« 【喫煙を考える】進展していない「たばこ対策」 禁煙希望者の割合を反映した目標値にすべき | トップページ | 厚労省検討の「保険での禁煙治療」の対象拡大に反対意見が続出 »

ニコチン依存症、若者の治療も保険適用に? 検討始まる

ニコチン依存症、若者の治療も保険適用に? 検討始まる

http://www.asahi.com/articles/ASHBQ6F08HBQUTFL00R.html

小泉浩樹

2015年11月2日05時00分

 たばこのニコチンが切れるとイライラしてたばこを吸いたくなる「ニコチン依存症」の治療をめぐり、公的医療保険が適用されていない20代の患者も保険の対象に含める検討が始まった。厚生労働省は将来の医療費削減につながるとして、対象に含めることを提案。負担が増える保険の支払い側は反対している。

 ニコチン依存症は「吸うつもりよりずっと多くたばこを吸ってしまったことがあるか」といった10の質問のうち、五つにあてはまると依存症と診断される。

 2006年度から保険で診療を受けられるようになったが、対象は1日の喫煙本数と喫煙年数をかけた指標が200以上の患者に限られている。1日40本吸う人でも5年以上たたないと保険が適用されない計算で、厚労省によると20代の依存症患者の約8割が対象外だという。保険適用なら患者の自己負担は原則3割になる。

 厚労省は10月21日の中央社会保険医療協議会(中医協)=厚労相の諮問機関=で、この指標を緩めて20代も治療を受けやすくすることを提案。日本医師会の中川俊男副会長も「意志の強くない人もたくさんいる。将来の医療費削減を考えれば、むしろ推奨すべきだ」と後押しした。

|

« 【喫煙を考える】進展していない「たばこ対策」 禁煙希望者の割合を反映した目標値にすべき | トップページ | 厚労省検討の「保険での禁煙治療」の対象拡大に反対意見が続出 »

ニコチン依存度」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106442/62388411

この記事へのトラックバック一覧です: ニコチン依存症、若者の治療も保険適用に? 検討始まる:

« 【喫煙を考える】進展していない「たばこ対策」 禁煙希望者の割合を反映した目標値にすべき | トップページ | 厚労省検討の「保険での禁煙治療」の対象拡大に反対意見が続出 »