« 飲酒・喫煙年齢引き下げ、18団体が反対意見書 | トップページ | 完全実施5年前倒しへ/高松・市有施設の禁煙 »

「私は1日0~3本」も喫煙がん増やす、安心材料は喫煙期間

「私は1日0~3本」も喫煙がん増やす、安心材料は喫煙期間

低頻度でも「頭頸部がん」の危険性は5割高まる

https://www.mededge.jp/a/resp/18800

2015年9月7日 2:00 PM

「私は1日多くて3本、吸わない日もありますよ」

 そんなあなたも気は抜けないようだ。

 このたび、たばこは低頻度でも、口から喉にかけてのがん、いわゆる「頭頸部(とうけいぶ)がん」のリスクを増やすと分かった。

 喫煙期間について安心材料もある。

2万人近くのデータを分析

 米国のユタ大学の研究グループが、疫学分野の国際誌であるインターナショナル・ジャーナル・オブ・エピデミオロジー誌のオンライン版に2015年の7月30日に報告した。

 紙たばこの喫煙は、さまざまながんの原因になると分かっている。中でも喉周辺には特にダメージを与えるので、頭頸部がんの原因にもなる。

 研究グループは23の頭頸部がんの人とがんではない人を比べた研究から、低頻度の喫煙のインパクトを調べている。

 紙たばこを吸わないか、低頻度で吸う人のうち、頭頸部がんの4093人とそうではない1万3416人を比べている。

 葉巻、パイプ、鼻でかぐたばこ、噛みたばこ、ストローたばこ(ブラジルで使われるたばこ)を使う人や1日に10本以上吸う人のデータを除いている。

 生涯の平均の紙タバコ喫煙の頻度を1日に全く吸わない、1日0~3本、3~5本、5~10本に分類した。

1日数本でも危険率が増す

 1日に0~3本吸う人は頭頸部がんの危険性が50%増えていた。

 さらに、1日に3~5本吸う人については、条件次第で危険性はさまざまだった。

 このうちアルコールを飲まない人では、危険性が2.01倍に高まっていた。女性では、危険性が2.74倍。頭頸部がんの中でも喉頭がんの危険性が3.48倍となっていた。

 低頻度の場合、喫煙の期間が20年以下の人では危険性の上昇は確認できなかった。

 低頻度でも長期にわたって喫煙している人は要注意というわけだ。

文献情報

Berthiller J et al. Low frequency of cigarette smoking and the risk of head and neck cancer in the INHANCE consortium pooled analysis. Int J Epidemiol. 2015 Jul 30.

|

« 飲酒・喫煙年齢引き下げ、18団体が反対意見書 | トップページ | 完全実施5年前倒しへ/高松・市有施設の禁煙 »

たばこの害」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106442/61566826

この記事へのトラックバック一覧です: 「私は1日0~3本」も喫煙がん増やす、安心材料は喫煙期間:

« 飲酒・喫煙年齢引き下げ、18団体が反対意見書 | トップページ | 完全実施5年前倒しへ/高松・市有施設の禁煙 »