« たばこ火災:「出火場所ベランダ」増加中…ホタル族要注意 | トップページ | [健康]喫煙の警告表示、たばこパッケージの85%に 来年4月から »

【インドネシア】電子たばこ「VAPE」ヤング・エクゼクティブのステイタスとして人気ージャカルタ

【インドネシア】電子たばこ「VAPE」ヤング・エクゼクティブのステイタスとして人気ージャカルタ

http://www.globalnewsasia.com/article.php?id=2602&&country=10&&p=2

配信日時:2015年10月2日 12時05分

 2015年10月2日、インドネシアの街で電子たばこ「VAPE」をふかす人を見かけるようになった。ジャカルタ市内には、さまざまなフレーバーの電子たばこを提供する「VAPE BAR」も誕生しており、若者を中心に人気となっている。また、味を楽しむだけでなく、吸った煙を吐き出すパフォーマンスを見せる人や、自分でコイルを巻くことにこだわりを見せる人も出てきた。

 流行の背景にある要因には「たばこをやめたい」と願う健康意識の高まりがある。しかし、電子たばこ本体が高価(約8,000円〜20,000円以上)であることに加え、煙を出すために必要なリキッドが平均でも1週間分で約2,000円と、庶民にはなかなか手が出ない価格帯となっている。そのため、「電子たばこを持っていることがステイタス」となり、また若者の間では、煙を使ったトリックをマスターすることがトレンドとなっており、ファッションアイテムとしても人気となっている。

|

« たばこ火災:「出火場所ベランダ」増加中…ホタル族要注意 | トップページ | [健康]喫煙の警告表示、たばこパッケージの85%に 来年4月から »

電子たばこ」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【インドネシア】電子たばこ「VAPE」ヤング・エクゼクティブのステイタスとして人気ージャカルタ:

« たばこ火災:「出火場所ベランダ」増加中…ホタル族要注意 | トップページ | [健康]喫煙の警告表示、たばこパッケージの85%に 来年4月から »