« 所得低いと野菜摂取量や歯の本数“少ない” | トップページ | 「たばこ」宣伝 インドやジンバブエの道路沿い広告は先進国の81倍 WHO雑誌に発表 »

タバコを吸っていると手術後の感染症が多い

タバコを吸っていると手術後の感染症が多い

http://medley.life/news/item/5660c794d6f496a001650fb7

膝と股関節の手術で検証

2015年12月11日

感染症になる要因のひとつとして、免疫系を弱らせる喫煙があります。今回の研究では、喫煙と関節の手術後の感染症の関連性を検証しました。

◆タバコを吸うと感染症に!?

今回の研究では、膝関節または股関節の人工関節全置換術を行った7,926人を対象に、喫煙と手術後の感染症発生との関連性を検証しました。

◆タバコを吸うと手術後の感染症に2.37倍なりやすい

以下の結果が得られました。

非喫煙者よりも現在タバコを吸っている人では、深部感染のハザード比が2.37(95%信頼区間1.19-4.72、p=0.01)、インプラントの再手術のハザード比が1.78(95%信頼区間1.01-3.13、p=0.04)とより高かった。

タバコを吸っている人では、手術後に感染症を発症する確率が2.37倍高いという結果でした。

手術後の感染症により、再入院や再手術を行う必要が出てくる場合もあります。それらを避けるためには、喫煙は控えた方が良さそうです。

◆参照文献 

Current tobacco use is associated with higher rates of implant revision and deep infection after total hip or knee arthroplasty: a prospective cohort study.

BMC Med. 2015 Nov 19

[PMID: 26586019 ]

 

|

« 所得低いと野菜摂取量や歯の本数“少ない” | トップページ | 「たばこ」宣伝 インドやジンバブエの道路沿い広告は先進国の81倍 WHO雑誌に発表 »

たばこの害」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106442/63034796

この記事へのトラックバック一覧です: タバコを吸っていると手術後の感染症が多い :

« 所得低いと野菜摂取量や歯の本数“少ない” | トップページ | 「たばこ」宣伝 インドやジンバブエの道路沿い広告は先進国の81倍 WHO雑誌に発表 »