« たばこ追放だけじゃない…WHOはさらなる規制強化社会狙う | トップページ | たばこ警告文 8種類から12種類に拡充へ 財務省が試案 »

たばこの悪影響 画像での警告表示に7割賛成

たばこの悪影響 画像での警告表示に7割賛成

たばこのパッケージにある健康への悪影響を警告するメッセージを、今よりも広い面積で表示したり、がんが出来た肺などの画像を取り入れたりすることに7割の大人が賛成しているとする調査結果を国立がん研究センターがまとめました。 この調査は、国立がん研究センターが全国の20歳以上の男女2000人を対象に行ったものです。 喫煙は肺がんや心筋梗塞などになるリスクを高めるため、日本では、健康への悪影響を警告するメッセージをたばこのパッケージの3割以上に表示することが法律で定められていますが、世界70か国以上で導入されている画像を使った警告の表示は、義務づけられていません。 これについて調査で警告表示の面積を今よりも増やし、たとえば5割にすることについて賛否を尋ねたところ、賛成は72%、反対は7%でした。また海外のようにがんになった肺などの画像を表示することについては賛成は70%、反対は8%でした。 日本人の喫煙率は、数年前に2割程度にまで下がったもののその後は下げ止まっているということで、国立がん研究センターの平野公康研究員は「海外では、画像つきの警告表示が喫煙率を下げたという報告もある。健康への悪影響を分かりやすく伝える表現が望まれていると思う」と話しています。

|

« たばこ追放だけじゃない…WHOはさらなる規制強化社会狙う | トップページ | たばこ警告文 8種類から12種類に拡充へ 財務省が試案 »

たばこ対策」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106442/66070025

この記事へのトラックバック一覧です: たばこの悪影響 画像での警告表示に7割賛成:

« たばこ追放だけじゃない…WHOはさらなる規制強化社会狙う | トップページ | たばこ警告文 8種類から12種類に拡充へ 財務省が試案 »