« 小学給食にたばこ混入、女子児童が吐き出し見つける | トップページ | 受動喫煙:3歳までに子どもの虫歯2倍 家族の煙で  »

受動喫煙で“子どもの虫歯”が2倍

受動喫煙で“子どもの虫歯”が2倍

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2618541.html

 周りの人が吸うたばこの煙にさらされる「受動喫煙」。家族からの受動喫煙によって子どもが虫歯になる可能性が2倍になるという研究結果を発表しました。

【喫煙者は・・・】
 「知らなかった」
 「自分の子どもができたら、子どもの前では吸わないように・・・」

 イギリスの権威ある医学誌「BMJ」に、京都大学・川上浩司教授らのチームが研究結果を発表しました。タイトルは、“受動喫煙による子どもの虫歯”。研究チームは、神戸市で2004年から2010年に生まれた7万6920人のデータを解析。生後4か月での受動喫煙の状況と3歳時点で1本以上の虫歯や治療歴があるかなどを調べました。

 その結果、家族に喫煙者がいる子どもは全体の55.3%で、家族に喫煙者がいない子に比べて虫歯になる可能性は1.46倍となり、特に家族が子どもの目の前でたばこを吸う環境にあった場合は2.14倍になることが分かりました。

【非喫煙者は・・・】
 「保育園でお迎えに来たとき、子どもと手をつないで、横で、たばこ持っている人がたまにいる」
 「子どもは自分では煙から逃げようがないので、大人が意識するしかない」
 「ひどい虫歯で、明日、歯を抜く。父はすごく吸ってました」

 これまで、受動喫煙が虫歯に影響を与える可能性については動物実験や小さなサンプルを使っての報告はありましたが、7万人を超える人々を解析した例は初めてだということです。

 「たばこを吸うことが、自身の健康のみならず、家族、特に小さな子どもの健康を損ねている可能性があるので、たばこを今まで以上にやめるような対策をすることが重要。できれば、たばこゼロ社会を目指してほしい」(京都大学 川上浩司 教授)
(22日23:07)

 

|

« 小学給食にたばこ混入、女子児童が吐き出し見つける | トップページ | 受動喫煙:3歳までに子どもの虫歯2倍 家族の煙で  »

たばこの害」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106442/62177137

この記事へのトラックバック一覧です: 受動喫煙で“子どもの虫歯”が2倍 :

« 小学給食にたばこ混入、女子児童が吐き出し見つける | トップページ | 受動喫煙:3歳までに子どもの虫歯2倍 家族の煙で  »