« 米国・アフリカ・中南米で韓国産たばこの売れ行き好調 | トップページ | タバコのポイ捨て「注意されてカッと…」男児の首絞めた75歳無職男に罰金10万円の略式命令 兵庫・姫路簡裁 »

やり過ぎか当然か 横浜市“職員たばこ休憩”規制検討の是非

やり過ぎか当然か 横浜市“職員たばこ休憩”規制検討の是非

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/lifex/177942

  • 「創業者の中田大輔社長は、ダラダラと仕事を続けることの効率の悪さを重く見て、2007年から午後1~4時を昼休みにするシエスタを導入。その間、社外の電話には『ご連絡は午後4時以降にお願いします』と流れます。シエスタの使い方は自由で、寝ても外出してもいい。シエスタを使うと終業は8時ですが、早く帰りたければシエスタ中に仕事をしてもいい。導入3年後の10年は、売上高が2倍にハネ上がっているので、社長のもくろみ通りです」(経済ジャーナリスト)

     埼玉のリフォーム会社「オクタ」は、社員に1日1回、20分程度の仮眠を認めている。疲れた体で電卓を打っても計算ミスが増えるが、仮眠すれば一度で済むから結果的には効率が良く、社内の雰囲気も和やかになったという。福岡県有数の進学校、県立明善高校は、昼休みに15分の午睡を導入したところ、センター試験の平均点がアップしたそうだ。一服5分の休憩を取るスモーカーも悪くないのだ。

     シエスタ文化を捨てつつあるスペインは、そればかりが理由ではないが、失業率が20%を超えるなど経済がガタガタだ。日本社会も周りの息抜きを許容できないくらいギスギスすると、スペインの二の舞いになってしまう……。

    |

    « 米国・アフリカ・中南米で韓国産たばこの売れ行き好調 | トップページ | タバコのポイ捨て「注意されてカッと…」男児の首絞めた75歳無職男に罰金10万円の略式命令 兵庫・姫路簡裁 »

    たばこ対策」カテゴリの記事

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106442/64853471

    この記事へのトラックバック一覧です: やり過ぎか当然か 横浜市“職員たばこ休憩”規制検討の是非:

    « 米国・アフリカ・中南米で韓国産たばこの売れ行き好調 | トップページ | タバコのポイ捨て「注意されてカッと…」男児の首絞めた75歳無職男に罰金10万円の略式命令 兵庫・姫路簡裁 »