« 市職員の喫煙に人件費〝8億円〟損失⁉ | トップページ | 電子たばこ、爆発巡る訴訟が米国で増加 »

たばこ包装に警告画像、成人の7割が「賛成」

たばこ包装に警告画像、成人の7割が「賛成」

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20160602-OYTET50012/

2016年6月2日

 たばこの包装に健康への影響を警告する表示について、現在より面積を広げたり注意を促す画像を入れたりすることに、7割が賛成しているとする調査結果を、国立がん研究センターがまとめた。

 たばこ包装の警告表示を厳しくすることへの理解が、日本でも進んでいることが裏付けられた。

 調査は4月、インターネットで実施。成人2000人が回答した。

 警告表示の面積拡大に賛成が72%、反対は7%だった。黒ずんだ肺などの画像付き警告表示には、70%が賛成し、反対は8%にとどまった。喫煙者に限って見ても、賛成はいずれも半数近くに上り、反対の2割前後を上回った。

 画像付き警告表示は、すでに77か国で実施されている。表示面積も日本は30%だが、世界保健機関(WHO)は50%以上を推奨している。

 同センターたばこ政策支援部の平野

公康

ともやす

研究員は「画像付き警告表示を採用した結果、喫煙率が下がったとの海外の報告もある。日本も速やかに導入すべきだ」と話している。

|

« 市職員の喫煙に人件費〝8億円〟損失⁉ | トップページ | 電子たばこ、爆発巡る訴訟が米国で増加 »

たばこ対策」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106442/66362758

この記事へのトラックバック一覧です: たばこ包装に警告画像、成人の7割が「賛成」:

« 市職員の喫煙に人件費〝8億円〟損失⁉ | トップページ | 電子たばこ、爆発巡る訴訟が米国で増加 »