTIたばこ工場に反対の市民団体、建設中止求め監察院に陳情/台湾

http://japan.cna.com.tw/news/apol/201508170004.aspx

【政治】 2015/08/17 15:34

(台北  17日  中央社)消費者文教基金会など複数の市民団体は17日、行政機関の監督を担当する監察院を訪れ、台南市内に計画されているJTインターナショナル(JTI)のたばこ工場の建設中止を求める陳情を行った。

団体の関係者は、関連の条例では国民の健康に悪影響を与える事業に関して外国人による投資を禁じていると指摘。経済部(経済省)が建設を許可したことは規定に反するなどと主張した。

また、台南市の頼清徳市長に対しても建設反対を表明するように呼びかけ、次の世代のためにも、自治体首長が適切な対応を取るべきだと語った。

(呂欣ケイ/編集:齊藤啓介)

| | トラックバック (0)

交番休憩室で出火、警官のたばこ不始末か 大阪・西成

交番休憩室で出火、警官のたばこ不始末か 大阪・西成

http://www.asahi.com/articles/ASH8H77Q6H8HPTIL01X.html

2015年8月15日22時55分

15日午後5時ごろ、大阪府警西成署の太子(たいし)交番の休憩室から出火し、壁や天井の約3平方メートルが焼けた。西成署によると、灰皿の吸い殻を水に浸して捨てていた段ボール箱付近が激しく焼けており、火の不始末が原因と説明している。

 西成署によると、太子交番は建て替え中で、大阪市西成区太子1丁目の民間ビルの一部を借り、2階の一室を休憩室として利用していた。午後5時前にビルの火災報知機が鳴り、1階の交番にいた署員が調べると休憩室から煙が出ていたため、119番通報した。間もなく消防が消し止めた。けが人はなかった。

 同署によると、交番や休憩室ではたばこを吸わないよう指導していたという。

| | トラックバック (0)

たばこの害は知っていても、マリファナや電子たばこは健康に影響はないと考えている

たばこの害は知っていても、マリファナや電子たばこは健康に影響はないと考えている
米国の若者を調査した報告

https://www.mededge.jp/a/resp/17825

2015年8月20日 5:00 AM

 米国の若者はたばこの害はしっかり認識しているが、マリファナや電子たばこに関してはほとんど正確な情報を持っていない。

若者の電子たばこは1年で3倍に

 米国スタンフォード大学医学部の研究グループが、若い人の健康についての国際誌であるジャーナル・オブ・アドルセント・ヘルス誌2015年6月23日号で報告したものだ。

 ある調査では、米国の中学校・高校生の電子たばこの使用は2013年から2014年で3倍になったという。

 電子たばこは火を使うたばこよりもタールと発がん性物質の発生が少ないとされているが、その安全性には疑問の声が出ている(電子たばこ「制限や禁止を」国際見解、火を使うたばこと比べた安全性が不明を参照)。

 今回の調査では、この年代の子どもが最もよく使用するたばことして、既存のたばこの存在が薄らいでいると分かった。

 研究グループは、米国の高校生を対象に、たばこ・電子たばこ・マリファナについて、どの程度の知識を持っているのかについて調査した。

北カリフォルニアの高校生を調査

 研究グループは、薬物使用の割合が比較的高い地域である北カリフォルニアの高校生24人を対象に調査した。

 参加者は小グループごとのディスカッションを行い、既存のたばこ・電子たばこ・マリファナの害や利益について、どのような考えを持っているか、どのようなことを知っているかについて話し合った。

 研究グループは、このディスカッションの内容を解析した。

電子たばこやマリファナに対して不健康のイメージはない

 その結果、既存のたばこについては、歯が黄色くなる・息がにおうなど良いイメージはなく、病気のリスクについても十分に理解していた。

 マリファナについては、吸うと気分が高揚するという良いイメージを持っており、たばこより安全で依存性が少ないと考えていた。マリファナに健康のリスクがあることへの認識はなかった。

 電子たばこについては、良いものであると考え、リスクについては認識がなかった。

もっと情報を伝えるべき

 研究グループによると、米国の若者が、この3つの製品について得ている情報源はさまざま。メディア、家族、教師は既存のたばこの使用には警告が出ている一方で、マリファナや電子たばこについて注意をもっと促す必要があると見る。

 マリファナに関しては、たばこと同じように使用をやめるようにとのメッセージを受け取ったとしても、仲間の間で流行していれば、使用を促されたときに拒否するのは難しい。

 電子たばこについてはほとんど情報が少ない上に、家族がたばこをやめるのに電子たばこを使っていたり、仲間が使っているところを見たりすれば、影響を受けるだろう。

 研究グループは、今後この調査結果をマリファナや電子たばこに関する情報の作成に役立てることができると考えている。

 マリファナや電子たばこの依存性の可能性や、引き起こされる病気のリスクなど正確な情報をもっと伝えていくべきだろう。

文献情報

Adolescents uncertain about risks of marijuana, e-cigarettes
http://med.stanford.edu/news/all-news/2015/06/adolescents-uncertain-about-risks-of-marijuana-e-cigarettes.html

| | トラックバック (0)

電子たばこの有害性、本物より95%低い=英研究

電子たばこの有害性、本物より95%低い=英研究

http://jp.reuters.com/article/2015/08/19/e-cigarettes-idJPKCN0QO0JA20150819

2015年 08月 19日 16:18 JST

[ロンドン 19日 ロイター] - 英保健省の機関は19日、電子たばこは実際のたばこよりも95%程度有害性が低く、禁煙の支援ツールとして使用が奨励されるべきだとする研究結果を発表した。

電子たばこは欧米で人気が高まっているが、これまでのところ保健機関は比較的安全性の高い代替品として推奨することを懸念。米カリフォルニア州やインドなどでは、使用に関する規制強化に向けた動きが見られている。

研究を行ったパブリック・ヘルス・イングランドのケビン・フェントン教授は「電子たばこにまったくリスクがないわけではないが、実際の喫煙に比べれば害は微々たるものであることが示された」と述べた。

研究は、電子たばこには喫煙関連の疾患につながる化学物質の大半が含まれていないと指摘。受動喫煙による有害性もたばこと比べかなり低いとしている。

また、電子たばこは実際のたばこと同様に危険、もしくはより危険性が高く、十代の若者の喫煙への「入口」になっているとするメディアの報道を批判した。

一方、世界保健機関(WHO)は昨年、電子たばこに関する規制や、屋内での使用と未成年者への販売の禁止を求めるリポートを発表している。

| | トラックバック (0)

たばこは「万病のもと」 喫煙との関連、解明進む

たばこは「万病のもと」 喫煙との関連、解明進む

膀胱がんにも影響、糖尿病リスク1.34倍

2015/8/20付

http://www.nikkei.com/article/DGXKZO90743440Q5A820C1NZBP01/

たばこは健康によくない――。当たり前のようにいわれていることだが、実際にどんな悪影響があるのだろう。がんや糖尿病、精神疾患など様々な病気との関連性が、最近の研究でより詳しく分かってきた。禁煙を三日坊主で終わらせないためには、たばこの害を科学的に知っておくことも有効だ。

 国立がん研究センターのがん予防・検診研究センター予防研究部のメンバーが中心となり、がんと生活習慣などとの関連性が調べられている。日本人を対象とした疫学研究の充実などを踏まえ、7月に喫煙とがんの関連性を約10年ぶりに見直した。

 今回は、膀胱(ぼうこう)がんと、口や喉などの頭頸(とうけい)部がんについて喫煙との関連性を初めて「確実」と指定した。これまで膀胱がんは関係ないと思われがちだったが、たばこの煙に含まれる発がん物質は尿に含まれ排出されるので、膀胱の粘膜は発がん物質との接触機会が多い。肝臓がんは従来の「ほぼ確実」から「確実」に引き上げた。

 この結果、部位別では肺がんなども加えて8種類のがんでリスクの上昇が確実となった。予防研究部の笹月静部長は「喫煙者が何らかのがんにかかるリスクは非喫煙者の1.5~1.6倍」と話す。

 がんだけではない。東京大などの研究成果では、喫煙のほか「高血圧」「運動不足」「塩分の過剰摂取」など、16の危険因子と日本人の死亡の関連を調べたところ、喫煙が原因とみられる死亡者が最も多かった。

 糖尿病のリスクも高める。交感神経を刺激して血糖を上昇させるのに加え、体内のインスリンの働きを妨げる作用があるためだ。喫煙と糖尿病を巡っては、7月に米科学誌に掲載された論文が医師らの間で話題を呼んでいる。

 論文を発表したのは、国立国際医療研究センターを中心とする「J―ECOH」の研究チームだ。喫煙と糖尿病の関連性について、会社員5万3930人のデータを解析した。喫煙者の糖尿病リスクは非喫煙者の1.34倍だった。本数も影響を与え、1日当たり10本以下だと1.23倍だが、同21本以上だと1.51倍とリスクが高まった。

 禁煙年数と糖尿病の関係では、禁煙年数が5年未満だと糖尿病のリスクは非喫煙者の1.36倍で、リスクの低下がみられなかった。だが、5~9年で1.23倍、10年以上禁煙すると1.02倍と下がった。非喫煙者と同等のリスクになるには10年以上かかる。

 国立国際医療研究センター疫学予防研究部の溝上哲也部長は「禁煙5年未満で効果がみられないのは、喫煙の影響がしばらく残るからではないか」と分析する。禁煙後しばらくの間は注意が必要だ。

 J―ECOHは喫煙とうつ病など精神疾患による1カ月以上の長期病休との関連も調べている。データが多く集まった男性では、喫煙と精神疾患による長期病休との関連が認められた。喫煙者のリスクは非喫煙者の1.2倍だった。このほか認知症のリスクになるとの研究結果もある。

 こうした科学的な成果は、論文のままだと一般人にはとっつきにくい。国内外の論文を医療従事者以外も読みやすいようにと、日本禁煙科学会が要約をインターネット(http://www.jascs.jp/)で公表しており、愛煙家には参考になりそうだ。

 要約文の作成に携わり、数多くの論文を読んできたさいたま市立病院の内科科長、舘野博喜医師が驚いたのが、禁煙時の体重増加について調べた海外の研究成果だ。

 禁煙後に増えた体重の4分の1は筋肉など脂肪以外の増加で、健康面でプラス面もある。体重増加は禁煙を拒む理由の一つとされるが、舘野医師は「プラスの効果が分かれば、体重増加も前向きにとらえられるのでは」と話す。

 健康を意識して本数を減らしたり、ニコチンやタールの少ないたばこを吸ったりしても、自分で考えるほどの効果は得られない。舘野医師は「たばこは『ゼロ』でなければならない」としている。

◇            ◇

■日本の喫煙率 世界では高め 男性32%

 厚生労働省の国民健康・栄養調査によると、2013年の喫煙率は19.3%。10年前と比べると8.4ポイント減少した。性別でみると男性が32.2%で、女性は8.2%だった。

 日本の喫煙率は低下傾向にあるとはいえ、海外と比べると高い。経済協力開発機構(OECD)によると、2012年のデータで日本の20.7%に対し、英国は20%、カナダは16.1%、米国は14.2%。特に日本は男性の喫煙率が高く、日本の34.1%に対し、英国は22%、カナダは18.7%、米国は15.9%と開きがある。

 禁煙は早ければ早いほど効果は出る。英国の研究では、25~34歳で禁煙すると、喫煙により失う寿命10年分を取り戻せる可能性があるとしている。これが35~44歳の禁煙だと9年、45~54歳だと6年、55~64歳だと3年と取り戻せる寿命が短くなる。国内でも35歳までの禁煙が望ましいとの報告がなされている。

(辻征弥)

[日本経済新聞夕刊2015年8月20日付]

| | トラックバック (0)

歯周病リスク、受動喫煙が喫煙より高い数値-男性に顕著な傾向、国がんなどの研究

歯周病リスク、受動喫煙が喫煙より高い数値-男性に顕著な傾向、国がんなどの研究

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150821-00000002-cbn-soci

医療介護CBニュース 8月21日(金)17時44分配信

 たばこを吸わない人でも、ほかの人のたばこの副流煙にさらされると歯周病リスクが高まるという研究結果を国立がん研究センターと東京医科歯科大の共同研究グループが発表した。男性の非喫煙者で、家庭と家庭以外で受動喫煙した人の場合、非喫煙者で受動喫煙の経験がない人に比べリスクは約3.6倍となり、喫煙者のリスクを上回る結果だった。このため、同グループは喫煙者に対し、「自分や家族の健康のために禁煙を」と呼び掛けている。【室谷哲毅】

 この研究は、生活習慣とがんなどの生活習慣病との関連について追跡調査する多目的コホート研究の一環として実施された。1990年の生活習慣などのアンケート調査に答えた、秋田県横手保健所管内に住む40-59歳の男女を対象に、歯科アンケート調査への回答と歯科検診を受けてもらい、そのうち1164人(男性552人、女性612人)を対象に解析した。

 対象者を男女別に「受動喫煙経験のない非喫煙者」から「喫煙者」まで6つのグループに分けるとともに、6ミリ以上の歯周病ポケットが1歯以上ある場合を重度の歯周病と定義した上で解析したところ、男性の場合、受動喫煙経験のない非喫煙者に比べて、喫煙者の重度の歯周病リスクは約3.3倍に跳ね上がった。

 しかし、非喫煙者でも家庭と家庭以外で受動喫煙経験のある人の場合は約3.6倍と喫煙者を上回る数値となった。家庭のみで受動喫煙経験のある非喫煙者も約3.1倍と高かった。家庭以外のみの受動喫煙の場合は約1.3倍だった。ただ、女性については喫煙・受動喫煙の状況と歯周病との間に関連は見られなかったという。

 たばこのニコチンは、歯周病を引き起こす歯周病菌の発育を促進し、その病原性を高める働きがある。また、喫煙そのものが全身の免疫力を低下させ、歯を支える組織の破壊を助長するため、歯周病菌に感染しやすくなる。受動喫煙でも同様のメカニズムが働くと推察されるという。

 研究グループは、「喫煙は歯の健康を低下させるリスク要因であることが確認された」とした上で、「歯周病は糖尿病など他の病気のリスク要因でもあるので、予防や治療を心掛ける必要がある」としている。

| | トラックバック (0)

8月12日付・禁煙のススメ

8月12日付・禁煙のススメ

http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/column/20150812000121

2015/08/12 09:26

 たばこが嫌いだ。あの煙と臭いが漂ってくるだけで体調がおかしくなる。最近は受動喫煙防止対策も進んできたが、いまだにマナーを守らない喫煙者が少なくない。

 先日も職場の近くでうどんを食べていると、背後からあのキツイ臭いに襲われた。振り返ると20代ぐらいの男性。食後、公衆の場で当たり前のようにプカプカやっていた。他の先進国では考えられない所業だ。即座に残りの麺をかき込み、息を止めて店を出た。

 目を疑いたくなる場面にも出くわした。前を走る車の中で母親がたばこをふかしながら助手席の幼児としゃべっている。冷房のため締め切っている車内に漂う白い煙。「虐待」としか思えなかった。

 本人が気付かなくても迷惑を掛ける場合がある。屋内を全面禁煙にしているはずのある会社。だが出社して誰も居ないエレベーターに乗ると、室内には「おやじ臭」+「たばこ臭」が充満、思わず「オエッ」となった。「ホタルおやじ」は残り香だけで相当なパンチ力を持っていることを認識してほしい。

 日本人のがん死亡で最も多いのが肺がん。最大のリスク要因は喫煙だ。受動喫煙によって近くにいる大事な家族や友人も、がん発症のリスクにさらされている。本紙3日付の生活面には、喫煙者は非喫煙者に比べ、精神疾患の発症リスクが3倍高いという研究結果も載っていた。健康のため、家族のためには、たばこをやめるしかないのだ。やめられないのなら病院の禁煙外来もある。賢い決断を!(E)

| | トラックバック (0)

中国の大気汚染による死者は1日4000人-バークリー・アース

中国の大気汚染による死者は1日4000人-バークリー・アース

http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NT1T156KLVR801.html

2015/08/14 11:36 JST

  (ブルームバーグ):中国では大気汚染による死者が1日平均4000人に上っているとの調査結果を、独立研究機関バークリー・アースが発表した。石炭の燃焼が主因である可能性が高いと説明している。    

バークリー・アースの調査によると、主な汚染物質であるPM2.5(微小粒子状物質)に関連する死者は年間計160万人と、中国の死者の17%を占める。PM2.5は心臓発作や肺がん、ぜんそくを引き起こす恐れがあるとされている。調査結果は13日、オンライン学術誌PLOSワンに掲載された。    

バークリー・アースの科学ディレクターで調査報告書の共同執筆者であるリチャード・ミュラー氏は「前回北京に滞在した際、大気汚染は危険水準にあった。汚染された大気にさらされると1時間ごとに寿命が20分縮まった。男性や女性、子供がたばこを毎時1.5本吸っていたような状況だった」と語る。    

ここ数年間、北京や上海などを厚いスモッグが覆ったことを受け、中国当局は大気汚染の現状について認識している。当局は大気環境基準を適用し測定所を設置、大気汚染軽減に向け輸送用燃料基準を強化したほか石炭プラントの閉鎖や都市部からの工場移転を進めている。    

ミュラー氏と共同執筆者のロバート・ローデ氏は中国にある約1500カ所の地上観察所の時間ごとのデータ4カ月分を分析。その後、世界保健機関(WHO)が利用しているモデルで疾病負荷を算出した。    

原題:China Air Pollution Kills 4,000 People a Day, Researchers Say(抜粋)

| | トラックバック (0)

交際相手の女性にたばこの煮汁飲ませる、殺人未遂容疑で男逮捕

交際相手の女性にたばこの煮汁飲ませる、殺人未遂容疑で男逮捕

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2558446.html

 交際相手の女性にたばこを煮た汁を飲ませたなどとして、静岡市の男が殺人未遂の疑いで逮捕されました。

 逮捕されたのは、静岡市葵区の近藤敬宏容疑者(22)です。
 
 警察によりますと、近藤容疑者は6日朝、自宅で同居する23歳の女性に包丁を突き付け、たばこおよそ20本を煮た液体を睡眠薬とみられる錠剤と共に飲ませ、殺害しようとした疑いが持たれています。警察の調べに対して、近藤容疑者は、「2人とも自殺しようとしただけ」と殺意を否認しています。
 
 液体を飲んだ女性は、およそ5時間後に意識を取り戻し自力で逃げ出しましたが、中毒症状の治療を受けています。(08日04:03)

| | トラックバック (0)

たばこ20本の煮汁飲ませ殺人未遂 男逮捕、静岡市

たばこ20本の煮汁飲ませ殺人未遂 男逮捕、静岡市

http://www.sankei.com/affairs/news/150807/afr1508070028-n1.html

2015.8.7 18:33更新

 同居する交際相手の女性(23)に、たばこ約20本を煮た液体を飲ませたなどとして、静岡中央署は7日、殺人未遂の疑いで、静岡市葵区駒形通の風俗店経営、近藤敬宏容疑者(22)を逮捕した。近藤容疑者は「お互いに飲んで自殺しようとした」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は、6日午前6時ごろ、自宅で女性に包丁を突きつけ、たばこ約20本を煮た液体を睡眠薬とみられる錠剤とともに飲ませて、殺害しようとしたとされる。

 同署によると、女性は液体を飲んだ数時間後に意識を取り戻し、近くの飲食店に助けを求めたことから事件が発覚。女性はニコチン中毒で病院に搬送された。2人は事件直前に、男女関係をめぐって口論になっていたといい、同署で犯行の経緯を調べている。

| | トラックバック (0)

片頭痛は脳卒中のリスクか、年を重ねてたばこを吸う人では要注意

片頭痛は脳卒中のリスクか、年を重ねてたばこを吸う人では要注意

過去の研究では、前兆を伴う片頭痛のある女性でも

https://www.mededge.jp/a/psyc/17534

2015年8月14日 7:00 AM

 年を重ねて喫煙習慣が続いていて、片頭痛を持つ人は脳卒中の危険性が3倍高くなるという研究結果が出ている。

 かねて女性では片頭痛が脳卒中のリスクを高めると分かっており、片頭痛には注意すると良さそうだ。

片頭痛と脳卒中と喫煙

 米国マイアミ大学とコロンビア大学の研究者が神経学分野の国際誌であるニューロジー誌のオンライン版に2015年7月22日に報告した。

 研究グループは早期の研究の中で、前兆(オーラ)を伴う片頭痛を持つ45歳以下の女性は喫煙習慣の有無にかかわらず脳卒中の危険性が増すことを示している。

 今回の研究では年を重ねてからの片頭痛と脳卒中および心血管の病気や喫煙の有無の関係について調べている。

 対象としたのは、片頭痛を持つ平均年齢68歳の「北マンハッタン研究」という研究からの1292人。平均11年間追跡し、心臓発作または脳卒中の発生を調べた。

前兆は関係ない

 187人には前兆を伴わない片頭痛があった。75人はオーラを伴う片頭痛だった。追跡調査の間に合計294人が脳卒中または心臓発作になるか、死亡した。

 前兆の有無によらず、片頭痛と脳卒中または心臓発作の危険性との間に関係はなかった。

 ただし、喫煙習慣がある場合に、片頭痛がある人では脳卒中の危険性が3倍高くなっていた。非喫煙者では無関係。

 研究グループは、「喫煙者において片頭痛と脳卒中の間の関係があるのは、偶然による可能性を統計学的に分析したが、その可能性は排除できなかった。喫煙、片頭痛、脳卒中の関係についてはほかの研究とも整合が取れているのではないか」と説明する。

 片頭痛をめぐっては、前兆がない片頭痛のある人は心臓病になりにくいという報告もあった(謎が浮上、前兆のない片頭痛があると遺伝的には心臓病になりにくいを参照)。ほかの病気との関係では注目されるところがある。脳卒中との関係で見れば、片頭痛があるならば、一度医療機関で診てもらうと安心かもしれない。

文献情報

Can Migraine Increase Your Risk of Stroke?Monteith TS et al. Migraine and risk of stroke in older adults: Northern Manhattan Study. Neurology. 2015 Jul 22.

https://www.aan.com/PressRoom/Home/PressRelease/1397

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26203088

| | トラックバック (0)

禁煙すると、2年以内に冠動脈疾患のリスクが低下

禁煙すると、2年以内に冠動脈疾患のリスクが低下

http://medley.life/news/item/55c466eaf214e35b07a88318

2015年8月11日

日本の研究チームが41,282名を分析

喫煙は心筋梗塞のリスク因子とされています。今回紹介する2006年の論文は、心筋梗塞のガイドラインにも引用されているものです。心筋梗塞の再発予防に禁煙が必要かどうか、実際の患者を調べた結果が報告されています。

◆喫煙と冠動脈疾患リスクの関連性を検証

今回の研究は、40-59歳の男性19,782名、女性21,500名を対象に追跡調査を行い、喫煙と心血管疾患リスクの関連性を検証しました。

 

◆禁煙により2年以内に心血管疾患リスクが急速に減少

調査の結果、以下のことを報告しました。

男性で現在喫煙している人と喫煙したことがない人の多変量相対リスク(95%信頼区間)は、心血管リスク因子、いくつかのライフスタイル因子、公衆衛生センターで調整後、冠動脈疾患全体に対して2.85(1.98-4.12)、心筋梗塞に対して3.64(2.27-5.83)であった。

女性におけるこれらのリスクは、それぞれ3.07(1.48-6.40)、2.90(1.18-7.18)であった。

男性では、たばこの本数と心筋梗塞リスクの間に用量反応関係があった。

[...]禁煙により2年以内に冠動脈疾患のリスクが急速に下がった。

男女ともに、喫煙していると冠動脈疾患、心筋梗塞の発症リスクが高くなり、禁煙により2年以内に冠動脈疾患のリスクは下がるという結果でした。

 

禁煙以外にも、生活習慣の改善により心筋梗塞の発症リスクが低下すると言われていますので、今後紹介していきます。

◆参照文献 

Cigarette smoking and risk of coronary heart disease incidence among middle-aged Japanese men and women: the JPHC Study Cohort I.

Eur J Cardiovasc Prev Rehabil. 2006 Apr

[PMID: 16575274 ]

 

| | トラックバック (0)

保険料おトクに…病気リスク減、低肥満も優遇

保険料おトクに…病気リスク減、低肥満も優遇

http://www.yomiuri.co.jp/komachi/news/20150805-OYT8T50022.html

2015年08月10日

 医療保険や収入保障保険などで、たばこを吸わなかったり、肥満を解消したりすることなどで、保険料が安くなる商品が増えている。

 ■健康的な生活

 健康的な生活を送れば、病気になり保険のお世話になる可能性も減る。保険会社にとっては、健康な人へ支払う保険金は少なめに予測できるので、その分、保険料も安くできるわけだ。

 「健康的な生活」の判断基準の代表が喫煙の有無だ。喫煙は、病気で死亡するリスクを高めるとされる。循環器病研究振興財団によると、たばこを吸う男性が、肺がんで死亡する確率は、非喫煙者の4・5倍にもなるとしている。喉頭がんは32・5倍、肝臓がんは3・1倍、くも膜下出血は1・8倍という。

 第一生命保険グループのネオファースト生命保険は13日から、病気やけがでの入院費などを保障する終身医療保険「ネオdeいりょう」を販売する。この保険は、たばこを吸っていない人の保険料を割り引くのが特徴だ。

 過去1年間たばこを吸っていない人は、喫煙者に比べ保険料が最大約30%安くなる。例えば、50歳男性が月額3047円のプランに加入する場合、非喫煙者なら約20%安い月2425円になる。

 過去1年間の喫煙の有無は、同社が開発した検査キットで調べる。加入希望者の唾液を検査キットに垂らすだけで、喫煙したかどうかを契約の場ですぐに判定できるという。

 ■BMIで判定

 喫煙と共に、肥満も病気のリスクだ。肥満度が低ければ保険料を割り引く保険もある。

 住友生命保険グループのメディケア生命保険は5月、契約者が死亡した場合、遺族が死亡保険金を年金のように月ごとに受け取れる収入保障保険「メディフィット収入保障」を発売した。

 保険料は1年間たばこを吸っていないのに加え、身長と体重から肥満度を計算する指標「体格指数(BMI)」が18以上27未満でかつ血圧が最高140未満・最低90未満なら、さらに割安になる。40歳男性が月額死亡保険金20万円で、保険料が月8110円のプランに加入する場合、いずれもクリアすると月5416円で喫煙者よりも30%以上安い。

 喫煙の有無は唾液を検査機関で調べ、BMIと血圧は提出された健康診断書で判断する。

安全運転も考慮

 車の安全運転度合いも保険料割引に使われる。三井住友海上あいおい生命保険の「健康優良割引」は、定期保険や終身保険など、8商品に付けられる特約。喫煙、BMIと血圧値に加え、車を安全に運転しているかどうかも考慮する。

 「一定期間以上無事故を続けて自動車の任意保険が12等級以上と認定される」「5年間無事故・無違反で交付されるゴールド運転免許を保有」「運転免許を持っていない」のいずれかに該当していれば適用される。

 「&LIFE 収入保障保険」に付けると、40歳男性が月額死亡保険金20万円で、保険料が月8245円のプランだと、すべてをクリアした人は、30・7%安い月5706円となる。喫煙者でも、血圧値や安全運転などを満たせば、割引を受けられる。(香取直武)

2015年08月10日 Copyright © The Yomiuri Shimbun

| | トラックバック (0)

米刑務所に無人機が薬物やたばこ「差し入れ」、受刑者が争奪戦

米刑務所に無人機が薬物やたばこ「差し入れ」、受刑者が争奪戦

http://jp.reuters.com/article/2015/08/05/ohio-drone-idJPKCN0QA02Y20150805

2015年 08月 5日 10:18 JST

[4日 ロイター] - 米オハイオ州刑務所の敷地内に先週、小型無人機が上空からタバコやマリファナ、ヘロインの入った包みを落下させた。駆け寄った受刑者が落下物を奪おうと刑務所内は一時騒然となった。

刑務所当局者が4日に明らかにした。

監視カメラによると、無人機が刑務所内の庭の上空を通過した後、受刑者たちのけんかがぼっ発した。その後看守が催涙スプレーを使い、けんかは収まった。受刑者や看守に大きなけがはなかったという。

回収された落下物からは、タバコ145グラム、マリファナ65グラム、ヘロイン約7グラムがみつかったという。

| | トラックバック (0)

大変!?こどもがたばこを食べちゃった!〔小児科に行く前に〕

大変!?こどもがたばこを食べちゃった!〔小児科に行く前に〕

たばこ誤飲の対処法!

http://medley.life/news/item/55ad13f06b4b3a9c015547e7

2015年8月5日

子どもは何でも口に入れます。特に生後6か月以降は少しずつ自分で動くこともでき、自分の手でいろいろなものを掴み、口に持っていきます。よくあるのがたばこの誤飲です。今回はたばこの誤飲について解説し対処法を解説していきます。

まず、たばこの誤飲を解説する前に、「こどもの手の届くところにたばこを置かないようにしましょう。」ということをお伝えしておきます。子どもは、何が食べ物なのかはわかりません。しっかりと保護者の方がお子さんの動く範囲の環境を整備し、危険なものが口に入らないようにする配慮が一番大事になります。

もし、たばこを食べてしまった場合、次の2点をしっかりと頭に入れておいていただくとよいと思います。

  1. 顔色不良、嘔吐などの症状が出ている場合、たばこを2cm以上食べてしまった場合たばこを浸した液体を飲んでしまった場合には、胃洗浄が必要なため、医療機関を受診しましょう。
  2. 4時間たって症状が出なかったら、問題はほぼありません。

この2点を踏まえたうえでもう少し詳しく解説してきます。

 

◆たばこを飲み込むとどれぐらい危険?

日本では、間違って乳幼児がいろいろなものを飲み込んでしまう(誤飲)事故の頻度が他の国と比べて高い傾向にあります。これは、床に直接座って生活するスタイルが低い位置にものをおく習慣としてあるからと言われています。その中で、一番多いのは、「たばこの誤飲」です。

年齢的には、17か月以下の乳幼児が多く、特に生後6か月から11か月児に最も多いと言われています。市販の紙巻たばこ1本中には16〜24mgのニコチンが含まれています。ニコチンは非常に毒性が強く、致死量は、成人では40〜60mg、幼児では10〜20mgです。

しかし、たばこに含まれるニコチンは胃の中では、酸性の状態となるため、ニコチンが葉っぱから溶け出したり、吸収されるのに時間がかかる特徴があります。また、ニコチンが吸収されると、嘔吐を引き起こす作用があるため、過度に吸収され重篤な症状となることはまれと言われています。

しかし、たばこを水に浸すと、30分程度でたばこの葉に含まれるニコチンが100%溶け出るため、灰皿などのたばこの吸い殻が浸った液体を摂取してしまうと、ニコチンが大量に吸収されてしまい、重篤な中毒症状が出ることがあります

 

◆たばこを摂取したときの中毒症状

  • 吐き気、嘔吐
  • 口の中が焼けるような感じ
  • 唾液分泌の増加
  • 腹痛、下痢
  • 顔面蒼白
  • 興奮
  • 頭痛
  • 手足の震え
  • 冷や汗
  • めまい
  • 視力障害
  • 呼吸が速くなる

といった症状が出ることがあります。

またかなり重篤な場合には、

  • 呼吸困難
  • 全身の痙攣
  • 呼吸停止

といった症状が出ます。

症状が出現するのは、摂取してから、嘔吐に関しては10〜60分以内、その他の症状は2〜4時間以内と言われています。4時間以上たっても、無症状の場合には、その後症状が出てくることはほぼありません。

 

◆たばこを食べてしまったことに気づいたら?

たばこの中の成分であるニコチンに対しての治療薬(解毒薬)は存在しません。たばこの誤飲に気づいたら、いつ、どのくらい、どのような状態で摂取したかを確認し、その時点で吐き出させることが原則です。たばこの葉や吸い殻を誤飲した場合、牛乳など水分をとらせないようにしましょう。胃の中の酸性度が低くなってしまい、たばこの葉からニコチンが溶け出しやすい状態になってしまいます。

家でできることとしては、まずは乳幼児の口の中のたばこをかきだし、乳幼児を床の方を向かせて、手を口の奥に入れて嘔吐を誘発させます。しかし、乳幼児の場合、たばこを口の中に入れても実際に飲みこんでしまう量は少なく、ある程度吸収され始めても、ニコチンの嘔吐を誘発する作用により吐き出してしまう例が多いとされています。

しかし、食べたたばこが2cm以下の場合には、そのまま様子を観察し、摂取後4時間は経過を見て、特に症状が出なければ問題ありません。上記に挙げたなんらかの症状が出てしまった場合や、2cm以上食べてしまったり、たばこを浸した液体を飲んでしまったら、胃洗浄が必要になりますので、医療機関を受診して下さい。

 

こどもの誤飲で一番重要なのは、「予防」です。飲み込んで危険なものは極力お子さんの手が届くところにおかないように心がけましょう。普段の生活環境の整備もお子さんの健康を守る重要な要素ですので、是非一度身の回りの見直しをしてみるのもいいでしょう。

 

【編集部注】

この記事は、「キャップスクリニック」のサイトで公開中の記事をもとに作成しています。

http://www.caps-clinic.jp/forparents

| | トラックバック (0)

たばこ20本の煮汁飲ませ殺人未遂 男逮捕、静岡市

たばこ20本の煮汁飲ませ殺人未遂 男逮捕、静岡市

http://www.sankei.com/affairs/news/150807/afr1508070028-n1.html

2015.8.7 18:33更新

 同居する交際相手の女性(23)に、たばこ約20本を煮た液体を飲ませたなどとして、静岡中央署は7日、殺人未遂の疑いで、静岡市葵区駒形通の風俗店経営、近藤敬宏容疑者(22)を逮捕した。近藤容疑者は「お互いに飲んで自殺しようとした」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は、6日午前6時ごろ、自宅で女性に包丁を突きつけ、たばこ約20本を煮た液体を睡眠薬とみられる錠剤とともに飲ませて、殺害しようとしたとされる。

 同署によると、女性は液体を飲んだ数時間後に意識を取り戻し、近くの飲食店に助けを求めたことから事件が発覚。女性はニコチン中毒で病院に搬送された。2人は事件直前に、男女関係をめぐって口論になっていたといい、同署で犯行の経緯を調べている。

| | トラックバック (0)

ジョブズ氏救えた? 「尿分析で膵臓がん早期発見」英チーム発表

ジョブズ氏救えた? 「尿分析で膵臓がん早期発見」英チーム発表

http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20150805-00000500-biz_fsi-nb

SankeiBiz        2015/8/5 10:54

 早期発見が非常に困難なうえ進行も早いことから、生存率も極めて低い「膵臓(すいぞう)がん」。米アップルの創業者兼会長だったスティーブ・ジョブズ氏の命を50代半ばにして奪うなど、「羊の皮を被ったオオカミ」と恐れられている。このがんの診断に新たな可能性が出てきた。英国の研究者らが3日、学会誌に、簡単な尿検査で膵臓がんを早期発見できると発表したのだ。末期だと5年生存率がわずか3%という恐ろしい膵臓がんは、英国では毎年、9000人が診断を下され、日本でも約3万人がこのがんで亡くなっている。それだけに、この診断方法が一般化すれば、膵臓がんの生存率が飛躍的に高まると期待されている。       

             英BBC放送や米CBSテレビ(いずれも電子版)などによると、この画期的な検査法を発見したのは英ロンドン大学クイーン・メアリーの研究チーム。英国の慈善団体「膵臓がん研究基金」の資金援助を得て、膵臓がんの患者192人、慢性すい炎の患者92人、肝臓・胆嚢(たんのう)に疾患を持つ117人、そして健康体の87人の計488人の尿サンプルを詳細に調査した。       

             その結果、約1500種類のタンパク質を確認したが、膵臓がんの患者では「LYVE1」「REG1A」「TFF1」という3種類のタンパク質が健康体の人や慢性すい炎の患者より高レベルで検知された。       

             そこでチームはこの3種類のタンパク質を検知することで、90%以上の確率で膵臓がんの早期発見に成功したという。       

             研究チームを率いる英ロンドン大学クイーン・メアリーのバーツがん研究所で、がんのゲノム解析などに従事しているタチアナ・ツノゴラ・ジューツーイ博士は英紙デーリー・メール(電子版)などに「この方法だと(膵臓がんの)感知度が非常に高いうえ、簡単かつ安価に使用できる」などと利点を強調したうえで「数年以内に臨床試験が始まることを期待したい」と語った。       

             また、膵臓がん研究基金の創設者兼最高経営責任者(CEO)のマギー・ブランク氏も英紙ガーディアン(電子版)に「膵臓がんの早期診断テストとして、より積極採用されることを望みたい」と喜びを語るとともに、この診断法の可能性に大きな期待を寄せた。

 膵臓がんの発症原因はいまなお不明だが、遺伝や喫煙、肥満、そして50歳を過ぎてからの糖尿病などが危険因子に挙げられる。ただ、背中の痛みや黄だん、体重減などの症状は他の胃腸系の疾患と間違われやすく、膵臓が内臓の奥の方にあるため、通常の内視鏡やエコー、レントゲンなどの検査では早期発見が困難なことで知られる。       

             そのうえ進行も早いため、第1段階(ステージI)で発見されれば5年生存率は60%だが、第2段階(ステージII)だと一気に20%に激減。各部への転移が見られる末期(第4段階=ステージIV)だと、わずか3%。5年生存率が87%の乳がんや、98%の精巣がんと比べても著しく死亡率が高いことがわかる。       

             スティーブ・ジョブズ氏(1955~2011年)のほか、イタリアのオペラ歌手、ルチアーノ・パバロッティ(1935~2007年)、米俳優、パトリック・スウェイジ(1952~2009年)、日本でも安倍晋太郎元外相(1924~1991年)らが、このがんで亡くなり、その恐ろしさを世に知らしめた。       

             今回の早期診断法は、実験がまだ初期段階にあり、実用化には時期尚早との声も一部にあるが、早期発見の困難な膵臓がんの生存率の大幅アップに道が開けたのは確かだ。(SANKEI EXPRESS)

| | トラックバック (0)

禁煙施設優先で会議 青森県、受動喫煙防止へ対策

禁煙施設優先で会議 青森県、受動喫煙防止へ対策

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150808-00000005-san-l02

産経新聞 8月8日(土)7時55分配信

 男女とも喫煙率が全国トップクラスという現状を受け、県健康福祉部は7日、たばこを吸わない人への健康被害を防止するための受動喫煙対策を発表した。同部が主催する会議などは、受動喫煙防止対策を実施している施設を優先し今後、宿泊施設などに対策を呼びかけていく。

 県は短命県返上に向け、さまざまな取り組みを実施しており、喫煙率の高さも大きな問題となっている。平成25年国民生活基礎調査によると、青森県の喫煙率は男性が40・3%で全国1位、女性は14・3%で同2位。たばこを吸わない人への対策も課題となっていることから、同部が受動喫煙防止対策に前向きに取り組んでいる県内の施設を後押しすることで、機運を高めるのが狙い。

 同部の会議は施設内禁煙を基本に、現時点で施設内禁煙となっていないものの、会議室や会議室のあるフロアの禁煙、屋内喫煙室の設置などに取り組んでいる施設を優先的に使用する。9月1日以降の会議から実施する。

 一戸和成部長は「県庁各部局や市町村にも協力をお願いし、禁煙対策を進めていきたい」と語った。

| | トラックバック (0)

会議会場は禁煙施設優先 青森県健康福祉部、受動喫煙防止PR

会議会場は禁煙施設優先 青森県健康福祉部、受動喫煙防止PR

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150808-00010003-dtohoku-l02

デーリー東北新聞社 8月8日(土)11時39分配信

 青森県健康福祉部は9月から、同部が主催する会議やイベントの会場選びの際、施設内禁煙を行っている施設を優先することを明らかにした。7日、県庁で一戸和成部長が行った説明の場には、自ら「そっくりだ」と認める県の健康づくりキャラクター「マモルさん」も同席。短命県返上に向けて2人のマモルさんが“ツーショット”で、受動喫煙防止対策をPRした。
 
 2013年国民生活基礎調査によると、県民の喫煙率は、男性が全国一、女性も2番目に高い。県が本年度、県内の宿泊施設を対象に行った調査では、禁煙や喫煙室の設置などの対策を取っていない194施設のうち、6割強で今後も実施予定はないと回答。県内では「(受動喫煙防止の)取り組みが進んでいない」(一戸部長)という。

 同部が行う会議などの会場選びはこれまで、県庁からの近さや空き状況から判断していたが、今後は「施設内禁煙」を第一条件に選び、施設の受動喫煙防止対策を後押しする。ただ、当分の間は、会議室やそのフロアの禁煙、喫煙室が設置されているなどの対策があれば、施設内禁煙に準じて扱う。

 同部が主催する会議などは年間160回ほどあり、ほとんどが青森市内。これまで頻繁に利用してきた施設6カ所のうち、条件に合うのは4カ所という。今後は、県の他の部局や県内の市町村にも取り組みを広げていく考えだ。

 マモルさんと“会見”した一戸部長は「県の健康課題は山積している。たばこを吸える環境も多く、吸わない人への影響もある。取り組みが健康に対する一つの考え方を変えるきっかけになれば」と強調した。         

デーリー東北新聞社

    

最終更新:8月8日(土)11時39分

| | トラックバック (0)

乳がん診断後生存率、喫煙で低下の可能性-宮城県立がんセンターの角川部長ら指摘

乳がん診断後生存率、喫煙で低下の可能性-宮城県立がんセンターの角川部長ら指摘

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150808-00000000-cbn-soci

医療介護CBニュース 8月8日(土)12時0分配信

 宮城県は、県立がんセンター乳腺外科の角川陽一郎部長らの研究グループが、喫煙が乳がん診断後の生存率を下げる可能性があることを明らかにしたと発表した。喫煙は、乳がん罹患後の予後も悪化させることなども考察されるため、「早期の禁煙または最初から喫煙しないことが重要」としている。【新井哉】

 乳がんについては、生活習慣が予後に関係するとの見方もあり、これまで海外を含めた研究で、喫煙と乳がん患者の予後との関連が検討されてきたが、その結果は一致していないという。

 角川部長らの研究グループは、県立がんセンターに1997年から2007年に来院した848人の女性の乳がん患者を7年間ほど追跡したところ、21.5年以上喫煙している閉経前の乳がん患者は、喫煙していない患者に比べて、乳がんでの死亡リスクが3.4倍高いことなどが分かった。

 特に乳がんの悪性度を測る際の指標となっているエストロゲン(女性ホルモン)受容体とプロゲステロン(黄体ホルモン)受容体を発現する乳がん患者で、こうした関連が示唆されたという。この研究の成果は、日本癌学会の機関誌「Cancer Science」のオンライン版に掲載された。

| | トラックバック (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »