« ワイン、たばこ、コーヒー… 「歯につく色素」は身体に悪いのか? | トップページ | 中国の乗客トラブルはなぜ続出?「機内でたばこを吸う計画」を実行した男、拘留処分に―中国 »

内はNO外はOK分煙の街リオ ポイ捨てたばこなし

内はNO外はOK分煙の街リオ ポイ捨てたばこなし

http://www.nikkansports.com/olympic/rio2016/general/news/1691302.html

2016年8月8日9時48分

 南米初となるリオデジャネイロ五輪が開幕した。五輪で話題になるのが喫煙の問題。昨今の開催都市は受動喫煙防止に関する法整備がなされてきた。リオも同様で、建物内での喫煙は認められていない。駅構内やレストランのテラス席でも、厳しく規制されている。

 一方、外での喫煙は基本的に自由。大通りに多く設置されているゴミ箱の上部には、灰皿も付いている。愛煙家はレストランにいても、いったん外に出て、一服し、外の灰皿で処理する。

 世界的に有名なコパカバーナビーチでも同様。屋根しかないビーチ沿いの店でも禁煙で、1歩外に出れば喫煙が可能になる。五輪会場のメインプレスセンターでも例外はない。ルールがしっかりと守られ、ポイ捨てたばこもほとんどない。

 東京都ではどうか。各自治体で路上喫煙に関する条例の基準がまちまち。飲食店でも「分煙」「全面喫煙可」として、喫煙を認めているところが多い。これでは、訪日外国人も混乱する。愛煙家のために喫煙場所をしっかりと決め、ルールを守れる法整備が必要だ。

|

« ワイン、たばこ、コーヒー… 「歯につく色素」は身体に悪いのか? | トップページ | 中国の乗客トラブルはなぜ続出?「機内でたばこを吸う計画」を実行した男、拘留処分に―中国 »

たばこ対策」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106442/67084123

この記事へのトラックバック一覧です: 内はNO外はOK分煙の街リオ ポイ捨てたばこなし:

« ワイン、たばこ、コーヒー… 「歯につく色素」は身体に悪いのか? | トップページ | 中国の乗客トラブルはなぜ続出?「機内でたばこを吸う計画」を実行した男、拘留処分に―中国 »