« タバコを吸っていると手術後の感染症が多い | トップページ | 「たばこは有害」示したコホート研究 »

「たばこ」宣伝 インドやジンバブエの道路沿い広告は先進国の81倍 WHO雑誌に発表

「たばこ」宣伝 インドやジンバブエの道路沿い広告は先進国の81倍 WHO雑誌に発表

http://www.shijyukukai.jp/2016/01/9418

発展途上国では先進国に比べ、広告などたばこ会社のマーケティング活動に接する機会が多いという研究結果を、英バース大などの国際チームが世界保健機関(WHO)の雑誌に発表した。チームは、たばこ規制枠組み条約締約国のうち16カ国で、たばこの広告や小売店の数を調査。その結果、最も低所得のインドやジンバブエでは、道路沿いの広告が先進国の81倍もあることが分かった。小売店数は2・5倍。その約6割で子供が買いやすい形態とされる「ばら売り」をしていた。

1月1日

|

« タバコを吸っていると手術後の感染症が多い | トップページ | 「たばこは有害」示したコホート研究 »

たばこ対策」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106442/63257837

この記事へのトラックバック一覧です: 「たばこ」宣伝 インドやジンバブエの道路沿い広告は先進国の81倍 WHO雑誌に発表:

« タバコを吸っていると手術後の感染症が多い | トップページ | 「たばこは有害」示したコホート研究 »