« “子供にたばこ”FBに映像投稿 男女逮捕 | トップページ | 日光・歩きたばこ禁止区域、拡大へ 駅や温泉街の6カ所 »

たばこ肺:死亡率が減少 8年ぶりワースト3脱す 男性喫煙率、半減効果か /和歌山

たばこ肺:死亡率が減少 8年ぶりワースト3脱す 男性喫煙率、半減効果か /和歌山

http://mainichi.jp/area/wakayama/news/20151112ddlk30040450000c.html

毎日新聞 2015年11月12日 地方版

 県民の各疾病ごとの死亡率で、2006年から全国ワースト3位以内が続いていた慢性閉塞(へいそく)性肺疾患(たばこ肺)が、昨年は10万人あたり19・1人(同4位)となり、8年ぶりにワースト3を脱したことが県の人口動態統計(確定値)で分かった。肺など呼吸器系のがんでも同じ傾向がみられた。これらの主な原因は喫煙とされ、県はこの15年で県内男性の喫煙率が半分以下となった効果もあるとみている。

 昨年の県内の死者数は1万2609人。死因のうち、全国と比べて死亡率が高いのは慢性閉塞性肺疾患のほか、心疾患(全国3位)、腎不全(同4位)、肺炎(同5位)、がん(同7位)などだった。がんのうち肺など呼吸器系と胃、膵臓(すいぞう)はいずれも同4位と高率。特に呼吸器系のがんは01年以降、ほぼ毎年1位だったが、今回は4位に下がった。

 県内で呼吸器系疾患が多いはっきりとした原因は不明だが、県は死亡率が下がった要因の一つに、男性の喫煙率低下を挙げる。96年度は63・5%(全国平均51・2%)だったのに対し、11年度は29・0%(同32・4%)に半減し、全国平均も下回った。県健康推進課は「今後は呼吸器系疾患による死亡率がさらに減っていくことも期待できる」と話している。【稲生陽】

|

« “子供にたばこ”FBに映像投稿 男女逮捕 | トップページ | 日光・歩きたばこ禁止区域、拡大へ 駅や温泉街の6カ所 »

たばこ対策」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106442/62603493

この記事へのトラックバック一覧です: たばこ肺:死亡率が減少 8年ぶりワースト3脱す 男性喫煙率、半減効果か /和歌山:

« “子供にたばこ”FBに映像投稿 男女逮捕 | トップページ | 日光・歩きたばこ禁止区域、拡大へ 駅や温泉街の6カ所 »